2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2009年06月25日(木)

「こころ」という曖昧な領域 

映画『精神』公式サイト
渋谷のシアター・イメージフォーラムで観てきました。
選挙 [DVD]を撮った想田和弘監督による、「観察映画」第2弾。「こらーる岡山」という精神科のクリニックと福祉作業所を兼ねたような場所で、そこに通う患者やスタッフと会話し、インタビューし、その様子をひたすらカメラに収めていきます。

その中で患者さんひとりひとりの生活や個人史にも切り込んでいくのですが、かれらが待合室…というか「居場所」として使われている部屋で語る、おそらくは事実と想像や誇張が入り混じった物語がとても興味深かったです。環境と「病い」の関わりについても、考えさせられました。
売り文句やいろんな方のレビューを見るかぎりは、「果たしてカメラのこちら側と向こう側、どちらが正常なのか…」といった感想が多く見受けられたのですが、実は私、お話の佳境でうっかり夢の世界へ…
『選挙』の時もそうでしたが、どうも想田作品って、寝てしまうようです。

【More・・・】

そんなわけで、私には語るべき感想がありません。この先は皆さん、どうぞ劇場で。
あ、でもラスト(起きた)は、ショッキングだけどなかなかよかったです。

オススメ度:★★☆☆☆

↓寝ていたくせに低評価とは何事だと思うあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 映画評 想田和弘 精神 ドキュメンタリー

【編集】 |  11:36 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |