FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2007年01月06日(土)

行き過ぎた個人主義? 

■朝食のヨーグルトを食べようと蓋を開けたら、中身が顔に飛び散って朝からげんなりしている深海魚です。こんばんわ。
おそらく読者の皆様は、1行目からこんなネタを読まされて更にげんなりしているものと思われます。私じゃサービスシーンにもなりゃしねえ。

■「行き過ぎた個人主義」そんな言葉を、メディアを通してエライ政治家や学者のセンセイ方の口から聞いたことが、おありかと思います。
現代の日本人は(この日本人というのは、主に若者や女性に向けられています)個人の権利や自由を主張するあまりわがままになり、他者や社会をないがしろにするようになった。そしてその後には「それは教育が原因で云々」「憲法の精神が原因で云々」と続くのがお約束。耳にタコが出来ますね。

個人主義と利己主義を混同しちゃう論外な方々はその辺で裸の王様にでもなっていただくとして、私もちょっとだけ考えてみたいと思います。
「個人」を確立せずに「他者」や「社会」を尊重することが、可能でしょうか?他者とは読んで字のごとく、自己ではないもののこと。そして、自己と他者たちの作り上げる仕組みを、社会と呼ぶのでしょう。だとすれば、他者の存在を想定するにはまず「ここまでが自分」という自己との境界線を確定させなければいけません。そして、それを尊重するということはその自己でないものがやること・考えることを受け容れる、ということになります。結局、他者を尊重することとは、自分でない者にも一人ひとり権利と自由を認めることで、社会を尊重することとはそうした権利と自由を持った(だからこそ、責任を取ることのできる)個人が共存していくための仕組みやルールを尊重することに他ならないでしょう。それは他者に、必然的に自己にも「個人」を認めなきゃ、原理的に不可能じゃない?
他者が尊重されない風潮、というのが本当なら、その原因は個人主義の行き過ぎではなく、むしろ個人主義の不備や不足だと、深海魚は考えます。ものすごい大雑把だけど。

上で見たように「個人」が先に立たなければ全ての「他者」が尊重されることなどありえません。それじゃあ今の「個人主義バッシング」は何かというと、他者が個人として尊重されることが当たり前じゃない社会になっても既得権を失わないであろう人たち、つまりもともと相対的に強い立場にいる人(一定世代以上、男性、日本国民、健常者、etc...の条件を満たす人)「お前らは権利とかごちゃごちゃ主張せずに、俺らを大事にすればいいんだ。そうしないのはわがままだ、精神の退廃だ!」と叫んでるに過ぎないんですね。
女で民族的少数者で若者でもある深海魚は、確実に「俺ら」ではなく「お前ら」の部類に入りますので、謹んで言わせていただきます。
「やなこった」

【More・・・】

ただまあ、昨今は経済構造の変化により(ザ・構造改革)、雇用なり収入なりが不安定になって、その不安を背景として異質なものに対する排除や権利の否定が起こる、という流れがありますので、「やなこった」と叫ぶだけでは済まなくなりつつあるようですが。
一つ書いておきますと、近代の個人主義が万能というわけでもありません。「個人」の自由と平等をうたいつつ、特定の特徴を持つ人々(例えば黒人、女性、などなど)をさも当然のように「個人」から除外してしまったという歴史を持っているためです。そしてそれはいまだに社会の中に根強く残っています。その矛盾を糾そうと多くの運動や学問の中の人たちが頑張っているわけですね。でも、それらの問題は「個人」「自由」「権利」そのものを否定したって解決するわけもないのは当たり前。魚にだってわかります。

今日の小ネタ
まいまいクラブ - ネット君臨
インターネットの功罪、主に「闇」の部分をテーマにした毎日新聞の連載の、紙面連動企画です。ちょっと焦点がボケているというか、「批判すべきはそこじゃないだろう」という部分もあるのですが、目の付け所はいいと思うので今後に期待。ただ、新しいメディアに対する不安から単純にネガティブキャンペーンを行う、といった期待はずれの事態にならないことを切に願います。
第一回はさくらちゃんを救う会の募金活動が「死ぬ死ぬ詐欺」と呼ばれてバッシングを受けた事件を取り上げています。言うまでもなく、患児が実在し手術も行われたこの事件は、募金詐欺の要件を構成しません。私が何よりも腹が立ったのは、明らかに加害者の側であるバッシングに加担した「名無しさん」たちが救う会に「詐欺」というレッテルを貼り、それによって「救う会とさくらちゃんの両親が詐欺という加害を行った。自分たちはそれに騙された被害者だ」というスタンスを取ったことです。ここで、加害者が被害者を僭称して相手に全責任を転嫁しているのがわかります。自分たちの攻撃を、被害者を名乗ることによって正当化しているのです。匿名と数の力にものを言わせた、非常に卑怯な行いです。
ついでに言えば、募金依頼者は個人情報を細かに明かすべきだとか、まず私財をすべてなげうつべきだとか、そういった意見に私は一切組しません。お金の流れが不透明だって?それなら、他の募金活動と比べてどこがどう不透明で、どこを明らかにすべきなのかまず検証してから、普通に質問すればいいんです。移植医療には問題がある?冗談じゃない。移植が脳死者からの臓器提供を前提としていることの倫理的問題や、金持ちしか受けられない治療となってしまっていることの問題は、移植に一縷の望みをかける患者や家族、個別の支援団体を非難しても何一つ解決しません。海外の中絶反対派が人工妊娠中絶を行う産院を爆破したり、中絶希望者を実力で阻止したりしても、中絶の背景となる女性の望まぬ妊娠が起こる社会がよくなるはずもないのと同様です。気に食わない目立つヤツだけを叩くわけではない分、宗教右派の方が今回の「祭り」に参加したヤツらよりまだ一貫性があるよ、まったく。

べっぷ de どきゅん! OFFICIAL SITE
有志の学生団体が主催する、第一回別府ドキュメンタリー映画祭の公式サイトです。市民によるパフォーマンスや森達也さんの講演もあります。
ネーミングセンスがいろんな意味で素敵です。大分行きたい・・・

【新春特別企画】「美しい国ふくわらい」 bogusnews
・・・これはひどい(褒め言葉)
深海魚も挑戦してみました。今年も、日本は大変美しい国になりそうですね。FLASHのプラグインをダウンロードしてください

今日のひとこと中国語
アメリカ→「美国(メイグォ)」
あれ?すぐ上にそんな文字が隠されてる気がしますね。

↓きっとそれは陰謀だと思うあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 思うのは私だけ? - ジャンル : 政治・経済

タグ : 個人主義 他者 ネット君臨 死ぬ死ぬ詐欺 安倍晋三 ふくわらい

【編集】 |  23:59 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(5) | Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.01.13(土) 14:19 |  |  【編集】
●上記非公開コメントをくださった方へ
はじめまして。丁寧なコメントありがとうございます。非公開のコメントに対して公開でお返事してしまって申し訳ありません。他にメッセージを届ける手段がなかったもので。
さすがに詳細に文を引用したりするのはマナー違反かもしれませんので、なるべく手短に。

ええと、自分は別に今回の記事を見てはじめて「死ぬ死ぬ詐欺」(書くのも嫌な呼称ですが)に関心を持ったわけではありません。さすがに2ちゃんねるのログすべてというわけにはいきませんが、まとめサイトやこの件を取り上げているブログなどの内いくらかは、ほぼリアルタイムに追いかけておりました。考えをまとめているうちに書くタイミングを逃してしまったので静観していたのですが、今回毎日新聞が取り上げてくれたので、これ幸いに、ということで言及させていただきました。ちょうど、さくらちゃんの手術も無事終わって一段落ついたところでしたし。
エントリーの中に新聞記事には書かれていないことまで含まれているのは、そのためです。

この件が「救う会」側の不透明さを挙げて先方に質問状を出す、やり取りをする、というだけでしたら、おそらく私はこういう反応はしませんでした。実際、やり取りがなされていてご両親の負担金などについては返答がでています。
しかし、実際はそれでは済まず、圧倒的多数の匿名の方によるバッシングがなされたわけですよね。その中にはご両親への人格攻撃や、あまつさえさくらちゃんに「死ね」と叫ぶものまで多数含まれていました。
仮に、救う会側の「問題点」「疑問点」が確証のないものも含めて全て真実であったとしても(それでも『詐欺』ではなく、『こうすべき』『こうしたほうがより良い』という程度にとどまりますが)、ご両親やさくらちゃん本人への攻撃はまったく正しくありませんし、バッシングは不要だったと断言します。
ドナーとレシピエントという複数の「命」に関わる問題を扱うからこそ、支援団体には公正で不透明な点のない運営をしてほしい、という思いには私も同意いたしますが、それを要求する手段が間違っています。また、同様の団体が関わっている募金の多くがが似たような運営上の問題を抱えているならば、なおさら「さくらちゃん」だけを特に大きく取り上げて叩く、というのはおかしいと思います。「高収入のクセに募金なんてずるい」という、心情的には理解できても決して正当化できない心理が働いたが故のことと思いますが、いかがでしょうか。

管理人はこのブログを始めるよりずっと以前、それこそ臓器移植法が成立した前後から移植や脳死に関する問題には関心を持ってきました。その過程で「○○ちゃんを救う会」系列の動向を見守っていたこともありますし、批判があることも存じております。
移植医療の問題を募金で解決しようとすること自体に限界があると思っていますが、切実な思いで移植を望む患者さんやご家族の行為を非難することはできないので、もっと制度面を改革する必要があるだろうと考えています。所詮、学生の浅薄な意見かもしれませんが。
決して新聞記事だけ読んで脊髄反射したわけではなく、ずっと考えていたからこそ上記のようなエントリーになりました。ご理解いただければ幸いです。
深海魚 |  2007.01.13(土) 19:56 | URL |  【編集】
2ヶ月前さくらちゃん基金を作ったらしいのですが、救う会公式サイトで全く報告がありません。帰国して1年近くたつのに現地滞在費の精算もなく、謎は深まるばかり。

さくらちゃんを救う会 事務局から
http://www.sakurahelp.com/re-contents/jimukyoku.html
>会計報告(支出報告)を更新しました。 (08年8月3日)
>支出報告を更新しました(6月末分まで)。6月の出納はありませんでした。

日本移植支援協会の基金管理
http://www.ishokushien.com/kaikeihoukoku/sakurakessan.htm
さくらちゃん基金は患者さんのために有効に使われております(下記が明細です)
>2008年6月9日 「恵介くんを助ける会」へ200万円助成しました
>2008年6月9日 「大輔君を救う会」へ200万円助成しました
>2008年6月9日 「美里さんを救う会」へ200万円助成しました
>2008年6月9日 当協会(活動費として)へ200万円を寄付
れがしぃ |  2008.08.04(月) 16:30 | URL |  【編集】
●えーと、ですから
「救う会」やその親団体がどこまで透明会計を貫いているかに関わらず、さくらちゃんやご両親へのバッシングに正当性はない、と申し上げたんですけども。
深海魚 |  2008.08.08(金) 18:34 | URL |  【編集】
●承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2013.07.15(月) 14:47 |  |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |