FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2006年11月11日(土)

ウチで宣伝しても売れんと思うよ。 

猫と炎と。にて林弘美さんという方からコメントをいただいたわけですが。

こんなものを見つけました。
欠番指定 - 独り言 - 「準ひきこ森」からの便り ■追記あり

大学における「準ひきこもり」なる概念について言及したブログに、論文を発表した樋口康彦氏の著書『「準」ひきこ森―人はなぜ孤立してしまうのか?』を紹介、絶賛するコメントが書き込まれ、その複数のIPアドレスが同氏の所属する富山国際大学のものだった、というミステリーが次のブログで紹介されています。

(・・・)

コメント主は中森準平iDES様によると、問題の著書に登場する架空の人物とのこと)または林弘美を名乗ります。
(強調は原文による)

どうやら当「焼きザカナ」は海千山千の言論界での権勢確保をめぐるミステリーに巻き込まれた模様でございます。そしてしまいには「お前は多くを知りすぎた・・・」とかいって後ろから刺されるのですね。こんなところで若い身空を散らすことになるなんて、これも全て記事のタイトルに天敵たる(深海魚は魚類ですから)「猫」なんて不吉なシンボルを入れた所為なのでしょうか。

・・・ハイ、ちょっと金星辺りからの電波を受信したようなので落ち着きますね。
ええと、まあ、「準ひきこもり」という言葉をチラッと使用しただけの私のところに紋切り型のようなコメントを残すということはきっと検索かなんかでたどり着いて宣伝なさってるのだな、とはピンときてましたがこの記事を見てアクセス履歴を覗いて見ますと・・・
わぁい、ほんとにあったぞ富山県からのアクセス(笑)

【More・・・】

というわけで、「はいはいはい、ウチにも森の住人さんが来ました!」と申告しに行こうかと思ったらとっくに捕捉されていました。

欠番指定 - 独り言 - 「準ひきこ森」の使者の足跡 ■追記あり

36.今夜の焼きザカナ 猫と炎と。 2006/10/25 14:42

こうしてみると他の森の住人さんの足跡は「準ひきこもり」と関連した話題がほとんどです。な、なんか私のところだけ空気読んでないぞ。

基本的に本の紹介は大歓迎だし、コピペによるマルチポストとはいえやりとりも成り立っているのでそれほどマナーがどうのと目くじら立てる気はありませんが。しかし、ウチで宣伝しても売れないと思いますよー?
いや、でもいいもん見せていただきました。

■で、私は有言実行がモットーなので当該書には立ち読みで目を通しました。

うん、えっとね。
正直、時間を返せ。

ネット上の反応を見たところ皆さん結構納得しておられるようなんで不当評価の可能性も高いのですけど、私にはつまんなかったです。アニメ、ゲーム、フィギュアなどに没頭しすぎていつの間にか(孤立という)森に迷い込んで・・・的な記述がある時点で「ハイハイまたかよ」と思ってしまいました。世の中には「準ひきこもり」的な人間だってそりゃあいるでしょうが(私だってコミュニケーション能力は相当低いですよ、買い物に行って店員さんに品物の位置を訊くことさえつい最近までできなかったんだから)、で、だからなんだって言うのさ。本人の生育暦や「甘え」などに問題を帰して何か解決するとでも?
(立ち読みなので、要点を読み落としている可能性があります。気になる方は本屋へどうぞどうせなら私のアフィリエイトで買えばいいじゃない→「準」ひきこ森―人はなぜ孤立してしまうのか? / 樋口 康彦

ところで気づいたんだけれど、皆さんこの「準ひきこもり」という概念に出会うと、それを肯定するにしろ否定するにしろ「準ひきこもり的な」自分を発見して語りたくなりませんかね?割と誰にでも思い当たる節があるほど広い概念ですから、かるーい自己分析のツールとして消費されていく気がします。

↓深海魚にはむしろひきこもっててほしいあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

タグ : 準ひきこ森 樋口康彦 富山国際大学 マルチポスト

【編集】 |  23:05 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |