2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2009年02月10日(火)

お誕生日らしいですよ 

■「今夜の謂いたい放題」Moviesに一件、Columnに一件追加しました。
そろそろ、立命館大学のナルシストランス宣言の件についても書きたいなあと。立岩真也さんのコメントを、批判することになるかもしれません。

■そういえば先日、所属してる研究会で飲み会があったんですよ。先生のお誕生日が近かったので、同期の気が利くコたちの発案で、みんなでお金を出し合ってケーキとプレゼントを用意したわけです。
で、そのケーキが切り分けられて回ってきたんですね。といっても人数分はないので、誰に押しつけるか…もとい、誰が食べるか、を考えなければなりません。

先輩:「ここはレディー・ファーストってことで、深海魚ちゃんどうぞ」

誰も認めてくれませんが自称スイーツ(笑)女子として、ここは食べておきますか…と、ありがたく受け取ってフォークをつけました。

先輩2:「あ、ごめんそれ各テーブルに1切れまでだった!誰か返して!」

おぉ?もちろんお返ししますよ。ひょいっとな。
しかし悪いことに、そのケーキはとても微妙なバランスでお皿に乗っていたのです。もっと悪いことに、それを手にしていた深海魚さんにはかなり、酒が入っていました。さらにさらに、私は文字通りの意味で手元不如意の、かわいそうなお手て(命名:いお)をしていたりするわけです。
お皿から勢いよく滑り落ちる、ショートケーキ。「ギャーッ」と叫んだまま固まっている使えない深海魚をよそに、隣に座っていた先輩が落地寸前に素手でキャッチ。何か、ベシャッとかそんな音がしたような気がします。
もうね、すいませんすいません生まれてきてごめんなさい、としか。でも、クリームまみれなのは割と似合ってます!(黙れ)

どうせこんな形でダメにしてしまうのならば、ケーキを食べようとしている私に向かいの席から「太るよ、ぶっくぶく太るよ」とささやき続けていた同期の顔面にでもぶつけてやるべきだった、と今となっては思うのでした。

【More・・・】

■ところで、こんなものがありました。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です。本日は「大人になったなぁ...と思う時」です。気づかないうちに、少しずつ丸くなっていく自分に、昔の自分とを比べる事って、ありませんか?ふとした振る舞いや、言動に、今までとは違う自分を見出したりする事もあるかと思います。私は、最近、数が人数分もないケーキ...
FC2 トラックバックテーマ:「大人になったなぁ...と思う時」

誕生日&ケーキネタを出した時点で、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが。私、本日ニートの日に(ピーッ)歳の誕生日を迎えました。というわけで、タイムリーなトラックバックテーマに参加してみようと思います。

■上に書いたのとは別の日に、サークルで本年度の締めとなる飲み会をやりました。って、これじゃまるで飲んでばっかりの人みたいですね。いや、実際そうなんですが。ちょうど、私とサークル代表の誕生日の中間くらいの日取りだったのですね。
今までタイミングが合わず、こうした席で誕生日を祝われたことがなかったので、てっきり忘れられているものとばかり思っていたのですが、なんと皆さん、覚えていてくれたようで。ケーキとアイスワインをいただいてしまいました。しかも、ケーキは手作りだそうです。同期と後輩の男のコたちが主体となって、一生懸命飾り付けてくださったのだそうで、私ちょっと、ガラでもなくじんわり来てしまいました。ありがとう、お前らマジ愛してる。

そんなおめでたい席で、私が何をしていたのかといいますと。私は喫煙者なので、飲み会時には喫煙者だけを集めた端のほうの席にいることが多いのです。このときもそうしていたのですが、女のコのタバコ仲間がたまたま欠席していたため、紅一点になっていました。隣のテーブルは、山手線ゲームらしきもので盛り上がっています。

先輩:「どうせ男しかいないし、AV女優山手線ゲームでもしようぜ」
後輩:「そうですね、こんなにかわいい深海魚サンが女の子のわけがないし!」
私:「んだと、てめーら」

まあ、ノリノリで参戦したわけですが。しかも数回やって、一度も負けなかったわけですが。大半をsmart girls (宝島社文庫)シリーズで覚えたので現役の方限定、とか縛りをつけられてしまうと勝ち目がないのですが、そういう制限なしなら結構イケます。

私:「…あれ、ここは負けるべきだったのか?」
後輩2:「まあ、女性としてはそうですね(苦笑)」

はっはっは。
もっとも、今でこそ笑って流せるようになりましたが、思春期のころは「バカ」と言われても「ブス」と言われても平気だけど「女じゃない」だけには真面目に傷ついていたりしたものです。決してモテる部類ではないという自覚はあったので、「こんなあたし」でも女としての価値があることを証明しようと、必死でした。つまり、周囲の男のコから「女」として見られようと。
当時の私にとって、承認され評価されることの大半を、ヘテロ男性から性的対象として認められること、がしめていたんですね。とはいえ服装の好みは譲れなかったので、その分言動で補おうとして、一挙動一投足が思わせぶりなキモい生き物が誕生してしまったわけです。

…と、誕生日に非モテ女の生き様など語るのもどうかと思われますので、そろそろやめときましょう。
そんな時期があったことを思い出すと、「女じゃない」といわれても平気になり、「女らしさ」から自分なりに距離がとれるようになった私は、あのときより大人になったんだなあ、と。私の中の「女のコ」をもてあましている面はまだまだありますが、もてあましてしまうこと、しっくりこないことを以前より肯定的に受け止められるようになったと思います。
もっとも、コンプレックスは直っても、身についちゃった節操なしはさっぱり直らないわけですが。
ちなみに貧乳ネタでいじられるのは、今も昔も笑って許せます。それどころか自らネタにします。体型は…「Coccoのスタイルって超あこがれるよね!」みたいな歪んだ願望をもっているので、あんまり刺激しない方がいいかもしれません。

■このときいただいたアイスワインは、二次会の店に置き忘れたまま行方知れずになりました。死ね、可及的速やかに死んでしまえ、私!
教えてもらったアイスワインに関する薀蓄を、さも元から知っていたかのように語りまくりながら開けるつもりだったのに…まあ、一緒に過ごして薀蓄を聞いてくれる相手なんざいないけどね!

へびあし
成人すると誕生日がうれしくなくなる、とはよくいいますが。
確かに「○○歳になったら××ができる!」的な楽しみはなくなりましたが(そもそもどんだけその辺の制限を守ってたんだよ、とか言っちゃイヤン)、それを差し引いても今の方が誕生日を明るく迎えられている気がします。たぶんこれって、「20歳になってしまう怖さ」がなくなったからなんだろうなあ。その分あまり誕生日に重きをおかなくなりましたが、まあ、まったりとね。これもひとつの「大人になった」ポイントでしょうか。
…ええ、ご多分に漏れず「あたしはきっと、20歳になる前に死ぬんだ…」とか、何の根拠もなく思い込みながら中2時代を過ごしてた人ですから。

↓露悪趣味は悪趣味だと思うあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : FC2トラックバックテーマ - ジャンル : ブログ

タグ : 御バカ日記 更新履歴 お知らせ トラックバックテーマ 誕生日

【編集】 |  15:54 |  更新履歴  | TB(0)  | CM(6) | Top↑

Comment

はじめまして、誕生日おめでとうございます(*^_^*)
太田焼きそばマン |  2009.02.10(火) 16:57 | URL |  【編集】
俺のアイスワインがぁぁぁぁぁああああ
もう深海魚なんかお祝いしないもんね!!!
ばーかばーか・・・泣

とはいえ、とりあえずたんじょうびおめでとうv-25
ずぅみん |  2009.02.10(火) 18:46 | URL |  【編集】
おめ☆

21かー若いな~。
りっき~ |  2009.02.10(火) 18:49 | URL |  【編集】
●みんな、今日は本当にありがとう!(ステージ挨拶風に
>太田焼きそばマンサマ
はじめまして。そして、どうもありがとうございます。
…って、ご当地ヒーロー様?!

>ずぅみんサマ
あああ、マジで反省しております…
翌日すぐに取りに行ったんだけど、どうも店員か誰かが持ち去っちゃったみたいで(泣

ともあれ、どうもありがとう。

>りっき~サマ
あり★
ってそこ、さりげなくトシをばらさないのっ!(笑)
深海魚 |  2009.02.11(水) 20:37 | URL |  【編集】
お久しぶりです
若干遅くなりましたが誕生日おめでとうございます
まぁ誕生日が来ても来なくても時間がたった分だけ老化していくわけですが,節目ってなぁ大切ですな.
玉響 |  2009.02.12(木) 15:18 | URL |  【編集】
●わー
>玉響サマ
お久しぶりです!
どうもありがとうございます。未だに二十歳を超えているという自覚がないのですが、いつまで老化を感じずにいられるものやら(笑)
深海魚 |  2009.02.12(木) 19:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |