FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2008年04月08日(火)

四月のドタバタ記 

■大変お久しぶりでございます。新学期のバタバタの中で引っ越しをするという離れ業に挑戦していたため、すっかり更新がお留守になっていた深海魚です。こんにちわ。
あとはもう、段ボールをアパートまで運ぶだけというところまできました。実家の部屋は一気にがらんとして、ついうっかり感傷的になってしまいそうです。歓喜9:感傷1くらいの割合で。つーかぶっちゃけ、家を実家と呼べるのがうれしくてたまんねえ。
なお、しばらくはネット環境が不安定なので引っ越してもあいかわらず更新は遅れそうです。すいません。

■しかし初めての新生活、急な話だったのでいろんなものがないないづくしです。なんといっても、金がない。
…それは元からですが。いやでも、さらに苦しいんだって。

【More・・・】

もうね、あまりの心もとなさに「『部屋とあたしと、ときどきオトコ。』とかいうタイトルで実話ケータイ小説でも書いたら、書籍化されてガッポリ稼げるんじゃね?」とか、ありえない妄想をしてしまいました。そもそもタイトルから『部屋とYシャツと私』とか『東京タワー』とか『男はときどきいればいい』とかいろいろ混ざってるから。その時点で書籍化ムリだから。
あ、実話モノと書きましたが、「ときどきオトコ。」の部分は残念ながら今のところまったく宛てがございません。希望的観測ってヤツですね。いいんだい、男なんかこれから作れば。よーしお姉さん、頑張って5人くらい取っ替え引っ替えしちゃうぞー。

…んなアホなことを考えてる暇があったら働けよって話ですね、ハイ。周りはそろそろ「末は博士か大臣か」ならぬ「末は外資か官僚か」なんて真顔で口走りはじめる時期だというのに、何をしてるんだ私は。

■チベット情勢があまりに酷いことになっていたので、知り合いの某中国人団体幹部に直訴してみました。あれはあんまりでしょう、政府と連絡とってなんとか言ってやれないでしょうか、私もできることはやりますから、と。
動かざること、山のごとし。
焦れて「フランスの移民暴動のとき、あなたは彼らに同情しましたよね。フランスの人には感情移入できても、チベットの人にはできないんですか」と問いつめたら、「だってチベットの人は移民じゃないもん」と、答えになってない答えを返されました。あとは「政府がしたことが全部正しいとは思わないけど、国家を統一するにはある程度仕方ない」とも。

構成員の生活にも関わりうる組織として、そう簡単に動けないのはわかっています。他にやることは沢山あるのでしょう。向こうに家族を残してる人だって多いし、何か言えばどうにかなるってもんでもないし、「出来るわけねーだろKYが」ってのが本音だと思います。
だったらせめて、チベット問題を自分も問題と思っているって言ってほしかったなあ。その人は決して「はっはっは、やっちまえー」とか「政府バンザーイ」なんてメンタリティの持ち主ではないんです。
それとも、「われわれ」の弱みを「われわれ」なのか「よそもの」なのか微妙な私の前で認めたくなかったのかもしれません。これは中国の問題であって、外からとやかくいわれることじゃない、みたいな。わりと"My country, right or not."的な発想をする人ではあるからなあ。
けれど、「国家の統合」とかいうものを大事に思うなら(私はんなもん毛ほども重視してませんが)なおさら、「同じ国民」としてこの事態を憂慮したほうがいいと思うんですよね。漢民族とチベット人の間が抑圧するものとされるものとして引き裂かれるのは、長い目でみれば確実に「ひとつの中国」にはマイナスになるはずです。だからといってすでにある侵略と暴力をなかったことにして「同じ国民として連帯しましょう」というのも、それはそれでめちゃめちゃ欺瞞的な立場ではあるのですが。

これが、一番情勢が緊迫してた何日かの話。
というわけで、私が接触した在日チャイニーズのえらいひとは、なんだかいろいろあきらめてしまっていたのでした。せめてその「あきらめ」が「チベットの人は危ないらしいからしょうがないよね」って類のものではないことを願います。

■今夜のひとこと中国語
チベット族→「蔵族(ザンズー)」
…だったよね?

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト



【編集】 |  09:46 |  日常  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

中国に住んでる友人によれば「頭の良い人はチベット騒動について政府が情報操作してるのを知ってるけど,大半の人はニュースをそのまま信じてる」そうで.

中国が国として大きく変わらないとどうしようも無いでしょうね.
中国のエリート層は先進的な思想の人が多いから,彼らが偉くなるまで待つか・・・その前に国際情勢的に色々と危ないから間に合わないか.
オリンピックがどうなるか・・・既に聖火リレーが凄い事になっているだけに,予測の上を行く事態が発生しそうな気がします・・・

日本と欧米の関係が微妙に悪化しつつあるから,このまま中国が暴走し続けると日中韓と欧米露のような西洋・東洋の対立になりかねない気がします.
日本は親中総理,韓国は親日総理だし,歴史の壁を越えて協力関係になる可能性も・・・?
 玉響 |  2008.04.08(火) 23:09 | URL |  【編集】
私が向こうにいたときは、老いも若いもニュース見ながら「嘘ばっかり!」とけなすのを楽しみにしてるような感じだったので、決して報道全般を鵜呑みにしてるわけではないはずなんですけどね。
しかし外国一般に被害者意識があるみたいで、「外」から批判されると固まって対抗しようとするようなところがあります。中国に限った話ではありませんが。そして、そのときどきによって言説上で「我が国」「中華民族」に都合よく押し込まれたり切り離されたりする「チベット」や他の「少数民族」「自治」区がある、という感じかなあと。日本にいる身としては、どっかで聞いたような話だなと遠い目をしてしまいます。

私が直訴したのがまさにエリート層の人だったわけで…まあ、「先進的」なのはもっと若い層なんでしょうが。私も一応教育を受けた若い「中国人」の端くれですが、偉くはなりそうもないです(笑)
聖火リレーで抗議活動とかは、もう起こすなら起こした方がいいと思います。レイシズムと結びつきさえしなければ。

うーん、日本と欧米の対立っていうのがアメリカの慰安婦決議あたりから表面化してるような気がするので、中国や韓国はさすがに日本にはつけないんじゃないですかね?立場上。
深海魚 |  2008.04.11(金) 13:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |