2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--年--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009年11月04日(水)

ここらの週末 

■あいかわらず更新ペースを取りもどせない深海魚です。こんにちわ。
書きたいことはたまってるんですけどね、落ち着いて家にいる時間が、なかなか取れなくて…帰ると即、ばったんきゅーだったり、そもそも家に帰ってこれない日が続いております。それでも毎日に近いほど寝る間も惜しんで書いていた時期もあったわけで、我ながら言い訳くさくはあるのですが。
週末にゆっくり休みつつ数日分のたまっていたネタを消化する、というパターンが多かったのですが、最近はたいてい、出かけてるんですよね。というわけで、一月ばかりの間、週末に何をしていたかをリストアップしてみようと思います。なお、それぞれの回に出てくる「連れ」や「友人」は同一人物ではありません。みんな、私ほど暇じゃあないのさ。

■1週目。
先輩と横浜人形の家へ。私の交通の便のため、石川町駅から歩くことにしたら、見事迷子になってまったく逆方向に行ってしまいました。

私:「いつもいつも思うんですけど、駅前の案内図が回転できない仕様なのは間違っているかと」
先輩:「中華街近いんだし、回転テーブルに乗せればいいんじゃね」
私:「それだ!」

皆さん、地図は回す派ですか、回さない派ですか。ちなみに深海魚は、地図を回した後に自分も回って、進行方向に体を向けてから道順の解読にかかります。
余分な時間をかけたせいで、展示を最後まで見るまえに、閉館時間になって追い出されてしまいました。残念。そういえば『人形の家』って戯曲があるよね、と道すがら話していたのですが、誰のものだったか思い出せずじまいでした。「ノラ」って主人公の名前は覚えていたのに。あとで調べたら、イプセンですね。
人形の家 (岩波文庫)人形の家 (岩波文庫)
(1996/05)
イプセン

商品詳細を見る

【More・・・】

その後は中華街でごはん。なぜかあちこちで爆竹がはぜていたり、獅子舞が踊っていたりして、歩きにくいことこの上ありません。なんなのもう。って、あれ、今日はもしかして。

私:「国慶節嗎?(建国記念日ですか?)」
獅子舞:「対,国慶節(そうです)」

国慶節(中国の建国記念日)知らないとか、私の愛国心のなさも相当なものだと思います。
ちなみに、やたらデコラティブな中華獅子舞の中のひとは、中華学校の生徒さんでした。そういえば昔、中華街向けのローカルCMだかビデオレターだかに出演したこともあったなあ、もしあたしがもうちょっと年下でチャイニーズ・コミュニティとのつながりが残っていたら、何かイベントの手伝いもしていたのかなあ、と少しだけしんみりいたしました。

■2週目。
上野の国立博物館に仏像を見に行きました。ついでに不忍池のほとりで、のんびり紫煙をくゆらせる。蓮の葉で覆われた水中を、何かが泳いでいったようで水面にぴちゃっという音が響きます。

友:「ねえ、この池、ヌシがいるよ?」
私:「ホントだ、お魚いるねえ」
友:「ブラックバスだっけ?あれ放したら、ヌシが全滅するかなあ♪」

な ん で だ よ 。

私:「ていうか、生きたバス運んだら犯罪だから!こないだ、それで誰か捕まってたよ?彼女に見せたかったとか何とかで」

時事ドットコム:釣ったブラックバスを車に=「彼女に見せたかった」、男逮捕-奈良県警

友:「彼女がブラックバスだったら面白いね」
私:「やめろ、殺さないでくれ!彼女は…バス子は何も悪くねえ。ただ、生きようとしただけなんだ!!」
友:「バス子ぉぉぉぉぉ!!!!」
私:「…ダ・ガマ」
友:「………」
私:「………」

世の中には、たとえ思いついても口にすべきでないことがございます。

翌日は新大久保のコリアンタウンへ。狙って行ったというよりは、歌舞伎町のアヤシイあたりをふらふらしていたらたまたま行き着いたのですが。想像していたよりもずっと大規模で、少し驚きました。キンパプ(韓国のり巻き)が食べたいという私の希望で、明洞のり巻でお昼ごはんにしました。一番ベーシックな「明洞のり巻」と「明洞ラーメン」(各¥500)を頼んで、昼間からビールもかっ喰らいます。韓国風ラーメンってどんなのだろうと思っていたのですが、あれ、これって単にインスタントの袋ラーメンに玉子落として韓国おでんの具を乗せただけでは…

友:「これはサッポロ一番に唐辛子入れたんだ、間違いない!」

いや、隣の食料品店で見かけた、真っ赤なスープの韓国製インスタートラーメンそのままって可能性も高いと思いますが。

3週目。
後輩たちと渋谷へ。TOEI前で仏陀再誕の無料鑑賞モニターを募集していたので、観てきました。

後輩:「うー…アンケートに住所書きたくないなあ」
私:「適当書いとけば?」
後輩:「でも、万が一実在の住所で迷惑かかったら困るし」
私:「じゃあ、東京都千代田区千代田1-1-1で」

思ったよりウケた。ちなみに結局、空欄で出しても問題なかったそうです。
内容は、なんというか「周囲が信仰を理解してくれない」「友達に打ち明けられない」みたいなお悩みを抱える信者さんを慰めるための映画、という感じでした。え、あらすじ?一行で表すなら「俺がジャスティス」。まあ、気が向いたら詳しくレポートするかもしれません。

翌日は神奈川歯科大学稲岡祭Do As Infinityのライブを観てまいりました。連れがファンだったのですが、私は初めてなのでどうノッたものか少し戸惑いました。しばらくすると吹っ切れて、おとなしいファン達の中、ひとりバンギャっぷりをフル発揮して頭振っておりましたが。曲もさることながら、トークがなかなか面白かったです。箸が転がってもシモな発想をせずにはいられなかった中学時代、「無限(infinity)にヤる(do)?それはそれはお盛んな」とかほざいていたことを、心の中で懺悔しました。
あぶらげ与えてみたい
キャンパスはトンビだらけでした。開演前、併設の湘南短期大学の学生さんが開いていた足浴やさんで、カワイイ看護学生とおしゃべりしながら手足をマッサージしていただけて、大変幸せな時間を過ごしました。

4週目。
友人と洗足池でボートに乗りました。はじめはオールを任せていたのですが、見ているうちに私もこぎたくて仕方なくなり、湖上で位置を交換してもらいました(大変危険です、よい子はまねしないでください)。
そのまま、深海魚大ハッスル。風でどんどん岸辺に吹き寄せられてしまう舟と格闘し、勢いあまって手に水ぶくれを作り、さらにそれを破ってしまいました。もちろん、水しぶきも飛ばしまくりです。晩秋の冷たい湖水を、自分と連れの頭上に容赦なく注ぎます。
そのまま制限時間となり、船着場に戻ると、管理人のおじさんに「兄ちゃん楽してんなあ」といわれてしまったのですが(連れは男のコ)、雨の中を走った後のような姿を見て「楽」というのはちと酷なのではないかと思います。

ひとしきり遊んだ後、TOHOシネマズ 六本木ヒルズTHIS IS ITを観に、六本木に移動しました。しかし、あそこはいわば都会のダンジョン。うっかり案内をよく見ないまま歩いていたら見事迷って、建物の中をうろうろする羽目になりました。途中で行き当たった雑貨屋さんでは、タジン(モロッコの土鍋)が猛プッシュされています。しばらく前から、流行っているようです。

友:「これってクスクスとか煮込むヤツでしょ?あんま好きじゃないからどうでもいいや」
私:「そう?クスクス美味しいと思うけどなー」
友:「モロッコの人はみんなクスクスしてるからね」
私:「お前…誰でも一度は思うけど飲み込むようなことを臆面もなく言うよな」
友:「いやー、いいとこだよモロッコは」

「じゃあ行ってくれば、もちろん性的な意味で」と、のど元まで出掛かりましたが、私は良識と分別のある人間なので、口には出しません。
やっとのことで劇場にたどり着くと、すでに最終回まで満員になっています。仕方なく、退散してeat more greensで夕ごはんにしました。お米が食べたい気分だったので「黒米&黒豆のベジタリアンタコライス」(¥1,200)を頼んだのですが、友人の「本日のパスタ きのこと水菜のペペロンチーノ(うろ覚え)」(¥1,000)の方が明らかに美味しくて、ちょっと悔しくなりました。お料理を待っている間、暇だったので置いてあった本を読んでいたのですが。
リアル・オーガニック・ライフリアル・オーガニック・ライフ
(2008/09/28)
須永 晃子

商品詳細を見る
アルネ・ネスが紹介されていてちょっとびっくり。ここのところ、エコな人たちの中に環境倫理――土地倫理やディープ・エコロジーなどなど――っぽい主張をちらほらと見かけるのですが、日本でもけっこう広まっているのでしょうか。応用倫理学の流れをくんでいるから、日本的なといってしまうと語弊があるかもしれないけど、よくある「古来の自然を守りましょう」的な話とは少し毛色が違うんですよね。

■以上、更新が滞っている間、だいたいこんなことをしていました。見よ、このリア充っぷり!
…嘘です。実際には機械的にスケジュールが詰まっているだけで、本人はずっと呆けたままです。

朧に生きている僕の感覚では
世間のスピードには追いつけないのです
君と笑ったのは昨日の事なのか
今日の事かさえも思い出せないです

メトロノーム『朧』

朧/空朧/空
(2005/08/03)
メトロノーム

商品詳細を見る

もうね、この歌詞そのまんまの心境ですよ。昨日のことがものすごく昔に思えたり、何週間も経っているのについさっきのようだったり、こうやって書き留めておかないことには現実だったのかさえもおぼつかなくなりそうです。
リズムの乱れた生活がそうさせているのか、それとも気づかないうちに私の精神にガタが来ているのか。そもそも、昼の学校と夜の仕事をこなして、さらに休日で遊びまわるというのが、並の人よりだいぶ残念な私の行動力とコミュニケーション能力ではオーバーワーク気味なのか。あるいはその全部か。自分でも、どうしてこうなっているのか、よく分かりません。

↓全部だと思うあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング

 たとえば、ほとんどの人に「ワケわかんないこと言ってる電波」扱いされちゃってるけど、
「殺処分・外来種根絶政策に抗議する日本のNGO」について思う - ならなしとり
のコメント欄にいる人はひょっとして、アルド・レオポルドあたりの影響を受けてるんじゃないかと思う。いや、本人に確認したワケじゃないので断言はできませんが。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

タグ : 御バカ日記 おそとごはん 音楽 映画 おでかけ

【編集】 |  03:13 |  日常  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

あちこち行っていて愉しそうですね.
横浜人形の家はカオスでなかなか面白いですが
私は小さい頃に連れられていっただけなので
今行ったらもっと愉しめるなぁ,なんて思います.

横浜だとブリキのおもちゃ館とかも面白いですよ.
割と手狭で博物館ってほど置いては居ないんですが
まぁ近くに住んでれば見に行ってもいいかな的な.

仏陀再誕は思ったほどネタ映画じゃないっぽくて残念ですな.
玉響 |  2009.11.05(木) 18:12 | URL |  【編集】
●どうも
お久しぶりです。
出歩きすぎて、最近、ちょっとお財布が…気候も懐も、順当に寒くなってきております(笑)

人形の家はなかなか楽しかったです。ブリキのおもちゃ館ですか…そういえばどこかで聞いたこともあるような。
横浜に住んでいるのも今年度いっぱいだと思うので、引っ越してしまう前に行けたら行ってみようと思います。

仏陀再誕はねえ…なんというか、いろいろ中途半端でした。某学会のえらいひとがモデルと思しき敵役が出てきたのは、笑いましたが。
深海魚 |  2009.11.06(金) 15:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。