FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2007年09月14日(金)

女のコって怖いんだってさ 

だいぶ前の話になる。
今年の1月に、柳沢厚労相(当時)が、少子化問題に関する講演で女性を「産む機械」になぞらえる発言があった。あたしはこの発言の問題点は主に、女性の身体だけを生殖の機械とみなしていること、つまり

・子作りは本質的に女の問題ととらえている
・男性を機械には例えない

ところにあると思っている。
・・・まあ、それはここでの本題じゃないからどうでもいい。

あたしはそのとき、本家ブログでちょっといやみを言ったのだ。
「おっしゃいたいことはよくわかりましたから、種付け機械はこんなところでガチャガチャ講演なんかしてないで、おうちに帰ってベッドでお仕事に励んだらいかがでしょうか。ぜひ『一人頭で頑張る』ことの範を、国民に示してくださいな。行動で」

もうひとつ、ピースボートという組織も、大臣にいやみを言った。新生児の平均体重と同じ重さ(『産む』機械だけに)の大きなハート型のチョコに、「素直に辞めるあなたが好き」と書いて贈ったのだ。
誤解を恐れずにいうと、あたしはそれを聞いて「ピースボートかっけぇぇぇ」と思った。

【More・・・】

で、先輩(♂)にこの二つの話をしたのだ。
そしたら、帰ってきた反応は「女のコって怒らせると怖いね」だった。

妹にそのことを話したら、「『女のコ』が怖いって言っちゃうあたりがヤダ」っていわれた。
確かに、怒ったりいやみをいう理由を「女のコ」だからだと思われるのは微妙だ。「女のコ」は感情的だとか、怒りっぽいとか、そんな偏見と結びつけられるのは困る。あたしが怒って「怖い」ことを言ったのは、「女のコ」だからではなく柳沢さんの発言が問題だと思ったからだ。自分が女だから「女」をめぐる問題に敏感で、それが発言の問題点に気づくのを早めた可能性はある。ただでさえ鈍感なあたしが男だったらなんとも思わなかったかもしれないし、「人間を機械に例えるなんてひどい」と、性に関わる部分を見落とした反応しかできなかったかもしれない。
けれど、それは「女だから気づけた」ということではあっても「女だから怒った」というわけじゃない。あたしもピースボートも「女のコ」代表なんかじゃないから、「女のコ」がみんな怒っていたわけじゃないし、「男のコ」にだって怒っていた人はたくさんいる。
第一、性差別的な発言を「女のコ」だけの問題にしないでほしい。「女のコじゃない」自分がどう思ったのか言わずに、部外者みたいな顔をされるのはなんだかなー、である。

でもね、そういうのを差し引いても「女のコは怒らせると怖い」というのは悪くない反応じゃないかと思う。「女のコ」が自分の思いを表現できる主体だ、ということをちゃんとわかっているからだ。「女のコ」の存在を忘れ去ったまま話を進められるよりは、ずっといい。
そう、あたしたちは、怒らせるようなことをされたら怒るくらいには「怖い」のだ。差別されてもニコニコ笑っているほど優しくなんてなってやるもんか。バカにされてるのに「女らしく」「おしとやかに」我慢してやる必要なんてない。今回の柳沢さんみたいなバカ発言にいちいち付き合ってたらバカがうつりそうで嫌かもしれないけど、誰かが言わなきゃいつまでもこんなのが続くんだから、盛大に怒ってやればいいんだ。
あたしたちは、「怖い」んだよ。無視すんな、なめんな。
スポンサーサイト



【編集】 |  09:43 |  『セックス、哲学、ロックンロール★』跡地  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |