2017年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月
2016年02月26日(金)

02/25のツイートまとめ 

silly_fish

@CaOlinSRW 思いきり爽やかな笑顔をつくるのがコツです。思い切りが足りないと、「そんな遊んでられる歳か!」と火に油を注ぎます。なお男性の場合は、そもそも一対一じゃなくても逸脱と思われにくいので効きません…念のためですが、友達以上恋人未満って意味の「微妙」じゃないですよ?w
02-25 08:04

「俺/私がお前の歳の頃には結婚していたのに」「恋人くらい居ないのか」と言われるのが面倒で、このところ実家から足が遠のきがちになっていた。何も物理的に逃げなくても、「恋人くらい居ないのか」には「うーん、微妙★」と答えれば会話を効率的に終了させられることを発見して、心が軽い。
02-25 05:41

よりリスクを負わされた側が自制する…年齢によっては「親」がそうさせざるを得ないのを、今すぐ全てやめろって訳じゃないのよ。でも、本人の行動以外の理由で、扱いに差をつけるのはいいことではない。少しずつでも減らさなければならない。間違っても「倫理観」として持ち上げるものじゃないのだ。
02-25 05:36

「男」のまなざしが持ち出こまれることで、女子中生と女子高生という判断力の成長の差異著しい二者は「食い物」にされる存在という同じくくりに閉じ込められ、逆に判断力では何も違わないはずの男子中生とは区別が生まれる。「男」を理由にするのは、差別を理由に被差別者にさらに制約を科す論理だ。
02-25 05:23

しかし、制限の理由として本人が判断できる日を待つ以外の要因が登場するのなら… つまり「少女を食い物にする男」の存在が、男ではなく少女に何を許すかを決定する正当な理由になるなら、話は別だ。
02-25 05:14

パターナリズムを完全に否定できるわけではないのは知っている。例えば13歳ではなく、6歳の話なら本人の自由云々は問題にならない。逆に20歳であれば、違う意味で問題にしてはならない。本人が成長するにつれて自ずからなくなる制限であり、それを最小にする努力もなされる限りで、許容できる。
02-25 05:02

今回に限っては被害者が幼くて、性の自由を前面に出しにくいけれど「女子高生」まで一くくりはどうなんだろう。マイノリティにとって、出会い系サイト以外の選択肢が少ない現状が時にあるので/そして男子は違うの? / “小池一夫 公式ブログ…” https://t.co/W5dN7iE5Sh
02-25 04:56

スポンサーサイト
【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |