FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2006年10月14日(土)

国家の品格?(笑) 後編 

国家の品格 国家の品格
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社

この商品の詳細を見る
*深海魚による、あえて壮言大語の重箱の隅をマジメにつつく『国家の品格』批判。前編と続けてごらんください。
*私と同じ点に言及している(批判の中身は少し違いますけど)ブログ様を見つけたのでリンク&トラックバックさせていただきます。同じFC2なあたり親近感が(笑)
日常ぶんか社会学 ~sociological analysis of everyday life culture~
『国家の品格』の品格 3章 この発言やばくない?
『国家の品格』の品格 4章 あれ、まともかな?


■そして2つめ。

>私は、ガーナ人でガーナを愛さない奴がいたらブッ飛ばします。韓国人で韓国を愛さない奴がいたら張り飛ばします。仮に張り飛ばさなくても、少なくともそういう人間とは絶対に付き合いません。根無し草と付き合っても、何一つ学ぶものがないからです。
(P.112)

>日本人は日本人のように思い、考え、行動して初めて国際社会の場で価値を持つ。ガーナ人はガーナ人のように思い、考え、行動して初めて価値があるということです。
(P.147)

この人は、人は国家に根をはるか根無し草になるかの2択しかないと思っているようですがね。国を持たない人々や何らかの理由で国籍国と出生国、血統上の祖国がバラバラであったり複数にわたっている人たちはどうすればいいんでしょうか。自分の話になっちゃって申し訳ないんだけど、私なんかも上記の理由で「国を愛せ、の国ってどこ?」と首をかしげざるを得ないわけで、この著者が言うような祖国愛なんて持ちようがないんだよね。
もちろん祖国と呼べるものが複数あったからといって必ずしも私のような考えに至るわけではないのだけれど、こういう境遇にある人間は例え明確なナショナル・アイデンティティをもっていたとしても第三者からその通りに見られるとは限りません。またまた自分を例に出しますけども、私も「中国人」と呼ばれることもあれば「もう日本人だよね」なんて言われることもあります。ありえない仮定だけど、例えば私が日本と中国の両方にルーツを持つにもかかわらず「自分は日本人」という自己規定を持ち、日本を愛し、日本人的だと自分が思うように考え、行動していたとします。自分ではいっぱしの愛国者気取りです。しかしもし第三者から見て私が「中国人」に見えていれば、私は「中国人なのに中国を愛していない」ことになってしまい、国を愛していない根無し草として認識されてしまいます。本人の内心や行動に関わらず、祖国愛がないと判断される可能性を私たちは内包しているんですね。
「人間は祖国を愛して当たり前」という意見は、祖国とは自明のもので、その上で「愛す」か「愛さない」か選択する、という構図ですから、誰もが明確で疑問をさしはさむ余地のない「祖国」を持っているという前提に立たなければ成り立ちません。それとも、明確な祖国を持っていない人間は生まれながらに付き合う価値のない根無し草だとでも言うつもりでしょうか。私たちの一部はグローバリゼーションの産物ですから、反グローバル派の藤原さんにとってはなるべくいないほうがいいとでも?

いくら藤原正彦憎しに染まった私でも、国を持たなかったり複数持つ人々を彼が本気で敵視しているとは思いませんけどね。おそらくは単に忘れていたか、読者/聞き手として想定していなかったんでしょう。
しかし、この本の元になった講演は城西国際大学の主催で行われた(正確には東芝国際交流財団との共催ですが)国際理解をテーマにした公開講座でのものです。そう、国際大学。「祖国」の自認があいまいであったり自認と他者の認識が一致しない人間が少なくとも他の場所よりは多いだろうと考えられる場で、彼らの存在を完全忘却した発言ができるその神経に感服いたします。「ブッ飛ばします。」だって?あたしゃアンタをブッ飛ばしたいよ。

【More・・・】

■あ、非常に細かい点になりますがもう1つ。

>なお、虫の音を楽しむというのは、欧米にはもちろん中国や韓国にもないことだそうです。

ダウト!
韓国は虫の音が美しい時期に訪問したことがありませんのでわかりませんが、中国には確実にあります。唐詩には「今夜偏知春気暖、虫声新透緑窓紗(意訳:ああ、もう暖かい春がそこまで来ているのだなあ。それを知ったのは、今夜、今年初めての虫の音が緑の窓網から聞こえてきているためだよ。)」という一節がありますし(もちろん、これだけじゃないよ)、他にも、昔から鈴虫やコオロギを竹の葉で編んだ小さなかごや竹を削って彫刻を施した容器に入れて飼い、その鳴き声を楽しむという習慣だって存在します。今でも、季節になれば街角に虫の行商が沢山きています。
こんな虫の音シーズンに1度でも中国を旅するか、旅したことのある人間に話を聞けばすぐにわかることさえ、何で裏づけを取らないで適当書くかなあ。

■というかね、グローバリゼーションや市場原理主義に問題があるとおっしゃるならそれはそうでしょう。それらが福祉や教育を後退させ、一部の「勝ち組」を除いた大部分の人々の生活を悪化させる可能性があることは多くの人が指摘しています。西洋の近代合理主義には限界がある。その通り。合理主義が植民地主義や差別にストップをかけられなかったどころか加担してしまったことは歴史的事実として私たちの誰もが知っています。
けれど、歴史を巻き戻すことはできませんし、自由や平等や民主主義に限界があるからといってじゃあそれらを投げ捨ててそれらが存在する以前の時代に戻ればいいかというと、それがよりよき選択であるとはとても思えません。必要なのは既存の概念のどこがなぜ限界を迎えてしまったのか検討し、新たにそれを越えた理論を組み上げていく作業でしょう。当然それは世界のどこにもまだ存在しないものになりますから、一筋縄ではいかない作業になります。それを武士道にカエレだとか「たかが経済」と思えばいいとかそんな風に単純化するなんて、アホじゃないの?

オススメ度:★☆☆☆☆
評価対象からはずしてやりたいところだけれど、私をこれだけ怒らせたその扇動力に免じて★1つ差し上げます。

■ここまで書くと、私がまるで罵倒するためだけにこの本を買って時間を割いて読むという不毛な行為をしたように見えますが、実は授業の一環で『国家の品格』を鼻で笑う会・・・あ、間違えた。『国家の品格』の読書会に参加したのでそのために読んだものなんですね。私は怒りが先に立ってしまって笑う余裕もなく全力で叩きに回っていましたし、皆さん賛同にしろ批判にしろマジで読んでいましたので実際に鼻で笑えていたのは教授1人でしたが。

 教授:「エッセイとして読んだら面白いのかもしれないけど、社会運動史的には間違ってるね。というか具体的な国家のとるべき政策を何一つ語ってないから国家論ですらないんだけどね。まあトンデモ本なんだけど、トンデモ本がこれだけ売れるという事実のほうが僕は学問的興味を感じるなあ。
えっ、○○さん(参加してた学生)この本先生に勧められて読んだの?勧めてたの、うちの先生が?この本を?(笑)」

その先生の名前を聞きだして扱き下ろさなかっただけ大人ではありますが・・・
教授、お気持ちはわかりますけども。本音がチラリズムとかポロリとか通り越して、もうモロですモロ。全開です。いやんえっち。

↓ポロリもあるあなたはコチラ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 売れてる本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 書評 藤原正彦 国家の品格 新潮新書

【編集】 |  21:48 |  ファイル倉庫  | TB(1)  | CM(2) | Top↑

Comment

●こっちでは褒められてた訳だが
あー、バイトから帰って来た疲れた脳味噌でコメントするのでどこかずれていると思うがそこは見逃してくれ。

長野から来ている教授の授業を受けてるんだが、その人が「国家の品格を読め」って言ってた。
それに続いて言った事が「中国は第二次大戦の原因はドイツが賠償金に追い詰められたからだと知っていたから日本に賠償金請求しなかった」とか
「日本とアメリカが変に制裁をしたから北朝鮮は核実験をしたんだ」とか
「日本の戦争責任が(以下略


とりあえず、「国家の品格」は今度立ち読みだけしておく。
それと、深海魚の論点も中々的を得ていると思うぞ、俺は。
読んでない俺が言うのもアレだが……
MR-T |  2006.10.18(水) 00:09 | URL |  【編集】
●え、あれって壮大なネタ本でしょ?
あ、トンデモ本を素直に信じちゃってる人発見(笑)>その教授

>それに続いて言った事が「中国は第二次大戦の原因はドイツが賠償金に追い詰められたからだと知っていたから日本に賠償金請求しなかった」とか
「日本とアメリカが変に制裁をしたから北朝鮮は核実験をしたんだ」とか
「日本の戦争責任が(以下略


中国が賠償請求放棄して日本と国交正常化したのは72年のことで、日本は経済的にだいぶ発展してたから追い詰められる心配はなかったと思いますけどね。実際、賠償金あげた国もあるけど追い詰められてなんかいないし。おそらく、賠償金よりも早く国交樹立して中華民国でなく中華人民共和国を「正式な中国」として承認させることのほうが利益が大きいと踏んだんでしょう。
まあ、北朝鮮にあまり強硬姿勢をとるのは逆効果になる恐れがあるっていうのはいろんな人が言ってますね。私もそう思いますし。問題は「制裁されたから仕方ないんだ」と本人が開き直っちゃダメということです。これ、戦前の日本にも言えますよね。他国が「まあ、あれだけ追い詰められてちゃなあ」と思うのはともかく、よその国に攻め込んだ当人が「追い詰められたから仕方なく攻め込んだんだ、俺は悪くない」とか言い出したらそりゃあ、ただの逆切れです。
日本の戦争責任については・・・おそらく「ない」と言いたいんでしょうけど、略されてるとわからないなあ。なので、勝手に続きを推測しますけど、東京裁判やらA級戦犯に関して言うならば、彼らをスケープゴートにしたおかげで天皇や他の指導者は責任を免れましたし、その後日本が国際社会でのし上がることができたので日本にもうまみは沢山あったんですよ。それを否定するなら外交を振り出しに戻して天皇の責任を問うところから始めなきゃいけなくなりますけど(笑)本気でやる気なら、止めませんけどね。

というわけで、その先生にはうちの教授の発言を見せてあげたらどうでしょう?(笑)

というか、日本の近現代や戦争について知りたいなら『国家の品格』よりもっときちんと分析した本が山ほどあるのでそっちを読んだほうが良いと思うのですよ。『国家の品格』は立ち読みして鼻で笑うだけで十分です。
それより『国家と犠牲』でも読んで私の代わりにレジュメ書いてくれない?(死にそう)
深海魚 |  2006.10.18(水) 04:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

コメントスパムとどう戦うか。いたちごっこをしているMR-Tです。今日のバイト(@六本木ヒルズ)は四時で終了。でも自宅帰還は八時。4時間も何をしていたか……バイト終了後→現地カフェでクレープを食す→地下鉄で池袋へ移動→リブロに突入→「国家の....
2006/10/27(金) 00:24:24 | 俺的電視台
 | HOME |