2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--年--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006年11月27日(月)

「いじめ」ブーム? 

■最近メディアを賑わしているいじめや「いじめ自殺」の問題について、ほんの少し時期を外しながら言及してみます。

どうも一連の取り上げ方を見ていると、まるで何かのブームのように騒ぎ立て、実在している被害者のことなんかキレイサッパリ忘れ去って「最近の子どもは」「最近の教師は」みたいな文脈で語ってしまっていたり、「誰が悪いのか」「自殺予告は本物か」と犯人捜しに終始してしまっていたりで、今まで口を出す気にならなかったのです。
何か「子ども」「教育」をめぐるセンセーショナルな事件が起こるたびにいつか見たような、というよりとう見飽きた「議論」が繰り返され、喉元すぎれば熱さを忘れるように記憶の彼方へ押しやられ、後に残るのは漠然とした「最近の子ども」「今の学校」へのマイナスイメージ。それがいつの間にか、「戦後の教育」への不信感へ回収されて教育の再興だ、躾の復権だ、と声高な主張に飲み込まれてしまう。そんな流れが見えるのは、私の幻覚でしょうか?
現在では逆に、教育基本法改定(改正と言わないのは思想上の以下略)への反対の一環として野党側が議題に上げているようですが。もちろん教育基本法を変えてもらっては困るんだけれど、教育を受けている側の一人として、学校のみならず家庭や地域生活まで縛るような法律は冗談じゃないんだけれど、男女特性論とか破いて丸めて口につっこんでやりたいくらいだけれど、でもそこに今回の「いじめ」や「自殺」を利用されるのも私としてはどうも違和感がぬぐえません。その文脈で語るなとは言わないけれど、そんな大きな枠の話で終わらせてしまっていいの?下手をしたら、逆手に取られて「こんな問題をなくすためにも教育改革が云々」とやられてしまうよ?

・・・ごめんなさい、我ながら、いつにもまして根拠も論理もなしで印象で語ってるなあと思います。感情的にいろんな人の足を引っ張ろうとしています。ここから続く文章は、そういう要素を持ったものとしてお読みください。
論じ方だけじゃなくて文体まで微妙に変わっていますが、筆のすべりだと思ってスルーしてあげてください。

ちなみに「いじめ自殺」に限らず自殺問題をメディアで詳細に取り上げることは模倣自殺を招き、何とか生の側に踏みとどまっていた人の背中を押してしまう恐れがあります。といって黙殺すれば命を絶ってしまうほどの苦しみを不可視化することになる、という難しい問題が横たわっているわけです。だから慎重さが必要、という当たり前すぎる指摘を一応しておきます。
*特に断りがない限り、以下で使う「いじめ」という語は学校教育の中での生徒間のいじめ、「自殺」という語は「いじめ自殺」を指します

【More・・・】

■じゃあ、お前はどうなんだ。どうしろっていうんだ。
当然、そうなりますよね。私は深刻ないじめを受けた経験がありません。不登校体験はありますが、それは一般的に言う「いじめ」とは少し違う理由からきたものでした。というか、いじめられたのは私ではなかった。ですから考えていることにはあまりリアリティはないしものすごく的外れかもしれませんが、なんとか言語化を試みてみたいと思います。「お前に何がわかる」と言いたくなったら、どうぞご遠慮なくおっしゃってください。

■まず、「いじめの発生」と「自殺に追い込まれること」を何とか分離したい、と考えています。多くの場合自殺の背景には、いじめ被害やそれをもたらした人間関係が継続していて、今日明日にはそれが終焉しそうもない、という絶望感が存在するのではないかと思います。それも、生きながらえればその分苦しみが長引くだけだ、と信じ込ませてしまうほどの。おそらく、彼/彼女が今現在いる環境や、加害者を変えようとしても、成果は一朝一夕に出るものではありませんから間に合いません。ましてや、被害者の側に「闘え」とか言っても仕様のない話。上野千鶴子さんじゃありませんが、理不尽な暴力を受けてそれに抵抗できるのは、その力をすでに持っている者だけです。

だから、一度、その脈々と続く「いじめ」の関係性を物理的に切断しなければどうにもなりません。現状ではつまり「逃げろ」ということになります。緊急避難でもいい、むしろ緊急避難しなければ生き延びられない。現実に身体的・精神的な危機や死に繋がる状態から、まずは離れなければならないのです。
つまり、
・登校を強制しない。

学校の外でも学習権を保障する制度を充実させる。

・「逃げることができる」ということを生徒に十分アナウンスする。

・内申に不利になる、受験に響く、家族や周囲の無理解などが原因で「逃げる」ことが不可能にならないようにサポートする。

・生徒が気軽に相談に訪れることのできるスクールカウンセラーなどの充実。
これだけは最低限やらなければならないことです。そしてこれは行政の果たすべき義務だと、私は思っています。

■で、これはとりあえず被害を断ち切って、一息ついてから考えること。
・なぜ、すでに被害を受けている側が更なる負担を背負って「逃げる」という移動を行わなければならないのか。これは公平性に欠けるのではないか。

・いじめの一部には犯罪要件を構成するものもあるけれど、外部で個人が他の個人に対して行えば犯罪となるものが加害者が未成年であるから非犯罪化されるのはおかしいのではないか。

・加害者が未成年でも、学校外であれば非行として少年法が適用される。それさえ免れるのは、「学校の内部」という関係の特殊性ゆえではないか。それは家庭内での暴力が長らく非犯罪化されてきたDVや児童虐待の問題と通じるところがあるのではないか。「教育の自主性」が「家庭のプライバシー」と同様に集団の中の強者が弱者の権利やプライバシーを奪って支配する口実になっていないか。

・被害者が身体的・精神的・金銭的その他あらゆる被害を回復できるような体系的支援の確立。

・いじめが発生しやすい、あるいはいじめを発生させた状況そのものの改善。そこでは加害者側のケアや閉鎖的な学校制度の変容、といったものも射程に入ってくる。
この辺に関しては、私はまだこれ以上具体的なことを語りえません。
例えば「教育」という集団の権利に呑まれがちな生徒個人の権利を守るために、いじめの場に司法を介入させるという手がありますが、どうも今それをやると教育の独立性を奪うほうだけに機能しそうでロクなことにならない予感がします。また、2つ目の論点は少年法のあり方に繋がりますが、じゃあ未成年者にも成人と同じように責任を取らせようという話になると、青少年は成人に比べて権利は制限されているのに責任は同等に取らなければいけないというアンバランスなことになります。第一それでは「最近の若者はキレやすくて凶悪犯罪が増えているから厳罰化しなきゃ」という幾重にも間違った議論と同じところへたどり着いてしまいます。
どこでバランスを取ればいいのか、今の深海魚には妙案がサッパリ思いつきません。今後のいろんな議論を見守り、勉強させていただきながら、自分でも考えていきたいと思います。ただ、自分の中で最低限揺るがせたくないのは、この問題は被害者側が「強く」なることによって解決すべきではないということです。弱者が弱者のままで権利を侵されずに生きられるようにするものでなければ、本当の解決策とはとても言えません。

■注意しておきたいのは、おそらく「いじめ」が今になって急激に増えたわけではないと言うことです。もちろん、若者が急に凶暴化したわけでも教育が急に変質したわけでもありません。過去にも幾度か、「いじめ」やそれを苦にした自殺がニュースとして大きく取り上げられたことがありました。しかし逆に言えば、長年ずっと、いじめられている当人たちの苦痛が取り除かれずに放置され続けてきた、ということにもなります。
今「いじめ」は一種のブームであるかのように消費されています。こんなブームには乗りたくない。けれど、こうして注目が集まっているからこそ「声を上げるなら今」とも言えるのです。いかにして「いじめ」と「いじめ自殺」を一過性のブームで終わらせずに人々の意識上に残し、かといって俗論的な青少年バッシングや教育バッシングに回収されることもなく、とるべき対応を模索し続けていけるかが、今、問われているのかもしれません。

↓いじめられっこのあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : いじめ - ジャンル : 学校・教育

タグ : いじめ 自殺 少年 学校 教育

【編集】 |  21:29 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(6) | Top↑

Comment

●う~ん. . .
とりあえず最初に逃避の選択肢をしっかりと
提示しておくことはかなり有効だよねww

そこからの行動としては
・カウンセラーとの定期的な面談
・担任との面談により生徒の精神状態の把握
・カウンセラー、親、生徒での面談で家庭内に
問題がなかったかを検証

こんな感じでとりあえず身近なものに本人の状態を把握してもらって担任にはその現状を
学校側に(もちろん広くは伝わらないように
注意して)伝えた後彼の復学に向けて学校側が
対策を検討、出来ない場合は最悪他校への編入手続きを学校側が行うことが望ましいかな?タブン
中学なら地域にいくつかの学校があるから
引越しは必要ないと思うけど
高校だった場合引越しするかもしくは寮のある高校を選択するしかないね(泣)
まぁどちらにしても復学するまえにしっかりと精神状態が安定するまでケアが必要だから
期間的にはかなりかかるだろうけどね♪

俺が考えられるのはこんぐらいです。
たぶん穴だらけだろうな(泣)
今かなり脳みそが腐ってるしww
かゆ...うま...
ってかこの発言、的を得てる?
なんか見当違いな事のたまってる気がする...
まぁいぃや
雲銀 |  2006.11.30(木) 09:39 | URL |  【編集】
●おぉ
いかにも心理をかじっている人らしいコメントが。

んと、私的に被害者を「逃がす」のはあくまで緊急避難だととらえているんですよ。被害者のケアをするのも、周囲や家庭の無理解があったら是正するのも、あくまで本人が避難する妨げになるものを取り除き、被害を受ける前の状態に近いところまで回復するのを手助けするため。元の状態から変化させようとは、思わないわけです。
なので、「被害者の」家庭に問題がなかったかを調査する、とやってしまうと被害者本人やその家庭環境、つまり被害者側に問題の原因があるかのようになってしまわないでしょうか。被害者の「問題」を直していじめられない子にする、っていうのだけはやっちゃいけないんじゃないかと思います。
繰り返していうけれど、「逃げる」というのはあくまでその場にとどまるより「マシ」な選択肢でしかない、ということです。「マシ」になったからいいじゃないといって被害者を隔離しておしまいにしてはいけない。といって、本人が変化することに解決を求めてもいけない。なぜ彼・彼女が「逃げ」なければならないのか、なぜすでに苦しんでいる人が再びライフスタイルの変更という負担(それはいじめの負担よりずっと軽いものであったとしても)に耐えなければいけないのか。それを生み出す環境自体を問い直すことも、「逃げる」手段の提供と同時にやらなければならないことです。ただ、そういった大きな枠組みの話を優先していては現在の被害者にとっては「間に合わない」ので、その前にまず、最低限確保しなきゃいけないことがあるだろう。マクロな問題を考えるのはその次だ、というのが記事の趣旨でした。

後ね、的は得るものじゃなくて射るものですぜ、兄ちゃん(笑)
深海魚 |  2006.11.30(木) 14:27 | URL |  【編集】
●う. . .最後の言葉は効いた. . .(泣)
そうか. . .確かに的を得てどうするんだろ. . .

まぁえぇかww
得た的はヤフオクで売るんだろww

まずはじめに親と子でのカウンセラーについてやが、別にいじめられた子自身を改善させるなどという人体改造まがいな思想はございませんww
主にいじめられた子が現在の状況をどう感じているか、親が子供の状況に感知していたか、あるいは以前に子供のほうから親にいじめられていると相談したことがあるか、などなどといった情報をより詳しいものにするためのものであって決して「お宅のお子さんがおどおどしてるからいけないんですよ!でなけりゃいじめなんざぁ起こらないでしょ!!俺に助けて欲しけりゃもっと上等なケーキ出せやゴラ~\(`Д´ )」とかいいたいわけでもいじめられっ子の考えを変化させようなぞとは毛頭思ってませんw
あ、でも両親の方が子の現状について無関心すぎた場合はあるいは少し意識してもらうように言うかもしれません。復学するにしろ転校するにしろ当分の間は家族で支えあって子供の望んだ形での再復帰の手助けをしてもらうのがえぇからな♪
あと、学校からいじめをなくすことは世界から戦争をなくすのと同等の難しさを誇ると思います。さらにいうといじめに弱き者(被害者)も強き者(加害者)もいません。集団生活において万人が仲良しになるっということはないのはいわんでもえぇと思うけど、そうしたなかではじめは本当にちょっとしたきっかけで対立していた人間関係が生まれたとしてその二者間で比較したときより積極的なものが加害者(いじめっこ)で消極的なものが被害者(いじめられっこ)になったに過ぎません。ここで問題なのは消極的な本人でも積極的な彼でもなくその二者間の関係です。いってしまえば“たまたま”今回いじめられっ子のいた「社会」では彼にあった環境ではなかったというだけの話です。なのでここで今までに傷ついた心を癒した後、新たな「社会」での復帰を提示するんであっていじめられた子を逃がしているわけでもカウンセラーがめんどくさがって問題を放棄しているものではありません。これを隔離というより再導入、再始動っていえるとえぇなw(ぇ
あとそうそう、転校するよりも復学のほうがより本人に負担はかかるよ?もちろん最終的な希望は本人が望んだものだけどね。
んで、一番深海魚が聞きたいであろう問題の起こる環境の改善についてだがそれをやることは不可能かもしれない(泣)
そもそもどうやって意識改革する?
教育にいじめについて議論する時間を設ける?ビラ配りでいじめをなくそうと街頭演説する?それとも教育法とか刑法を変えていじめを罰す?いくら法やら規定でがんじがらめにしても必ず穴がでる。穴から漏れた被害はいずれ広がり後に守りの法もまた崩れてしまいそうや(泣)
人間生きていくうえで憎まないことなんてないんよ、んでどうやったってそれは何らかの行為に出てしまう。む~. . .まだなんかいいたいような気がするが右にあるカーソルの小ささから察するにすでにかなり長文な駄文を書いてるに違いない. . .(泣)
本当に申し訳ないです、えぇこんな的外れなレスを書いちゃう俺なんか週2で定期的に死んだほうがいいな. . .とりあえず以上です。
長々とした文をここまで読んでくれた暇人に心より感謝いたします。とくに何の得にもならないのに. . .まったく時間をどぶに捨ててるよw
雲銀 |  2006.12.01(金) 15:48 | URL |  【編集】
●「当」なら得られるよ!
>別にいじめられた子自身を改善させるなどという人体改造まがいな思想はございませんww
あ、よかった。私もまさかねとは思ったんですけど、たまにこれを言い出す人がいるんで念のため確認しました。失礼でゴメンよ。

うん、もちろん学校を離れるのも転校するのも「アリ」だと思います。というか、そこを否定してしまったら救えるものも救えないし。で、「いじめ」の関係性を切断した結果本人が傷を回復してより良く生きられる環境を手に入れられたのなら、それでその本人に関しては「おしまい」でもいいんです。
ただ、そこから(順番を間違えないこと)考えてほしいのは個別な問題以外のところなわけ。私が本文の後半であげてたのは、そういう例なんですね。コメントの「なぜ彼・彼女が『逃げ』なければいけないのか」という問いかけも、具体的な誰かについてというより、いじめられた側が負担を払う形以外でどうにかできないのか?という普遍的な問いだと思ってください。
集団の中で誰もが仲良くするのは無理、というのと、誰かを暴力を伴う形で排除する、ということの間には隔たりがあります。いじめっ子やいじめられっ子になるのに「偶然」そこに居合わせてしまった「誰にでもありうる」こと、という要素が強いのであれば、それは「仲良くできない」ことと「排除=いじめ」が直で結びついてしまう場である、ということになりますよね。これでは、いくら個々のいじめの関係性(これ多くの場合、二者の関係じゃなくて多数対一の関係じゃない?あと、傍観者の存在も大きかったりするし)を解体したところでまた同じことの繰り返しになるしかありません。

そこで、前者と後者の直結を切り離す方法=そういう関係を生み出しやすい環境を何とか変えられないか、ということをどうしても考えざるを得なくなります。例えば、小学校なんかで人間関係が学校やクラスに固定されてしまうことで、そこでのストレスの発散の場がなくなる、ということが背景にあるのならばその辺をもっと流動にする、という具合にね。あるいは、仲良くするのもしないのも勝手だけれど、他者を侵害する「勝手」は許されないという社会のルールを徹底する、というのも一つの戦略ではあります。問題は色々あるだろうけど。
もちろん、容易なことではないんだろうけれど、例えば挙げてくれた「戦争」の例なら第一次世界大戦の後に国際連盟が、第二次世界大戦の後に国際連合が作られたように、不十分でも何らかの手を打っていけるのではないかと思います。日本でいじめと学校のあり方について取り上げている有名な人っていうと、内藤朝雄さんとかかな。

って、ここまで書いて気づいたんだけど、雲銀サマが書いてくれたのってもしかしてスクールカウンセラーや「被害者」から相談を受けたカウンセラーさんのとるべき行動、だったりします?それだったら確かに当事者を回復させて場合によっては新たな環境を提示する、までが仕事ですね。基本的に。

あと、素朴な疑問なんだけど、「いじめっ子の家庭に問題がなかったか」は調べなくていいの?いじめっ子個人をどうこうしてもしかたがない、ということでしょうか?
深海魚 |  2006.12.05(火) 00:05 | URL |  【編集】
●んじゃあ「当」を得ますかなww. . .ヤフオクで
はじめに答えておくと、確かに今まで言ってきたことは「カウンセラー」の立場からの見解でしたww
それゆえに「いじめは起こってしまうもの、ではその起こってしまった後どうするか」みたいなことしか書いていまへんww
だから環境のメカニズムについて何の考えも持たないからなんとなく「仲たがいがある」=「いじめが起こる」みたいな事を愚かにも考えていたりしますww
でも改めてこの前者と後者の関係を断つことについて考えてみやすかなw
小学校なんかで人間関係が学校やクラスに固定されてしまうことで、そこでのストレスの発散の場がなくなる、ということが背景にあるのならばその辺をもっと流動にする、という具合にね。あるいは、仲良くするのもしないのも勝手だけれど、他者を侵害する「勝手」は許されないという社会のルールを徹底する、というのも一つの戦略ではあります。

前者はえぇとおもうw
これなら馬が合わない同士出会ってもまたクラスが変わればそれもなくなる可能性がある。もちろんクラス外にまでいじめの範囲が広がっていた場合はあまり意味を成さないし、仲良かった人同士だったのがクラス変更によって離れた挙句いじめに会うという可能性もありやけど。でもそこは教師が暮らす内でのグループに目を向けてその仲間単位ででクラス変更させるというのも対策ではあるかな?あ、でもそれだと孤立した人間はいつまでたっても孤立なんだよな(泣)
ここで重要なのは何もいじめられるということだけが精神を蝕むわけではないことやな。
友達が出来なくって孤立してしまい、別段いじめを受けているわけではないけど登校することが辛く感じる子だっているってことや。
それで辛くなって遺書に「つらい」「仲間がいない」とか書いたとして一見いじめられていたように見えたとしても(こういった場合自殺者はいじめられていたと思うことがある)加害者本人には自覚がないんよ(泣)
だから後者の案は効果が薄いかな、そもそも彼ら自分が人を傷つけているという自覚がないんや、ルールをいくら徹底しても彼らは己が正義だと思っちゃうと思うよ。
そういう可能性のこともあるからいじめていた側(と被害者が考えている)の人とはあまり面談はしないんじゃないかな。あからさまに関与しているなら話は別やけど被害者から見れば傍観者も加害者になるからね。それにもともとカウンセラーに加害者と面談するだけの力はないと思う。カウンセリングはあくまでカウンセリングやからね、相手側からあって話がしたいとでもいわない限りあうことも出来まへんわ(泣)
まあ、たしかにどんな戦略をとっても問題が浮上しちゃいますね(泣)
いっそ日本全土の児童の脳内に爆弾とか埋め込んで他人の苦痛で快楽を得たら爆発するっとかにしたいですわ(泣)
でもきっとそんなことしたら一ヶ月たたずに子供がいなくなっちゃいそうだよなww
それはそれで楽しそうだけどね♪(ぇ
どうしたものかね. . .
ってかこれについて一度思いっきり語り合いたいなww
文字でやるとどうしても情報が制限される(泣)
雲銀 |  2006.12.05(火) 23:27 | URL |  【編集】
●的:1000円 弓:3500円 矢(50本セット):500円 当:Priceless
むむむ・・・なるほど。どうも自分の中の「いじめ」観が相当貧しかったようです。勉強になりましたです。

>それで辛くなって遺書に「つらい」「仲間がいない」とか書いたとして一見いじめられていたように見えたとしても(こういった場合自殺者はいじめられていたと思うことがある)加害者本人には自覚がないんよ(泣)
これ、難しいんですよね、よく考えたら。いじめといじめじゃないものの境って。私はなるべく「いじめられた」側に寄り添って考えたいと思っていますけど(全然寄り添えてないけどね)

>友達が出来なくって孤立してしまい、別段いじめを受けているわけではないけど登校することが辛く感じる子だっているってことや。
はい、痛いほどわかってます。
私自身、「いじめ」を原因としない不登校児だったので。もっとも単なる孤立、というわけでもありませんでしたけどね。

>いっそ日本全土の児童の脳内に爆弾とか埋め込んで他人の苦痛で快楽を得たら爆発するっとかにしたいですわ(泣)
でもきっとそんなことしたら一ヶ月たたずに子供がいなくなっちゃいそうだよなww

大人の世界にもいじめはありますから、まずは発言権のある大人から埋め込みましょう(笑)

語り合いたいですねー。
そしてまた約1名を完全放置した居酒屋口プロレスが勃発するという・・・
深海魚 |  2006.12.11(月) 00:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。