2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--年--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008年03月11日(火)

やっちまったよ 

久々に本屋のファッション誌コーナーに立ち寄った。ティーン誌の煽り文句の恥ずかしさに身もだえしたり、ベルンハルト・ウィルヘルムのカワイさとお値段に無念のうめきをあげたりしながら、何冊か物色してみた。

で。
smart girls Extra (e-MOOK)smart girls Extra (e-MOOK)
(2008/02/23)
不明

商品詳細を見る
か、買っちゃった…
何も言うな。言わないでお願い。だ、だって、高山都がCUTiEの読者モデルやってた頃からのファンなんだもん。
でもsmart girlsは初代シリーズのほうが好きだ。といっても、ムックは何度か立ち読みしただけなんだけど(文庫版はもってます)、横山由貴(現:YUUKI)やmeg、今宿麻美らの身体は本当、カッコよかった。圧倒的だった。当時制服着ていたあたしを、アダルトありの写真集コーナーに向かわせたほどだ。恥ずかしかったけど。
LOVE SMARTやReturnでは「おしゃれヌード」の「ヌード」の部分を強調しすぎてなんだかな、と思っていた。だから「おしゃれ」を前面に出している今回のはちょっと嬉しい。衣装も可愛くて、つい欲しくなってしまう。ただ、露出をおさえすぎて迫力不足なのが残念だ。ポルノにならないヌードだって撮れるはずなのに。

巻末には、各界のクリエイターに「エロスとの出会い」を訊いたアンケート集が載っている。それぞれに昔の雑誌や映画などをあげていて面白いんだけど、なんで男性しかいないんだろう。女性のほうは、ストリートスナップと初キス・初Hの年齢やら彼氏の有無やら、そんな質問ばかりだ。
『smart girls』のシリーズは写真集コーナーに置かれることもあれば、女性ファッション誌と一緒のこともある。今回入った本屋は後者だった。モデルの中にはそうした雑誌に出ている人もいることを考えても、女性も読者に想定しているはずだ。女性の性的ファンタジーに他の女性が抱く関心というものを、宝島社は見落としてるんじゃないかな。読者の男性たちが、クリエイターの男性たちとのあいだに「やっぱ、あの作品っすよねw」的な仲間意識を見いだすように、女性だって憧れの女性たちがいかに性の観念と出会ったか気になるのに。

え、女のコたちが性に目覚めるのは「大好きな彼と、初めて…」のときだって?んなワケ、ねーだろっ!
スポンサーサイト
【編集】 |  12:51 |  『セックス、哲学、ロックンロール★』跡地  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。