FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2008年03月13日(木)

「スイーツ(笑)」は笑えない 

せっかくけーたい版が開通したのにウィルコムからじゃ登録できないし、PC版はいきなり本文が1000字に制限されるし、お問い合わせフォームから問い合わせても返事が返ってこないしでかなりムカムカしている今日この頃。
まあ、ムカムカしててもしょうがないので頑張って1000字でブログを書くことにする。

以前本館で最近流行の「スイーツ(笑)」を取り上げたのだけど、
その記事があんまりに建前バリバリで我ながら気持ち悪かったので本音を書こう。なお、流行っているのは笑われている女のコのあり方でなく、「笑うこと」のほうなのでよろしく。エントリー中でも書いたように、「スイーツ(笑)」的な、メディアの煽る流行を追いかけることがかっこいい的な風潮はそこまで力を入れる気もない浅い趣味であるとか、「これ押さえときゃダサくはないだろ」という処世術の側面が大きいと思う。そして、そんな知ったかぶりの「新規」を浅いといって「古参」が笑う。これってあらゆるジャンルで起こりうることだ。しかし今回は一部の女のコのそうした「浅さ」を、より深くコミットするつもりもない傍観者の男のコたちが、他のジャンルに比べて特筆すべき「浅さ」だとして笑っている。お前らこそ、「スイーツ(笑)」の流行に乗っとけば安心できると思って、適当に使ってるだけなんじゃないのか。だから、だんだんことばの意味がブレていくんじゃないか、と思う。
彼らの中では、「スイーツ(笑)」たちは考えも浅くおバカであるらしい。もしかして、「おしゃれ」のことを考える人間はそれだけで頭がいっぱいで、それ以外の深い思考なんかできないに違いない、とかいう偏見でも持ってるのか。「流行にキャーキャーいうヤツは考えが浅い、なぜなら流行にキャーキャーいってるからだ」というトートロジーがまかり通っている。それが「普通の女のコ」であり、ゆえに自分たちのほうが優れている、と。おそらく、劣等感の裏返しなんだろう。

【More・・・】

一方「スイーツ(笑)」たちは自分の考えてることを声に出さないな、と感じる。多人数のディスカッションなんかではほとんどしゃべらなかったり、「私もみんなが言ってるのが正しいと思います」としか言わなかったりして、ああこのコ今の議題に興味がないんだな、と思っていたら(あたしだって、興味がなかったらそうする)文章で発表することになったとたん、びっくりするほど面白いことを記述しだす人が本当に多いのだ。なんだお前そんなすごいヤツだったのか、早く気づかなかったなんてもったいない、と自分の見る目のなさを痛感するばかりである。

多分、笑っている側は「スイーツ(笑)」を劣った存在と位置づけて相対的に自分のランクを高め、笑われている側はたとえ下に見られても声高に主張しない女でいたほうがオトクだと考えているのだろう。両者とも、思考する人と流行を追う人は別々のカテゴリーであるという図式に乗っかった、共犯関係だ。

そういうあたしにも、「頭のいいコ」でいたければ巷の「バカな女のコたち」のようにちゃらちゃらした服を着たり遊んだりしてはいけない、という強迫観念にとらわれていた時期があった。カワイイ服を着て、音楽や雑貨の趣味を持つことに目覚めはじめてからは、逆に政治とか、社会とか、そういった「カワイくない」ことを主張することはやめなければいけない、と思っていたこともある。ときどきは口から漏れてしまうにしても、「なんとなく思っただけ」で深く考えたわけじゃないかのように装わなければいけない気がした。本館ブログは、考えてないふりをしていたころからのあたしの試行錯誤の軌跡でもある。

あたしは大島永遠の『女子高生』的にはCランク女子だったので、正直いって「スイーツ(笑)」たちには恨みがある。あのコたちが高校生時代のあたしにかけてきた言葉は絶対、「可愛い!」じゃなくて「カワイイ~(笑)」だった(怒)
何より服と音楽の趣味が致命的に合わない。
だから、あの人たちとは違う、といいたくなる気持ちは私の中にもある。けど、「そうだよね、深海魚は違うけどあの女どもバカだよな~」なんて取り込まれそうになると、口をつぐむか頭のリボンをむしりとるか、どちらかを選ばなきゃいけないと思ってたころの自分を思い出して暴れたくなるほどムカつく。

あのコらは、お前なんかよりは100万倍賢いわぁ!

みなさん、「スイーツ(笑)」たちはバカじゃないですよ。バカにして見くびってはいけません。全力で撃破すべきです。
…あれ?
(あ、冗談だからね。今はもう吹っ切れたから、どうでもいいです)

ところで最近美容か服飾系の学生によく間違われる。本職のおしゃれさんたちと混同されるのは光栄だけど、本物はこんなにダサかないと思うんだけどな。あ、もしかしてあたしがそう言われると喜ぶタイプの人間なのを見こしてのお世辞なのか。
けど、本当の所属校を教えたとたんにあからさまに驚かれるのはあんまり嬉しくない。似合わなくてわるかったな。
スポンサーサイト



【編集】 |  09:32 |  『セックス、哲学、ロックンロール★』跡地  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |