2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
2009年07月13日(月)

樋口と野口 

バイトの後、最近目をかけてくれているお客さんと一緒に帰途についた。たまたま、帰る方向が途中まで一緒だったのだ。そこ、変な目で見ないの。
職場は家よりも学校に近い場所にある。おかげで横浜の片隅からはるばる都内まで通勤するはめになっているあたしは、普段は終電に乗るため誰よりも早く帰ってしまう。だがこの日は、閉店まで残っていたためにいつもよりだいぶ遅くなってしまった。どう見ても、電車はアウトだ。

客:「電車、大丈夫?」
私:「途中までは行けるんで…そこでタクシー拾います」
客:「じゃあ、これ。足りなかったら今度言って」

押しつけられた手のひらに、5千円札がいちまい。
丁重に断ろうとするが、いいからとっておけ、それよりちゃんと帰ってね、と聞かない。個人的に店の目の届く範囲以外で金銭のやりとりはしたくないのだけれど、そんなあたしの心情を別にすれば、客と一緒にいて終電を逃した女の子が車代をもらうのは普通、というかむしろ当然のことだ。変に拒否するわけにもいかず、ありがたくいただいて彼と別れた。正直、タクシー利用が決定した瞬間から頭の中でものすごい勢いで料金メーターが回っていたので、助かるといえば助かる。

【More・・・】

終点の駅で降りて、はじめて歩く駅前で、見事迷子になった。人の流れについていけばタクシー乗り場があると思ったのに、居酒屋やらファミレスやら、住宅街やらに向けて散り散りばらばらになっていくとは予想外だ。途方にくれて、目に付いたコンビニにふらふらとよっていくと、店の前の喫煙スペースでオジサンが煙草を吸っている。とりあえず、あたしも一服していくか、と考えてそばに行ったのが間違いだった。ちょうどその日は気合を入れて、めったに行かないセットサロンで髪を盛ってもらっていたもので、誰が見てもあたしが何の帰りなのかは明らかだ。

オッサン:「君どこで働いてんの?これからご飯行こうよ、何食べたい?」
私:「いや、急いでますんで」
オッサン:「アフターでもう一仕事できるよ?わかった、奮発するからさ!」

いや、だからホントに急いでるんですって。つーか、こんな時間にがっつり食事なんかした日にゃ、ただでさえ水着を着るにはつらい体型がさらに目も当てられんことになるわ。「あたし、脱ぐとすごいんですよ…腹が」とか、そんな自虐ネタで笑いを取る夏なんて過ごしたくないから!
というわけで、おそらく20分くらい時間をかけて何とか振り払う。ついでにタクシー乗り場を聞くと、「ほら、タクシー代あげるよ」と千円札を取り出しながら、手の甲に強引にキスをされた。
…足りねーよ、ばーか。

やっとタクシーに乗り込んで、ほっと息をつく。なんだかいろいろどーでもいい気分で、運転手にアパートの場所を告げて目を閉じた。
普通こういう時って、傷ついたり怖がったり、怒ったりするもんなのかな。いや、さっきまでは確かに「うぜー」と思っていたはずなんだけど、すぐにどうでもよくなって、「千円もーけ」とか、考えている。結果的に、あたしの心は千円で片がついちゃったわけですけど。それでいいのかな。0円よりはいいからいいのかな。それとも安すぎて失礼だから、1万円だったら良かったのかな。そんなに高くないかな。
曖昧な形で男性からお金をもらうとき、いったい「何」に金銭価値が発生しているのか、深く考えるとあんまりうれしくない結論にしかたどり着かない。いいんだけどね。どんな金だろうが、金は金だけどね。ま、たまにはセンチメンタルぶりたくもなる。

5千円と、千円を足して、そこからタクシー代を引いて残った3千円とすこし。
その分だけ、愛用のHYSTERIC GLAMOURの長財布が、変に重い。

↓じゃあ寄越せ、と言いたいあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング

 ヘアセット専門の美容室。女の子たちが仕事の前に寄って、それっぽい髪型を作ってもらうところです。平日の夕方なら一回¥2,000程度と安いので、最近はナイトワーカー以外の人でもパーティやデートの前に訪れることがあると聞きます。
キャバクラなど大きい店ではお抱えのセット師さんがいることもありますし、手先が器用なコは自力でやってきて美容室要らずだったりしますが、もちろんかわいそうなお手ての深海魚にはできません。
スポンサーサイト

テーマ : お水な夜仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 御バカ日記 アルバイト センチメンタルごっこ

【編集】 |  00:10 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |