FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2005年04月05日(火)

衰えを感じる(早) 

 テレビのものまね紅白歌合戦を横目で見てきました。いえ、決して面白くなかったわけではなくてむしろ笑えたのですが(訛りをネタにされた曙にちょっと同情。Coccoが同じ目にあわなくてよかった)、最近どうも、同じテレビ番組を最初から最後まで30分とか1時間とか見続ける気力がなくなってまして。年でしょうかね。そんな老化現象はありませんかそうですか。

 長い(はず)の人生をまだこれっぽっちも生きていないのに「昔はよかった」モードに入っちゃってる深海魚です。ご機嫌いかが。

【More・・・】

 今日の昼ごろ、キャンプから帰ってきていた妹が突然「お昼を友達と外で食べたい」と言い出しました。外を見れば、日差しも暖かくてなんだか無駄にピクニック日和です。桜だって咲いちゃってます。花吹雪が出血大サービスです。ここまで来れば日ごろ「お日様浴びると粉になっちゃうの>w<」なんてほざいている日傘常備・吸血鬼予備軍な私も外に出ないわけにはいきません。

 ・・・これじゃ引きこもりみたいだな。私の名誉のために一応言っとくけど、違いますからね。焼けるの嫌なだけですからね。


 私:「あたしも行くー!」

 妹:「え~?!」


 東京の片隅ののどかな河原の芝生で、近所の奥さんや子供たちやお散歩中の夫婦や写生に来た画学生やいろんな人たちがシートを広げて午後のひと時を楽しむ中で。ハトを餌付けしたと思えば蹴散らしてベビーカーの中の赤ちゃんを泣かせ、石を川に投げて水切りを始めたかと思えばいきなり飛距離勝負を始めて川の対岸の歩道の柵にガンガン石をぶつけ、とにかく騒ぎまくる「無邪気で腕白」と称するには少し歳が行き過ぎているような気もしないでもない少年少女の集団と、それを生暖かく見守り、時にムキになって参加しようとしてはヒールをやわらかい土に取られて躓いている場違いな格好の赤毛の女という迷惑極まりないグループが幅を利かせていたのはご愛嬌です。

 その、いろいろ、スイマセンでした。反省してるかは微妙です。

 ちなみに石投げ勝負、私もこっそり加わってみたのですが、


 私:「まだまだ子供には負けないもんね!」

対岸どころかその向こうの民家まで飛ばしてやらあ!えいっ。ビューン、ぼちゃっ(石が水に落ちる音)。

その、ホラ、いつでも外で暴れてりゃいい暇なお子様とは違うのだよ、うん。

 ・・・投力をつけるにはどうしたらいいでしょう。その前にまず、カラーボールより大きいものを片手で投げられなかったりするのですが。発達調査で、運動神経は7、8歳並って出たことだってあるんだからね(威張れません)。


 でも、なんだかんだ言って、楽しかったです。野性に返ったようでした。


へびあし

ここしばらくの間に、上戸彩と深田恭子を見間違えました。YUKIとaikoを見間違えました。宮沢りえと花楓を見間違えました。本当に目にガタが来ているのかもしれません。
スポンサーサイト



【編集】 |  18:44 |  カフェスタ緊急避難時  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |