FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2008年06月05日(木)

あまいお菓子と男のコ 1 

エロそうなタイトルだけど、残念ながらえっちなお話ではない。ネットでこんな記事を見つけた。

きっこのブログ: スイーツ男に鳥肌全開
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/11/post_f4d0.html

後半の「市民権」うんぬんに関しては、PC的な理由で口にしづらい性差別発言を「あのタレントも言ってたから」「これはあくまで俺の感覚だから」などと自己正当化しつつしゃべるオトコのようでみっともないな、と思ってしまった。で、それはそうとして、甘い物好きの男は恥ずかしい、と思う女(男なら多々いるだろうなと思うけど)がいるのか。あたしには、よくわからん感覚である。「スイーツ」という言葉自体は、以前書いたようにあたしもイマイチしっくりこないけど。
だからといって、お菓子の好きな男のコがカワイイとも思わない。ああうん、ケーキおいしいよね、よかったね、というだけだ。「甘いものが好き/苦手」という特徴を、かっこいい/かっこわるい、とか、かわいい/かわいくないとかの評価と結びつける気になれないのである。もし本気で「甘いもの好きなボク」をアピールしたいのならば、バレンタインやらクリスマスやらのことあるごとにホールケーキを焼いてくるぐらいの差別化を図っていただきたいものだ。
…いや、中高時代、マジでそういう男友達がいたのよ。バレンタインのヤツは輝いてたね。朝早くから席の周りには焼きたてケーキにつられた男女が群がって、もうモテモテだった。そこまでされた日には、こっちだって「よっぽどお菓子が好きなんだね、ほらたんとお食べ」とチョコの大盤振る舞いをせざるを得ないというものである。

【More・・・】

ちなみにあたし自身は、甘いものはそれなりに好きだ。残念ながら、量はそれほど食べられないのだけど。といっても、お菓子はあれば食べるけれど、自分で買うのは面倒なので「食べたいな」と思いつつもついついタイミングを逃してしまう。そんなわけで常に食べる機会を待っているのだけど、そのひとつが人とものを食べるときである。
けれど、他の人が頼まないのに自分だけデザートを食べるというのもなんだかあつかましい。自分が食べている間、相手を待たせてしまうのは申し訳ない。「あ、今日はデザートまでいける」と思う日があっても、なかなか自分からは頼めないわけだ。こう見えて、案外あたしは慎み深い。誰だ今噴き出したヤツ。
だから、たとえば男のコとふたりで食事しているとき、向こうから「ケーキ頼んでいい?」といわれると、「じゃあ、あたしも」とすんなり言えて、具合がよいのである。そんな男のコは、ああコイツはできるな、と株が一気に上がる。まあ、積極性を男に発揮してもらいたい、というのは我ながら情けなさすぎる話だけど。

というわけで、結局甘い物好きの男のコのほうが、あたしにとっては何かと都合がいいようである。
スポンサーサイト



【編集】 |  01:38 |  『セックス、哲学、ロックンロール★』跡地  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |