2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2008年02月16日(土)

「オキナワ」に目覚めたきっかけがCoccoの私に偉そうなことはいえないけれど 

【政論探求】「反基地」勢力が叫ぶいかがわしさ (1/2ページ) - MSN産経ニュース
すでに多くの人が触れていますが。性犯罪に関わることはおおぜいの人が話題にするだけでも被害者を更に傷つけてしまう可能性があるので、あまり書きたくはないのです。けれど、黙っていられなかった。許せなかった。こんなにあからさまなセカンドレイプを、仮にも新聞を名乗る大手メディアが掲載するとは思いませんでしたよ、ホント。
こういうひどい記事に非難が集まると、かならず「こういう被害に遭う人が減るように注意を呼びかけているんだ。被害者が不注意だったのは事実だろ、正論じゃないか」と擁護をするバカ人が出てきます。そもそもこの記事の主旨は痛ましい事件を反核運動や反基地運動への当てこすりに利用する、という「いかがわしい」ものだとしか思えないんですが、事件に関するところだけでもよく読んでみてください。このどこが「注意を呼びかけて」いるんでしょうか?

「知らない人についていってはダメ」。筆者などの世代は子どものころ、親から口うるさく言われたものだ。

 米軍基地が集結する沖縄である。夜の繁華街で米兵から声をかけられ、バイクに乗ってしまう無防備さ。この基本的な「しつけ」が徹底していなかったことは無念、という以外にない。
(強調は深海魚)


【More・・・】

「しつけ」。私の手元の広辞苑には

し-つけ【躾け】
②(「躾け」とも書く)礼儀作法を身につけさせること。また、身についた礼儀作法。

とあります。もう一度書きます。このどこが「注意を呼びかけて」いるんでしょうか。女のコがオトコにフラフラついていくなんて「しつけ」がなってない、だからそんな目に遭うんだ、という本音がダダ漏れじゃないですか。これが被害者非難じゃなくて、なんだというのでしょう。それとも一部の方は、危なっかしくて人につけこまれたり犯罪のえじきになった人のことを「しつけが徹底していなかった」と形容するのでしょうか。私は3歳前から日本語を使用していますが、そのような用法を聞いたのは初めてです。
以前広島で19歳の女性が米兵にレイプされたとされる事件が起きたとき、広島市長がした発言も、これと同様の問題を抱えています。あの時も同じような擁護が大量に巻き起こりましたが、彼は「気をつけろ」なんて言ってませんよ。「どうかと思う」って言ったんですよ。大体、「気をつけておけば・・・」なんて事は、被害に遭われた本人が一番思っています(本当に「注意」すれば被害を防げたのかはともかく)。そこにしたり顔で「だーから気をつけろって言っただろー」とお説教するなんて、よけいなお世話もいいところです。本人以外の人に注意を呼びかけるにしたって、起こって間もない事件を特定できるような形で、しかも被害者の「落ち度」をあげつらって警告する必要なんて全くありません。こんな事をすれば、性犯罪の被害に遭った人は非難を恐れて今以上に告発をためらうようになり、それこそレイピストの思うつぼです。
おそらく擁護に回った方々は、深海魚と違って心が大変お優しいのでしょう。だから、愚にもつかない記事でも最大限好意的に解釈したんでしょう。だったらその同じ優しさを、どんな状況で米兵のバイクに乗ったのかも、本当に「不注意」だったのかもはっきりとはわからない女子中学生の行動にも、向けてあげられないのですか。
いうまでもないことですか、この事件はまだ捜査も真相解明もこれから、という段階にあります。ですから、この先報道されているのと違う事件像が現れてくる可能性も否定できません。今の段階では、加害者とされる米兵を厳罰に処すべきだ、といったことは言わないでおきます。ただただ公正な捜査と裁判が行われ、少女の受けた痛みが少しでも軽減されることを願うばかりです。

■で、こっから暴言。
だいたいさー、無防備さが原因で強姦される、っていう発想が意味わからないんだけど。あなた方は女のコが無防備に外を歩いていたり、自分について部屋まできたらそれだけで理性がふっとんでそのコを襲わずにはいられないんですか?だったら病院に行って去勢でもしてもらったらいかがですか。それとも普通の男はそんなことはないけれど、米兵はそうだとでもいうのでしょうか。それってレイシズムじゃないの?
被害者が警戒していたかどうか、あるいは「遊んでる」かどうかに関わらず、レイプというのは加害者が悪意をもって実行しなければ発生しないものです。被害に遭うのは女性が夜に外をフラフラしているからではなく、強姦魔が夜に外をフラフラしているからです。被害者は何も悪くありません。そうはいっても女性たちは、自衛のために夜間の一人歩きを避けざるを得ないのです。もちろん、家にいたら安全なわけではありません。知らない人についていかなければ安全なわけでもありません。それでも少しはマシだろうということで、家にこもることを選ぶのです。しかし、犯罪を発生させないために女性を「危険」な場から閉め出すという考え方では、いつまでもそこは女性にとって安全にはなりません。そして、やむをえずにそこを通行せざるをえない女性がリスクにさらされつづけることになるのです。
男たちの盛り場に女が紛れ込むとレイプが起こるっていうならさ、女に家にいろっていうんじゃなくて男を家に閉じ込めちゃえば?そしたら、家にいる女のところに男が押しかけていって暴行することも防げて一石二鳥だよ。そもそも外を歩いていないから、ついてって被害を受けることもないよ、って言われたら反論できますか。でも、そんなのバカらしいでしょう。まだ起こっていない事件のために行動を制限されたらたまりませんよね。人権侵害ですよね。だったら、女が「危ないから」と行動を制限される事も同じくらい不当なんだってことくらい、わかってください。

そして、

基地との共存共栄以外に沖縄がたどるべき道はない。そのことを百も承知していながら、彼ら(深海魚注:普天間基地移設に対して「日和見」をするの首長や議員たち)はからだを張ってこなかった。

この部分も本当にひどい。ひどすぎます。アメリカの「核の傘」や基地との共存共栄以外に日本がたどるべき道はないと、少なくとも彼は「百も承知」していながら、危険や犠牲を沖縄に押しつけて自分は「からだを張」ろうとしない。あまつさえ、代わりにからだを張らされている沖縄の人々が異議をとなえればそれを安全地帯から非難する。卑怯すぎて、眩暈がします。水でもかぶって反省しなさい、というのでは古いから、Coccoの『楽園』でも読んで反省しなさい。

■「女性は性犯罪に巻き込まれないように気をつけるべきだ、不注意(何をもって不注意とするかは、男が決めるらしい)や挑発的な格好・態度(何をもって挑発的とするかは以下同文)は被害を招く」
こういう論理を見かけると、私はスーパーフリー事件のときの「男は黒豹」発言を思い出します。今総理大臣の座にある福田康夫さんが、オフレコの記者懇談会で言ったとされるアレですね。余談ですが、私はそれ以降、福田さんにいい印象をもてません。
私は男性ではないので黒豹なのか黒豆なのか知りようもありませんが、ここは人間社会です。黒豹は動物園のオリにでも帰ってください。だいたい、上の言い方じゃ男性はみんな衝動を抑える事のできない愚かで危険な生き物みたいです。黒豹ではなく立派な人間サマである男性のみなさんにとって、これ以上に失礼な話があるでしょうか。こういう発言を「そうだそうだ!」と喝采するオッサンがたまに(だと思いたい)いますが、あんたらケダモノ扱いされてんだよ。バカにされてんだよ。脳みその容量まで黒豹並なんじゃないなら、そのくらい気づけよ。

↓暴言の気合いの入りっぷりに退いているあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 沖縄 基地 少女暴行事件 セカンドレイプ 産経新聞

【編集】 |  11:47 |  ファイル倉庫  | TB(3)  | CM(11) | Top↑

Comment

●錯綜
このような事件の時には、それぞれの立場からみな好き勝手なことをしたり顔で言います。
深海魚さんは、多分に、男対女の構図で見ておられるようですね。
昭和十年代、北京に駐留した日本軍の司令官・松井石根大将は、数万人のき下兵士たちの中から不心得の者が出ないように心を砕いたと聞いております。当時は徴兵制度のもと、犯罪歴のある人間も兵士として軍隊の中にいたからです。また、軍隊とは無関係に、人口に対する或る割合の犯罪が発生します。これを、自分たちの政治的立場に利用しようとするから好き勝手な意見表明が錯綜するのだと思います。
国家の安全保障の問題と犯罪事実の究明と犯罪者の処罰と被害者の落ち度と救済等をある程度整理しなければ錯綜したままでいつのまにか終ってしまいそうです。
ともあれ、あなたの「気合」にはたじたじになりました。
無路無双 |  2008.02.16(土) 15:00 | URL |  【編集】
上記の方も仰っているように深海魚さんは少し男性対女性の構図に縛られすぎじゃないですか?
たしかに沖縄の生活も知らずに『夜出歩く方が悪い』と非難していては、なぜ米兵の性犯罪がなくならないのか問題の本質を見誤ることになると思います。
しかし、被害者の危機管理意識の問題に心を巡らせなければ、同様に事件の本質には迫れないと思います。
某1年共済部員 |  2008.02.16(土) 20:09 | URL |  【編集】
初めて日記を読ましていただきましたがなかなかハードな内容ですね。

深海魚さんがおっしゃっていることももっともです。
レイプというのは許されざる犯罪です。
こんなことはあってはならないことだ。

しかし、ここには首を傾げてしまいます。
>被害に遭うのは女性が夜に外をフラフラしているからではなく、強姦魔が夜に外をフラフラしているからです。被害者は何も悪くありません。そうはいっても女性たちは、自衛のために夜間の一人歩きを避けざるを得ないのです。

「被害者に全く非はない」という主張はどうでしょうか?
私には女子中学生が夜、それも繁華街をうろつくことに異常性を感じざるを終えません。
私は九州の人間なので沖縄の文化や慣習はわかりません。
ですが、「子供は夜遊びをしない」「知らない人にはついて行かない」、これらは日本全国共通の常識的な規範ではないのでしょうか?
これには男女の性別も関係ない。
被害者は中学生という年齢です。
善悪の判断はついても良いはず。

それに
>もちろん、家にいたら安全なわけではありません。知ら ない人についていかなければ安全なわけでもありませ ん。それでも少しはマシだろうということで、家にこもる  ことを選ぶのです。

ここは被害者を擁護したいがための突飛した論理にしか思えません。「夜繁華街を1人でうろつく」のと「夜、家で家族といる」のはどちらが遥かに安全かは火を見るより明らかです。
上の方がおっしゃっているように被害者の危機管理意識についても言及していく必要があると思います。

いきなり失礼な文章を残していくことをお許しください。


mixiから来ました |  2008.02.17(日) 09:07 | URL |  【編集】
●コメントありがとうございます
現在家から離れておりますので、インターネットを使用できる時間が限られています。レスが滞りがちになることを、お許しください。

>無路無双サマ
はじめまして。
この事件は多くの側面を持っているので、さまざまな人がさまざまな立場から言及すること自体は悪いことではないと思っています。エントリー中で批判した花岡さんの記事のように、「政治利用」を非難しつつ自分は政治利用しまくっているようなのはさすがに困りますが。

>男対女
えーとですね、深海魚はあまりこの問題を「男対女」という図式に持ち込みたくはないのです。
>被害に遭うのは女性が夜に外をフラフラしているからではなく、強姦魔が夜に外をフラフラしているからです。
を、「男性が夜に外をフラフラしているからです。」と書かなかった意図はそこにあります。しかしこの種の事件に対してことさらに「女性の不注意」をあげつらう言説があります。こうした発言こそが事件を「男対女」の枠組みで見ているのであり、女性にありもしない責任を負わせる点で不当であるばかりでなく、「男は黒豹(だから女性は気をつけろ)」発言に見られるように男性を衝動と暴力の塊であるかのようにあつかう考えも内包していて、男性にとっても非常に失礼である、というのが私のエントリーの趣旨です。そして、そうした認識に沿うならば、男性を家に閉じ込めるという「バカらしい」アイデアをも正当化してしまうことを指摘しています。むしろ、「男対女」という構図を安易に(そして差別的に)適用する事を批判しているのですよ。
だからこそ、「黒豹」ではなくて人間である男性たちに、「バカにされてることに気づけ」と呼びかけたわけです。

入隊前の犯罪歴に関わらず、軍隊の論理が人間の暴力性を増幅してしまうこと自体が今回のような事件の発生に影響を及ぼしている可能性も、考えなければいけないのではないのかと思います。もちろん、だからといって兵士がすべて危険だというわけではありませんが。また、人口の中の一定の割合が犯罪を犯すことは事実ですが、特に窃盗、強盗、強姦といった犯罪の発生率はその社会の失業率や貧困、教育水準などに大きく依存することは定説ではないでしょうか。実際、戦後日本でも70年代以降それらの犯罪が大きく減少したことはご存知だと思います。犯罪を完全になくすには法律をなくすしかないというのは社会学の常識ではありますが、個別の犯罪を減少させるために社会情勢の変革(それが基地の排除であっても)を訴えるのもまた、有意義なはずです。
政治的な立場への利用についてですが、私は以前から反基地を訴えてきた人びとに関してはそれほど心配していなかったりします。彼(女)らは普段から基地から受ける日常的な暴力に抗議しつづけていたのですから、今回の事件はその主張の正しさを証明するもの以上の意味はもたないでしょう。むしろ、これまで何もいってこなかったのに今回の事件でだけ怒りまくっているような人のほうに危うさを感じます。「われわれ」のものである少女を「かれら」が暴行して「われわれ」の誇りを傷つけた、という認識をしているんじゃないかな、といぶかしんでしまいます。これでは少女の性の搾取が形を変えただけです。

長々と書いてしまいましたが、強姦という犯罪と未成年が夜出歩くことを意図的に混同させて被害者非難にもっていくことが、この事件を「錯綜」させる一つの大きな原因だと、私は思うのですよ。

>「気合」
「暴言」の部分に「気合」を入れたつもりだったんですが、今読み返すと全文が暴言ですね・・・
自分で思っていた以上に熱くなっていたようです。私もまだまだ人間ができておりません(笑)

ところで差し支えなければ、エントリーのどの部分から私が「男対女」の構図で考えていると判断されたのか、教えていただけないでしょうか。威勢のよさを重視するあまり意図の伝わらない文を書いてしまっては元も子もないので、今後の文章スキル向上の参考にさせていただきたいです。
個人的には
>「女性は性犯罪に巻き込まれないように気をつけるべきだ、不注意(何をもって不注意とするかは、男が決めるらしい)や挑発的な格好・態度(何をもって挑発的とするかは以下同文)は被害を招く」
あたりかなーと予想しています。自分でもちょっと、筆がすべったかしらと思っていたところなので。もしひっかかるようであれば、「何をもって不注意とするかは、男が決めるらしい」の前に「こういうことをいう人にとって」をつけくわえて読んでいただけるとありがたいです。
深海魚 |  2008.02.17(日) 15:11 | URL |  【編集】
>某1年共済部員サマ
こんにちわです。えーと、はじめまして、ではないんですよね?誰なのか分かりませんけど。

無路無双サマへのお返事でも書きましたが、男性対女性の構図に縛られているのはむしろ、被害者非難をしている人たちではないでしょうか。「沖縄」「米軍基地」といった「男女」に還元できないファクターのからむこの事件を「女が無防備なのがいけない」式の男女二分法に押し込めているのは、あちらです。それを批判しようとすれば、必然と私もジェンダーの話題に多く言及することになります。
本エントリーの射程からははずれますが、男性もまた不本意にからだを触られたり、性的ないやがらせをされたり、脅されたり弱みをにぎられて望まないセックスを強いられることがあるはずです。女性にそのようなことが起こるとセカンドレイプの嵐となりますが、男性の場合も「そんなこといって、お前的にもラッキーだったんじゃねーのw」的な反応をされて傷つくのではないでしょうか。ただし、加害者もまた男性であった場合はホモフォビアが噴きあがりますが。
また、女性が加害者性と無縁というわけでもありません。たとえば母親が加害者で息子が被害者、というのは性的虐待の一つの類型だったりします。私が「男対女」の構図を批判するのは、上で書いた理由以外にこうした性暴力を見逃してしまうから、でもあります。
そうはいっても、「男性が性的主体で、女性は対象」というイデオロギーや、「男らしさ」自体に暴力性が内包されてしまっている現実を無視することもできません。深海魚は性暴力を不必要に「男対女」の図式に当てはめようとする言説を批判すると同時に、現在は「男と女の問題」にならざるをえないこれらの側面に関してもいつかそうでなくなるように、少なくとも社会がそれを助長しなくなる日が来るように、願っています。

…自分のネタ(しかもキレ芸)を自分で解説するの、死ぬほど恥ずかしいんですけど。分かりづらい書き方をした私の自業自得だけどさ。

>事件の本質
私は事件の「本質」を解明するためにこの日記を書いたわけじゃありません。エントリーの目的は、花岡さんの記事や同種のセカンドレイプを批判することです。何がおかしいのかを明らかにするために「レイプとは何か」や沖縄への態度にも少し触れましたが、主眼はそこにはありません。もし性暴力の本質に迫ろうとするならば、ここでは言及しなかったことをもっとたくさんたくさん、考えなければなりません。私はそれだけの能力を備えていないのです。それに、マスコミの限られた情報しか得られない中で個別の事件の「本質」を解き明かそうとするのは危険でもあります。一歩間違えれば、光市母子殺害事件の弁護団に対する懲戒請求騒動のときのように、憶測を真実だと思い込んで暴走する「正義の名探偵ごっこ」になりかねません。
しかし一言だけいわせてもらえば、この事件の本質が被害者の「危機管理意識」に(も)あるとは思いません。危機管理意識はむしろ、暴力への対症療法やサバイバル技術にあたります。そして対症療法だけでは、特定の属性をもった集団(ここでは女性、もしくは基地周辺で暮らす女性)が暴力に遭いやすい状態におかれている、という問題を解決することはできないのです。
もちろん、サバイバルにすぎないから不要だといいたいわけではありません。加害者にならないための教育もふくめて、広い意味での性教育が必要なのでしょう。今回の被害者にそれが不足していたとはいいませんが、一般論としては。また、性暴力の知識をもっておくことは、被害者がさらに傷つくことをふせぐ効果もあります。何も知らなければ、「お前が誘ったからだ」「うっかりしていたあなたも悪い」などといわれても真にうけて、自分を責めてしまうかもしれないからです。しかし今回被害者非難に乗り出している人たちは、少女に無垢さ(=性的な無知)を求める意識が強いように思われます。性教育バッシングをしていた層ともかなり重なるんじゃないでしょうか。「危機管理意識」を「しつけ」のレベルでしか考えられない発想の貧しさに、それがよく表れています。はっきり言ってしまえば、マジメに危機管理能力向上を考える気なんかなくて、バッシングの口実に不注意うんぬんを使ってるだけじゃないかと(あなたがそうだと言ってるわけじゃないからね)。マジメに考えていたとしても、セカンドレイプになる危険を冒してまで今回の事件と絡める必要なんて、ありません。
深海魚 |  2008.02.17(日) 18:04 | URL |  【編集】
なんか今回の文章読んでたら、深海魚さんが「女性=性的弱者」って位置づけているように思えます。
ここら辺を指して皆さんは男性対女性の構図と言ってるのだと思います(この場合の対ってのは対立しているというよりは、男性と女性を明確に線引きしているという感じですが)

本当にジェンダーフリーと言う立場に立ったのなら、あの産経新聞の記事もある程度容認しなけりゃいけないのかなって気がします。


ジパング |  2008.02.18(月) 10:02 | URL |  【編集】
●遅くなってゴメンナサイ
>mixiから来ましたサマ
今度こそはじめまして、ですよね。「どうでもいい今日の出来事」を基本としている日記なので、割合的には「ハードな内容」は少ないんですよ。いらっしゃった時期が悪かったのかと思います。まあ、ハードロックな内容とかハードエロスな内容だったら時々あるかもしれませんが(笑)
いえいえそんな、「失礼な文章」だなんておっしゃらないで下さい。ご意見、ご批判は大歓迎なのです。そのためにコメント欄を開放しているのですから、どうぞご遠慮なく書き込んじゃって下さい。じゃんじゃん、ばんばん。

あなたは「女子中学生が夜、それも繁華街をうろつく」という行動をとっていれば「被害者の非」たりうる、というお考えなんですよね?それはどうしてでしょうか。夜の繁華街は危ないからですか?かつて「夜、それも繁華街をうろつく」未成年であり、また現在進行形で夜遊びする若い女性でもある私の実感からすると日本の繁華街はそれほどそれほど危険な場所ではなく、よっぽど運が悪くないかぎりレイプ被害には遭わないと思うんですが。
もちろん避けた方がより安全であることは否定しませんが、危険の少ない生活をするかどうかは世渡りの技術の問題です。それに対して、被害者の「世渡り下手」に漬け込んでレイプするのは明らかに故意の暴力であり悪です。この両者は量的にだけでなく質的にも全く異なることなので、「(加害者の非の方が圧倒的に多いが)被害者にも非がある」と同列に並べることはできません。「知らない人について行く」ことに関しても同様です。
あと、一応書きそえておきますが、現段階の情報だけで被害者が本当に「世渡り下手」だったと断定するのは軽率です。

それとも、危険かどうかに関わらず子どもが夜遊びをすること自体が「悪」で「異常」である、という価値観をお持ちなんでしょうか?「子ども」であることが問題で
>男女の性別も関係ない
とお書きなので、そうなのかもしれませんね。たとえば私の中学生の妹が今回の事件と同じように「夜の8時半」まで「3人」で遊んでいたとしたら、「もーちょっと早く帰れよー」とか、「もう少し大きくなったら好きなだけ遊べるんだから、今は違うことに時間を使っといたら?」くらいは言ってみますが、その程度で、それほど悪いことだとは思いません。というか大抵の少年少女は、友達と繁華街のゲーセン行ったりカラオケ行ったり、デパートでアイス食ったりしながら大きくなるもんじゃないのかなあ。誉められたこととは思いませんが、「その程度」のことでしょう。また、仮に子どもの夜遊びはそれ自体が「悪」であるという価値観を受け入れるならば、なおさら今回の事件と絡めて語る必要はなくなります。だって、それ自体が悪いことならレイプされたかどうかは関係ないんですから、「事件の被害者としての」非はやっぱり存在しないはずです。
それから男女は関係ないとおっしゃいますが、では花岡さんや広島市長や、彼らに便乗して被害者を批判した人たちは、本当に男女関係なく同じことを言うでしょうか。「お父さんが事故に遭った。病院まで連れてってやるから乗れ」と騙されて車に乗り、誘拐されてしまった少年に「知らない人についていくなんて、しつけが徹底されてない」と言うでしょうか。会社帰りにしこたま飲んで飲み屋街をフラフラ歩いていたら、オヤジ狩りに遭ってボコボコにされたサラリーマンに「夜中に繁華街をうろうろしているのもどうかと思う」と言うでしょうか。今回の被害者に対するのと同じくらい強くバッシングするでしょうか。しないでしょう。被害者が女性の性犯罪でのみ、被害者の「非」を非難する言説が増殖するという現実があり、その背景には「男性は性欲があるんだから、女性が無防備にしていたら被害に遭うのは当たり前だ」という性差別的な意識が隠れていると思うからこそ、私たちはセカンドレイプを批判するのです。

>>もちろん、家にいたら安全なわけではありません(以下略
これが「突飛な論理」に過ぎなければ、どんなにいいかと思います。しかし事実なんです。日本では、レイプ加害者のかなりの数は被害者の顔見知りです。自宅で暴行されることも結構あります。それに、家に帰れば家族がいるとも限りません。極端な話、一人きりで家にいるより人目のある繁華街の方が安全な場合さえありえます。また、非常に悲しいことですが家族や親しい人から被害を受ける例もあとをたちません。その場合、被害者は訴えでずに泣き寝入りしてしまうことも多く、またそれが糾弾すべきレイプであることを知らず「つらいけども仕方がないこと」だと思い込んでいることさえあるので、実数は今わかっているより多いはずです。こういうことはちゃんと書いておかないと、「家にいたのに被害に遭った人はどうするんだ!」とこわーい人に怒られてしまうのですよ(笑)
もちろん、たとえば夜に繁華街を歩かなければ、多くのレイプの防止には役立たなくても「繁華街を歩いていて襲われる」タイプの被害は回避できますから、無意味なわけではありません。だから「少しはマシ」と書きました。もしこの表現が過小評価だというならば、「ある程度マシ」や「だいぶマシ」に書きあらためてもかまいません。そこを変えても私の論旨はぶれないですから。

一般論としての危機管理意識は結構ですが(行きすぎてゼノフォビアとか別の問題を起こさなければ、ですが)、「この被害者の」危機管理意識を問いただしてなんの意味があるのでしょうか。被害者が名乗り出るとこれだけ叩かれるという実例を世にしめしてしまい、デートレイプなどの被害者が今以上に被害を訴えにくくなるだけではないでしょうか。それだけでなく、あなたがおっしゃるような「非」(私はそれを非だと認めませんが)など一切ない「完璧」な被害者がいたとしても、どこかに「落ち度」があるんじゃないかとかぎまわられるのを恐れ、名乗り出ることをためらってしまいます。被害者が名乗り出ないということはレイプしても罰されないということでもあります。これは加害者にとってみれば、これ以上ないくらいにレイプしやすい環境です。かえって世の中を危険にしてしまいますよ。
そもそも私たちは、常に最大限警戒して生活しているわけではありません。危険を極力少なくした暮らしは、多くのチャンスや出会いをあきらめた暮らしでもあります。だから人はいつも、ある行動で得られるものとリスクとを天秤にかけて選択しているわけです。その結果、戸締まりをしっかりして家でじっとしていることもあれば、夜の円山町に一人きりで映画を観にいくことだってあります。私のことですが。そして、どちらの選択をしたとしても、あるいはうっかり気をぬいてその気なしにリスクの高い行動をえらんでしまったとしても、その人は悪くありません。もし本当に夜遊びした程度でレイプの危険にさらされなければいけないのなら、、そんな世の中の方がおかしいのです。
いずれにせよ私たちは被害者の中学生がどれほど警戒していたのか、どれほど「正しい」生活をしていたのかよく知りませんし、知る必要もないのです。彼女がどんな人であろうと、レイプ被害者には一切、責任はありません。
深海魚 |  2008.02.20(水) 12:40 | URL |  【編集】
>ジパングサマ
お久しぶりです。ということは、某1年共済部員サマはジパングくん以外の誰かなんですね。怒んないから名乗ればいいのに(笑)

「性的弱者」って通常だと「セックスの機会にありつけないヒト」を指すような気がするんですが…もちろん、ここではそういう意味じゃないですよね?セックスにおいて男性と女性は立場が違い、女性は弱者だから被害に遭った女子中学生を責めるべきではない、と「私が」とらえていると解釈された、ということでよろしいでしょうか。イマイチ読めていないので、違ったらごめんなさいです。
何度も書いたことになりますが、私が文中で「男/女」の構図に乗っかりながら批判しているのは、一つにはセカンドレイプ(の一種)と呼ばれる言説が「男/女」の線引きに依拠しつつ女性に「不注意」の責任を課しているからです。花岡さんの記事ともなれば、基地や安保に対する批判に水を差すために「不注意な女子中学生」像をもちだしてそれを事件の軸に設定しようとしていますよね。これらに異議をとなえようと思えば、彼(女)らが前提としている構図にも言及せざるをえません。
二つめとして、事実、性暴力の被害者には女性が多く加害者には男性が多いのです。「危険」な場所でより多く「自衛」せざるをえないのも女性です。そこには男性を加害者性と、女性を被害者性と結びつける何かがあります。それが「男性性」なるものや、女性がセクシュアリティにおいても周縁化されていることと無縁であるとは思えないです。実質的な平等が達成されていない状態で形式上だけ平等であるように扱うとかえって不平等を拡大してしまう、というのはジパングくんならご存知でしょう。そして、犠牲者非難の言説はこうした非対称性を公認・強化する役割を果たしています。まあ、セックスにおいて弱者であることと性暴力において弱者であることはイコールではないですけどね。
ただし私自身は、「男/女」と「加害者/被害者」を区別して使っています。私が被害者に非はないと書いたのは彼女が「弱い」からではありません。仮に男女が逆であったとしても、性暴力の被害者に責任はない、というのは100%成り立ちます。

>本当にジェンダーフリーと言う立場に立ったのなら、あの産経新聞の記事もある程度容認しなけりゃいけないのかなって気がします。
なんでやねん(ビシッ
いやマジで、なんでそうなるのかバカな私には分かんないです。繰り返しますが、私が被害者を非難しないのは「女性は弱者だから」じゃないですよ?強いとか弱いとか以前に、加害者(とされている人)と被害者の行動が全く異なる類のものだからです。夜8時半に遊んでいても米兵のバイクに乗ってもそれだけでレイプは発生しませんが、目の前の少女を押し倒せばレイプは起こります。少女にレイプの責任がないのは当たり前のことです。
もし「両方に原因があるが少女は弱いのだから米兵が悪い」と主張するならば、両者の行動は同質でなければいけませんから、
1.加害者は注意していないと目の前の女性をレイプする衝動にとりつかれてしまうが、そのときはうっかりしていた(どちらも「不注意」)
2.被害者はわざと加害者のレイプを誘発しようとした(どちらも故意)
のどちらかとなります。もしこれが「女性は弱いから」という問題だというのならば
1.男性は注意していないと目の前の女性をレイプする衝動にとりつかれてしまう
2.女性はわざと男性のレイプを誘発しようとしている
となってしまいます。これって男女どちらにとっても「ふざけんな」ではないでしょうか。
深海魚は反ジェンフリ・バッシングではあってもジェンダーフリー自体はよく分かんないところがあるので微妙、という感じです(アレな人たちに叩かれて大変だな、と心情的に肩入れはしてますが)。なので私が代弁するのもおかしな話ですが、性犯罪被害者の「しつけ」がなってないなんて物言い(しかも背後に性差別が透けてみえる)、ジェンフリ的には絶っっ対、NGですよ。アレを容認できるのは、ジェンダーフリーとはもっとも遠いところにいる人だけです。
あんまりこういうこと言いたくないのですが、「ジェンダーフリー」の理解が間違ってないでしょうか。よかったらこれ読んでみてください↓
http://seijotcp.hp.infoseek.co.jp/genderfreeQandA.html

ふう、やっと全部返せた。それにしても、伝わらないなあ…
「キレ芸」な分、淡々と書くより論旨が分かりづらくなるのは覚悟していましたが、それほど難しいことを書いたつもりはないんですけどね。これだけ「誤読」されるのはやっぱり私のエントリーに問題があるからなんでしょうが、「どこが分からんのかさっぱり分からん」が本音になりつつあります。「セカンドレイプとは何で、どうしてそれがいけないのか」をそもそもご存知ない、とかじゃないですよね?
もし出来ましたら、「〇〇のところが分からん」とか、「××という記述は間違っている」とか、「△△の部分は文脈上▲▲という効果をもつから不当だ」という感じで指摘していただけると、私も訂正・補足するなり再反論するなりしやすくて非常に助かります。私の文書が悪文なのは自覚していますし、おそらく論理的にも矛盾や飛躍があるんだろうと思います。みなさまのご指摘によって添削していただきたいのですが、贅沢なお願いでしょうか;
深海魚 |  2008.02.23(土) 15:41 | URL |  【編集】
これって中年のネカマだろww
深海魚さんバレバレですよw
名前のない子 |  2008.02.24(日) 11:44 | URL |  【編集】
●ええーっ
ネカマって、私がですか?私しかいないですよね;;
しかも中年男性とは、ずいぶん限定されましたね。最近のネカマさんは女性に見せかけるためなら、ネイルサロンで爪にジェルを乗せたりV系バンドのライブで頭振ったりまでなさるんでしょうか。そこまで気合の入った方に間違われたのは、むしろ光栄と思うべきなのかな(笑)

名無しのあなたには二つお聞きしますね。
まず、何をもって深海魚を男性と判断されたんでしょうか。個人的に「顔の見えない環境下で理屈こねると男に見えちゃう現象」(ながっ)に関心を持っておりますので、貴重なサンプルにさせていただきます。
それからもう一つ。仮に私が「中年男性」だったとして、私の書いた内容に一体どんな問題が生じるんでしょうか?
深海魚 |  2008.02.25(月) 01:02 | URL |  【編集】
●被害者に非はないと思う
今の時代でも、一般職とか腰かけとかの地位って
あるのだろうか・・・という疑問を検索をしていたら
深海魚さんのブログにたどりついてしまいました。
そして、いくつかの日記を興味深く読ませて
いただきました。

(怨恨ではない性犯罪に限ります)
痴漢をはじめとする
女性が被害者の場合の性犯罪について、
被害女性にも非がある、
という意見にいつも違和感を感じています。

周囲の女性たちの10人中9人が、
男性にいたってはほぼ10人が「女も悪い」と言います。
(私は、100%女性側に非はないと思います)

痴漢の話題では
「満員電車でスカートなんか穿いてるからだよ」
とコメントする人の多いこと。
強姦事件では
「男にくっついて行くからだよ」
出会い系がきっかけの事件では
「知らない男と会う女がバカだ」と。

性犯罪に遭わないために、
これらのことは警戒した方がいいに決まっている。
それは言うまでもない。
しかし、警戒をしなかったことに
事件発生の責任はない。

被害者を擁護するつもりも
加害者を責めるつもりもないです。
真理を求めていくと
そういう結論に達するのです。

どうしても言わずにいられませんでした。
深海魚さん、これからもそのセンスと感受性に
忠実でいてくださいネ。









甘い生活 |  2010.06.24(木) 16:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

・asahi.com:沖縄の暴行事件、米兵を釈放 少女側が告訴取り下げ - 社会 (魚拓) 那覇地検は29日、女子中学生に乱暴したとして逮捕された在...
2008/03/07(金) 04:44:44 | 今夜の焼きザカナ
国籍法が改正された。戦ってきた当事者と、彼らを支援してきた方々には「おめでとう」と、そして「ありがとう」と、心から言いたいと思う。...
2008/12/24(水) 19:05:58 | 今夜の焼きザカナ
・京都教育大学の集団強姦事件|LPCウィークリー 北原みのりのコラム  一月以上前の記事だけど、何度読んでも大事なことを言っていると思う...
2009/08/07(金) 09:30:49 | 今夜の焼きザカナ
 | HOME |