FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2008年07月29日(火)

カープともみじ饅頭、あとお返事。 

■「今夜の謂いたい放題」Columnに3件追加しました。

■8月はじめに、研究会のみんなと広島に研究旅行に出かける予定です。で、同期で集まって事前打ち合わせをしてきました。グループ研究なので、各人の調べたいことをまとめてひとつテーマを打ち出さなければならないのですが、これが見事にみんなバラバラ。もうバラバランス。
といって、統一するために何人かに無理やり方向性を変えさせるのもひどい話です。さてどうしましょう。

私:「アレだ、意味深に見えて、実はそれだけじゃ何やってるかまったくわからないテーマにすれば?」
同級生:「じゃあ、『カープともみじ饅頭』で」
私:「それは、『何やってるかわからないテーマ』じゃなくて『何でやってるかわからないテーマ』だよね」
同級生:「鋭いw じゃ、『広島 ~時間・時計・記憶~』とかは?」
私:「『・』を『/』に変えたい」
同級生:「あ、それカッコいいね。採用!」
私:「いっそ、それぞれの単語を括弧でくくってみる?」
同級生:「(仮)ってつけとこうね」

わたしたちは たぶん とても あたまがわるい 。

【More・・・】

■勢いで書いた「私は、日本人じゃありません。」ブックマークをいただきました。はてなから。サービスの規模のせいもあるのでしょうが、相変らずFC2ブックマークからはピクリとも反応してもらえない私です。わざわざアレなスレッドテーマに投稿して挑発したのに!
せっかくなので、コメントにお返事してみる。

2008年07月28日 hituzinosanpo 社会 ありがとうございます。すばらしい記事。

お褒めに預かりまして光栄です(平伏)
こちらこそ、思考を触発されるすばらしい記事に出会わせていただいてありがとうございます。

2008年07月28日 takeshiketa そっか。気をつけよ

実のところ、普段は「深海魚、もう日本人だよねー」って言われても、「えー、そっかなあ」くらいで流してしまってることのほうが多くて、そこまで気にしているわけではないんですけどね。ただこう、心に微妙に残るモヤモヤがあって、かき集めてみたら記事が一本書けてしまいました。

2008年07月28日 helplessly 社会, 差別, 偏見 誤読したorz

すいません、どこをどう誤読なさったんでしょうか。めっちゃ気になります。おしえてー。

2008年07月28日 fuldagap 社会 むつかしいな。国家を仮に生きる先だとするのも一つの考えだし、柳田國男がなんかで言ったように、今生きている国民の前には無数の死者がいて、その後には未だ生まれざる国民がいるのだと考えるのもひとつの考えだ

今生きている「われわれ」の範囲や、前にいる無数の死者と後にいる未だ生まれざるものの範囲を「国民」に設定するのは、恣意的ではないでしょうか。「私と彼だけの二人の世界」でも「人類みな兄弟」でもなく、日本国民(この場合は、厳密な意味での「国民」ではなく、通俗的な「日本人」のことだと思いますが。そして、この「日本人」の範囲も不確かで恣意的です)だけを仲間とみなす正当性って、本当はないですよね。どこまでを自分と連続したものとして想像するかは、どうやっても恣意性や暫定性を逃れられないと思います。恣意性や暫定性を忘れたり、隠蔽することはできますし、実際のところ特にマジョリティには忘れさせる力(ナショナリズム)が働いていますが。私が「みんな"在日"」というのは、このあやふやにならざるを得ない部分のことを指しています。事実として、あなたが自分を「日本人」だと思うのも、日本にいるのも人為的な選択でしかないよね、っていう。だから、挙げている二つの「一つの考え」は、次元の違うものなんじゃないでしょうか。
ていうか、「本質的で確実な「日本の住民」の基準なんてないんだから、国家は仮に生きる先って考えるのも、「国民」を自分のアイデンティティにするのもどっちも一つの考えでしかないのに、後者だけが当たり前で自然なものみたいに押しつけられるのっておかしいよね!」っていうのが、まさにその部分で私の言いたかったことですよ(笑)
恣意性を自覚した上で、それでもある人があらゆる可能性の中から「日本人」をその人の思う「われわれ」の範囲に選ぶというのならば、それはそれでありだとは思います。私は国家や民族に依存して自己を規定するのは「しょーもないこと」だと思ってしまう価値観の持ち主ですが、しかし人はしょーもないものを愛するものです。「日本人」概念の恣意性と権力性に対する無自覚は批判しますが、ちょうど私がV系を愛し、「バンギャ」として自己を語り、バンギャ一般を指して「私たち」というのと同程度の意味をもつものとしてなら、私は「われわれ日本人」を肯定します。

…ただ、柳田國男的な「国民」観が「"国民"こそ、大地に根づいた自然で本質的なもの」という観念を含んでいるのならば、恣意性を指摘すること自体がかれらの世界観を根こそぎにしてしまう暴力なのかもしれません。前エントリーのコメント欄で玉響さんが「日本の文化、社会形態の破壊」とおっしゃっていたのはそういうことなのかな、と。正確には、「日本の文化や社会形態はこういうものだ、という信仰」の破壊、だと思いますけどね。一応、その点は心に留めておきたいです。

■元の記事が「在日」と「日本人」を扱ったものだったのと、私が今日本にいるために日本での話に限定して書きましたが、中国行っても同じ思いはするんですよね。「深海魚ちゃんは『華人』だから、あたしたちと同じ中国人じゃないんだよ」って天津の幼馴染に言われたり、親戚に「あんただって中国人なんだから、中国の事情をちゃんと考えなさい」と暗に共感を求められたり、そういうことは日常的にあります。「あんただって」って何だよ、「だって」って。
こういうのって、「閉鎖的な日本の村社会」に特有の性質じゃないんです。濃淡や現れ方の違いはあるにせよ、都会に出たってよその国行ったってつきまといます。むしろ「オラのムラのもん」じゃなくて「○○人」にこだわるのは、近代化された社会特有なんじゃないかな、と。日本の田舎でしか起こらないなら、苦労しませんよ。ははは。

↓深海魚はもっと苦労を知るべきだと思うあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 更新履歴 広島 お返事 在日 ナショナリズム

【編集】 |  02:33 |  更新履歴  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |