2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2008年07月03日(木)

我流ロマンチズム 

運命の恋、とか、絶対的な出会い、とか、そういうのがよくわからない。
絶対的なことなんてない、運命なんかわかりっこない、他のあらゆる可能性が開かれている中で、それでも「たまたま」ここにいるこの人に出会うことができた。そんな不確かさがあるからこそ、出会うことのできた人やモノは貴重だし、人生ってステキなんじゃないかと思う。

「この人がいなきゃ生きていけない」ってのになると、もっとわからない。ついつい相手に依存しすぎてそう思い込んでしまうことはままあるのかもしれないけど、いったいそれの何がそんなにすばらしいのだろう。片方が力尽きたら共倒れになります、一蓮托生です、って言ってるようなモンじゃないか。
その人と一緒じゃなければ生きられないから一緒にいるのなら、それはただ自分が生きるためで、それだけの話ということになる。つまり、換言すればこうだ。
「わたしは自分の生存戦略上必要なので、あなたと一緒にいます」
ねえ、こう言われてうれしい?本当に?人は必要とされることに快感をおぼえる生き物だけど、それだけでは他の関係性と何も変わらない。恋愛をはじめ親密な関係の醍醐味というのは、必ずしも必要ではなくても承認してもらえる可能性にあるんじゃないのか。
第一、その人に会う前、あなたはどうやって生きていた?その人なしで、独りで、ちゃんとやってきたじゃないか。いまさら「あなたと一緒じゃないと」なんて口にしたって、説得力がないことこの上ない。せいぜい、へえ、それはずいぶんな思い込みですね、という話になるだけだ。

むしろ、声を大にしてこういったらどうだろう。
「あたしはお前がいないとどうしようもないから、仕方なく一緒にいるんじゃない。お前がいなくたって、きっと平然とつつがなく生きていける。それでもあたしはお前が好きで、一緒にいたいからそうしてるんだ」って。
この「それでも」の部分にしか、恋だのロマンだのは宿らないのである。
スポンサーサイト
【編集】 |  06:27 |  『セックス、哲学、ロックンロール★』跡地  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |