2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--年--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2016年05月06日(金)

05/05のツイートまとめ 

silly_fish

RT @kurokito: やねよーりー ひーくーい こころーざーしーおおきい まごいー は ろくでーなーしーちいさい ひごいー は ごくつーぶーしーそれでーも たのしーく いきてーいーるー
05-05 16:15

なるほど。先ほどケータイをいじっていたら飛び出してきた、「あなたのスマートフォンはウイルスに感染しています!」とかいうポップアップは、昨夜見たあのサイトが(以下自粛
05-05 16:12

RT @C4Dbeginner: どちらかと言うと「エロサイトで突然ポップアップしてきた『あなたのPCは危険な状態です!今すぐに憲法を最新にアップデートしますか?』というドクロマークのバナーのOKボタンをサポートが止めるのも聞かずクリックしようとしてる状態」だと思うhttps…
05-05 15:51

日本語との接触言語を、ネットサーフィン程度の不真面目さで調べている。昔、中国に住む友人に「日本語では食事はミシミシだよね」と聞かれて「何それ」と不思議だったが、協和語https://t.co/0gQRufZdbpを日中戦争期の記録かフィクションか何かで聞いたのか!長年の謎解けた!
05-05 13:05

@mizloq 反論した後で何ですが、同じ押し付けでも、単純な身勝手より「善いことだから」の方が嫌で、さらに「あなたという具体的人間にとって良いから」はもっと嫌だってのはあるかもですね。単に嫌なことを我慢するだけではなく、それを喜ばなければ道徳的に非難されるかもしれないから。
05-05 12:42

@mizloq さらに言えば、自分の選択で他人に影響が出る状況下で、「相手のため」とか考えなかったら、単純に自分のために、相手に嫌なこともお構いなしにやることになりますが。具体的な他者の重視が、パターナリズムの弊害を逃れられるとは限らないとは言えても、促進するとは言えないのでは。
05-05 12:39

@mizloq それは単なるパターナリズム批判ではないですか?相手が嫌がることを「善かれ」と思ってしてしまうのは、善いと思ったことの中身が普遍的な善であっても、不注意なケアであっても発生しますよね。
05-05 12:36

@mizloq 構造的な不正義がすでにある場合、その中の対処が優先され、不正義自体は放置したり再生産してしまう恐れというのも、指摘されていると思います。さらに、女性の倫理的判断を高く評価することで、かえって女性にケアリングを結び付け、ケアを女性に押し付けてしまうのではないかとも。
05-05 12:30

@mizloq もちろん、そうした能力が十分に養われていないにもかかわらずそのような判断が行われることがしばしばある、という批判は可能だと思います。また、そのような判断は現実にどのような状況にあるかを起点として行われるため、現実に発生する倫理的問題への対処を行いやすい一方で
05-05 12:26

@mizloq 「ケアの倫理」と呼ばれる考え方ですが、それを応用する上で重要な点として、他者のニーズや好悪に対する注意深さや、ニーズを察知したならそれを満たす能力といったことを養う必要が上げられています。「私はこの人のためになると思った」ですべて正当化されるわけではないです。
05-05 12:23


【More・・・】

@mizloq 「自己」でも「普遍」でもなく、「具体的な他者との関係」を重視する判断傾向があると、なぜ「自分がどう思うか」でしか考えられないことになるんですか?具体的な他者になり替われない以上、結局「他者にとっての最善」は「他者にとって最善と自分が思うもの」だということですか?
05-05 12:10

RT @hms_ulysses: あっ、犬吠埼マリンパーク、一部の水族館の仲間たちの拡大写真が批評性ある感じになっちゃってる(ピラルク、ゴマフアザラシ、タカアシガニ。2016-5-4現在) https://t.co/MPVJ5DRksH
05-05 10:05

女性は倫理的判断を行う際、「私はこれに義務があるか」「この選択は(普遍的に)善であるか」よりも「影響を受けるすべての人に対して最善か、特に傷つきやすい者にとってそうか」を基準にするよう教育されるという、ギリガンの議論を想起している。 https://t.co/XpNZLJBaJM
05-05 08:18

「子を持ち、仕事をやめたり休んだりしても従前の生活水準を維持しようとするのは贅沢」「節約すればやっていける」と言われても、大人であり選択可能な自分自身やパートナーが我慢するのはまだしも、子どもが不利益を受けるのは許容できないという。 https://t.co/XpNZLJBaJM
05-05 08:17

子を持つ前提で結婚する傾向が強まっているのは、求める地位が同等なら子の分の富が余分に必要になるだけではなく、地位下降を許容できない理由自体にもなりうる。婚姻の選択の時点で、自身とパートナーだけでなく将来の子の福祉が考慮に入るから。 https://t.co/XpNZLJBaJM
05-05 07:48

女性の婚姻・出産に賃金ペナルティがある(一方で男性にはボーナスがある)と、地位上昇どころか下降を抑えるだけで上方婚が必要になる/古典的な上昇婚志向だって、女性に婚姻以外の出世手段が乏しかった反映でしょ / “「上昇婚志向」という…” https://t.co/XpNZLJBaJM
05-05 07:18

スポンサーサイト
【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。