2017年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月
2016年03月30日(水)

03/29のツイートまとめ 

silly_fish

福祉を求める人に向かって、あなた方ふつうの人が得るべき社会保障をやつらがさらっているのです、連中が優遇されているせいです、と同地域に混住している民族的少数者を指し示してみせるって、割と笑えない類の扇動政治家だよ https://t.co/CEwpoWSZG8
03-29 08:25

「議員にとっては投票権がない者に配慮するメリットがなく、都民とみなさずとも別にかまわないということだろうか」外国人参政権の必要性を行動で訴える議員たち / “「都民」は日本人だけではない — Medium” https://t.co/CEwpoWSZG8
03-29 08:18

オンラインアンケートで「ポリティカリー・コレクトじゃないところ」がいいと回答する層は支持集会参加者とはまた違って、移民排斥を望むというより、政治的に正しくないこと自体に「ウケ」ている人がかなりいそう / “町山智浩 ドナルド・ト…” https://t.co/i61uICgq08
03-29 08:09

教育を遂行する上でのバリアを取り除くことで、教育の質を担保するのが使用者のつとめ。なすべき合理的配慮を行わないばかりか、本人が代わりに教育の質を担保するためにとった措置を、不適格の理由にするとは呆れる / “「視覚障害を理由に授…” https://t.co/i5OO8eCZzO
03-29 06:56

あるいは、多数派の考える「かれらの特徴」に合致するときだけ属性が意識され、記憶されたり。つまるところ、似て見えるのは見る方に原因があるのに「我々は色々な考えの人間がいるのに、かれらには多様性がない。"本国"に洗脳されているんだろう」と、それ自体差別の正当化に使われることすらある。
03-29 05:54

似ている/似ていないの判断基準が、自身の属する集団(往々にして集団と認識されず、名前のない単なる"ふつう"である)に適用されるものと異なったり、相手を構成する社会集団の知識を持たず見分けられなかったり、多様な人々を一様に扱う多数派側の制度の存在が類似点を事後的に発生させたり。
03-29 05:46

学校教育法下の学校は日本政府の手先だから、政府への抗議として私学助成金を停止しようと呼びかけたら狂人扱いだろうに、これは正気の所業になる。多数派は少数者の間の距離に、自分たちと同じ基準を適用しない / “朝鮮学校補助の自粛要請へ…” https://t.co/BrBgIqqiwJ
03-29 05:36

RT @_keroko: スピ系の人はみんなほんと親切なんですよ。だから割り切って観察者として参与するには、かなりの感情労働な気がする。
03-29 04:38

別にファッションに限らないのだが、自由に使える時間と体力の少なさが、好きであったもの、好きでいつづけたいものへの関心をじわじわ奪っていくのは、悲しいものだと思う。最低生活費の分以上に働くのは、それで好きなモノやサービスを買って享受するためのはずなのに。これじゃ完全に本末転倒だ。
03-29 04:36

タトゥーもピアスも、見るのも自分の選択肢としても好きだ。けれど残念ながら、忙しいし今度…と思っているうちに右耳にヘリックスかインダストリアルを開けて総数を収まりよく奇数にする計画も、足首にアンクレット風のポイントタトゥーを入れる夢も延び延びになり、最近は思い出すことも減ってきた。
03-29 04:28


【More・・・】

一番ショックだったのは、日本のタトゥー排除を擁護する文脈で「欧米だって上流階級の人は入れない」という意見が受け入れられていたことだった。公共施設を「上流階級」に居心地のいい空間にするために、代替手段を得にくい階層の人々を追い出すのか https://t.co/iAbZGoCSvN
03-29 04:16

ギョッとしたけりゃすれば?問題は、なぜあなたがギョッとしただけで、相手を追い出したり嫌がらせしたり、社会インフラへのアクセスを奪ったりしていいことになるのか、って話。公共圏は、あなたの家じゃないんです / “明らかに反社会とは関…” https://t.co/iAbZGoCSvN
03-29 03:59

スポンサーサイト
【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |