FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2007年01月20日(土)

ニュースの見方と「人間性」 

書くべきか、書かないでおくべきか、さんざん迷ったけれどやっぱり書くことにする。

昨年末のある朝、あたしは知人の男のコと並んでテレビでニュースを見ていた。どのチャンネルのどの番組かは忘れたけど(というか、普段テレビを観ないからわかんないんだけど)、これから日本にも来るであろう北朝鮮からの難民の支援体制について報道していた。
するとこの彼は、おもむろに「脱北者なんか受け入れるべきじゃないよ、犯罪者予備軍になるだけだから」と言い放ったのだ。それだけでなく「やっぱり韓国人とか朝鮮人っておかしい人多いよね」「中国大陸から来た人もね。怖いよ」と続く。何か言ってやろうかと思ったけれど、あんまり出先で面倒を起こしたくないし、個人の思想は自由だと思うから、途中まで作り笑顔で聞いているふりをしていた。でもさすがに聞くに堪えなかったので、笑顔を張りつけたままくるっと向き直って、自分の顔を指差し「あたし、チューゴクジン」と言ったら、そのまま固まってしまわれた。
戸惑っている様子がとても愉快だったし、「深海魚は違うかもしれないけど大多数の中国人は・・・」なんて言い訳をしださない潔さに好感をもてたから、全然怒ってはないんだけど。あたしは幸いにも直接出くわしたことはないけれど、妹曰く「お前はもともと悪い中国人だけど、良い日本人に囲まれて育ったから良くなったんだ」なんてほざきだす人間も世の中には居るらしいしね。一体どんな脳ミソの構造をしていたらそんな妄言が吐けるのか、おねーさんちょっと解剖学的興味を抱いちゃいそうだよ。

まあともかく。怒ってもないのにわざわざここに書くのは、彼の認識が形成された過程が、どうもマスメディアの情報を受信してものを考える上で、あたしたちが陥りがちな「罠」にはまっているように思えたからだ。
彼が在日コリアン在日中国人を「おかしい」「怖い」と思う理由は、ニュース等で彼らが取り上げられるときは何らかの犯罪にまつわることがほとんどで、いいうわさを聞かないから、だそうだ。
それじゃあ、ニュースでは取り上げられない「おかしくないコリアン」「怖くない中国人」はどこにいるのだろう?少し時間をあげるから、続きを読む前に考えてみてほしい。

【More・・・】

考えた?じゃあ、解答を言うよ。
答えは簡単。
その辺を歩いてるに決まってる。子どもでもわかるよね。
コリアン中国人は見た目では日本人とほとんど区別がつかない。幼いころから日本で暮らしていた人ならば、言葉や服装から区別することもできないだろう。彼らは街中に、電車やバスの中に、学校や会社の中に、普通に溶け込んで暮らしている。通名を使っていたり、帰化して日本名になっていたりすればなおさらだ。
親しい人でない限り、時には親しい人でさえ(例えば、いい人なんだが自分たちの仲間に偏見を持っているので素性を明かすと関係が悪くなる恐れがあるなんてときは、言えないでしょ)彼らが、そしてあたしが「在日」や「○○系日本人」であると知ることはない。あなた方が「普通の日本人」と仮定して日々すれ違う、肌が黄色くて日本語を操る人たちの中に、彼ら彼女らはいる。冒頭の知人に至っては、以前身元を明かしておいたにもかかわらず、一見あたしが「普通の日本人」と変わらないためにすっかり忘れてしまっていたわけだ。
彼らはなぜ報道されないのだろう?それは、ニュースというのは「ニュースになる」と判断されたことしか流さないからだ。要は、ニュースに取り上げられる個人や集団なんてのは、良くも悪くも目立つことを「やらかした」場合がほとんどなのである。誰かにふざけて「何かやってニュースに出ないでくださいよw」なんて言うとき、あなたは何をイメージしているだろうか?犯罪の容疑者として報道されること、でしょう?マスメディアに登場する「在日」が何かやらかした人ばかりなのは、当たり前なんだよ。

テレビをつけて今日のニュースにチャンネルを合わせてみよう。新聞を開いてみよう。それが面倒なら、インターネットニュースをチェックするだけでもいい。そこには「日本人」によって行われた犯罪や不祥事の報道が溢れかえっているはずだ。
「ニュースで悪い話ばかり出る」→「彼らは悪い人ばかりに違いない」という考え方を使うならば、この国に暮らしている人々を「日本人である」という理由だけで犯罪者予備軍とみなさなければ、論理的に矛盾してしまう。自分自身のことさえ「私には犯罪民族の血が流れている」とおびえなければおかしいだろう。なぜ、自分と周りに住んでいる人たち全てを「おかしい」「怖い」と思わないのだ?
それは、あなたが周りの日本人をちゃんと「個人」としてみているから。彼らは一人ひとり別の人間なんだから、Aさんが人を殺しても同じ日本人であるBさんが殺人者予備軍なわけではない、という分別がついているからだ。個々の人間性を認めているのだ。逆に言えば、「コリアン」や「中国人」を恐れるときは個人ではなく、「コリアン」「中国人」という一塊の生物がいるように認識していることになる。彼ら彼女らを、そしてあたしを、人間とすら思っていないのだ。人を属性でくくった紋切型の表現というのは、時と場所を間違えればそれほどまでに暴力的だということを、心に留めておいてほしい。
この国において外国人やマイノリティであることが犯罪と結びつくことは、確かにあるだろう。特に一世は文化の違いから周囲とトラブルを起こしやすい。入国管理法関連など、外国人ならではの犯罪もある。彼らの出身国は、概して日本より治安が悪い。中には本当にひどいヤツもいるだろう。それを擁護するつもりはない。けれど報道されたそれらの事案を持って「外国人は犯罪者予備軍」ましてや「在日コリアンやチャイニーズ)は犯罪者予備軍」と結論づけて何の飛躍も感じないなら、悪いことは言わないからもう少しメディア・リテラシーを磨いたほうがいい。カタカナ語を振りかざしてお説教をするのは趣味じゃないけれど、そうとしか言いようがない。

ここまで読んで「ひどい人に会ったもんだね、深海魚ドンマイ」なんて、どうか他人事のように思わないでほしい。「近頃の○○は怖い」「××ってなんか犯罪犯しそうだよね」外国人、オタク、若者、精神障害者・・・なんでもいい。好きな言葉を当てはめてみてくれ。こういった考え方や物言いから自由になれる人は、そう多くはないはずだ。そういうあたし自身だって、気をつけよう気をつけようと自分に言い聞かせながらも、つい偏見でものを見てしまうことが多々ある。自戒を強くこめて言うけれど、相手が人間だということさえ、あたしたちはこんなに簡単に忘れてしまうのだ。
普段人間扱いされない痛みを肌で知っているはずの者でさえ、それに囚われてしまうこともある。あたしは立場柄、在日中国人中国人留学生の知り合いも多いのだけれど、そのうちの一人がルームメイトと喧嘩をして、先日我が家に駆け込んできた。喧嘩の相手はあたしとは面識がないが、朝鮮族(中国国内の朝鮮系少数民族)の人らしい。彼女は口を極めてそのコの悪口を言ったあと、あろうことか「ホント、朝鮮人ってキチガイばっかりよね」なんて、叫んだのだ。
近年では、日本の経済構造の変化による民衆の不安が反韓・反中感情のベースになっていると言われている。そうやって敵視され排除される「中国人」である彼女が、さらに自分たちの中の少数者である朝鮮族を差別する。悲しい連鎖反応の一端を見て取って、あたしは息が止まりそうになってしまった。その場では平静を装って反論したけれど(そして、装いきれなくて言い過ぎたけれど)、後からどうしようもなく悲しくなってきて、一人で泣いた。

ねえ、あたしたちはみんな、人間だよ?
どちらかというと「サヨク」に分類されるであろう深海魚が「在日」について語ったエントリーを「サヨク・在日・プロ市民」スレッドに投稿してもスレ違いじゃないよね、スレッドテーマに沿ってるもんね。ということで、あえて思想の方向が正反対の人が多そうな場所に投下してみる(笑)

↓お前は魚だろ、とツッコむのも疲れたあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

タグ : ニュース メディアリテラシー 差別 レイシズム 在日 中国人 コリアン

【編集】 |  23:59 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |