FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2006年08月15日(火)

旅日記その1・天津雑感 

*この記事は現地で書いたメモを見ながら帰国後に書いています
親戚の住む天津を久々に訪れました。首都・北京に近い工業都市で、小さいころここでお世話になっていた私にとっては第2のホームタウンでもあります。
北京の近くだよ
参考:
天津 - Wikipedia
気候は、夏は日本と同等かそれ以上に暑く、冬は氷点下は当たり前というなかなかに激しいお土地柄です。

■北京空港から天津を結ぶバスから降りて、最初に驚いたのは道路を走る自家用車の多さでした。つい数年前には、タクシーやバスがほとんどだったのに。中国都市部での交通手段といえば1元払ってバスに乗る、というイメージを持っていたのですが、富裕層を中心に自家用車や地下鉄での移動も普及してきているようです。
あ、「中国といえば自転車で大移動」というのは少なくとも天津ではだいぶ古いイメージですので、これを機会に書き換えてくださいね。

都市開発も盛んに行われていて、古い団地やごみごみした路地がきちんと区画整理された集合住宅と広い道路に生まれ変わりつつありました。私の原風景がなくなっていくようで、ちょっと寂しい。
ただ、建築自体はきれいなのですがメンテナンスや清掃などが行き届いていない部分も多く、日本に比べるとどうしても乱雑な印象があります。日本の清潔志向が行きすぎと言われればそれまでですが。

【More・・・】

■そうした目につく発達の一方、地域の新聞を開くと報道されている事件の大半は「窃盗」だったりもします。それも、食うに困ってというものが多い。また、貧しい家庭や障害児の生まれた家庭などで親が赤ん坊を捨ててしまうこと(棄嬰)が社会問題化しているらしく、連日大きく特集されていました。
他方で、現代日本より格段に厳しい受験戦争ゆえか、成績のことで親に小言を言われた中学生が自殺をした、などという記事もあります。
飛び降り自殺だそうです。ご冥福をお祈りします。
これは中産階級以上の、比較的高度な教育を受けられる家庭のお話。経済水準によって多発する事件の種類も分極化しているのかもしれません。

少し郊外に行くと、不自然なほど鮮やかな緑色の川が流れていて、それが橋一つ越えると真っ赤に変わり、また少し行くと緑に戻るという光景に出会い、吃驚したりもしました。

急速に経済が発展する傍ら、貧富の差からくる社会不安や進む環境破壊など、ひずみも多く出てきてしまっている模様です。高度成長期の日本の有様を大げさに再現した感じ、でしょうか。マズイって、それ。

■この日小泉首相の靖国神社参拝があったので、ニュースで大きく取り上げられているだろうと思いテレビをつけたのですが、案外扱いは小さかったです。確かに番組の最初のほうで報道されるんだけど、通り一遍の歴史問題云々を早口でしゃべって「ハイ、次!」という状態。旱魃など国内の災害・事件のほうがよっぽど大事という様子でした。
ふと気づいたんですが、中国で靖国問題を取り上げる場合、焦点にされるのは「A級戦犯が合祀されている施設に公式に参拝に行くことの歴史認識」のみなんですね。政教分離や靖国が戦没者を公的に追悼する場としてふさわしいかどうかなど、日本国内の諸問題は日本で勝手にどうにかしてください、うちらは興味ありません、ということらしいです。当たり前といえば、当たり前ですけども。

終戦記念日だったので抗日戦争記念特番などもあったはずですが、家族も親族も誰ひとり観ようとしませんでした。私にチャンネル権はないので、確認できず。興味深いものが観られることを期待していたのに残念です。

 母:「なるべくこの日に来るのは避けてるんだけどね・・・」

あ、やっぱり避けてたんだ。私や妹が混乱するといけないから、というのが理由みたいです。私自身は「日本と中国どちらを選ぶんだ!」「日本人/中国人ならこう考えるべき!」とかやられなければ案外大丈夫ですが。むしろ嬉々として首つっこみます。

■近所にネットカフェがあったので入ってみました。
置いてあるパソコンで入力できるのは簡体字の中国語と英語、朝鮮語。読むだけなら日本語も読めたのでメッセンジャーを使って友人と向こうは日本語、コチラはローマ字でチャットしていました。我ながら、ここまで来てそんなことして何が楽しいんだろう。

日本のネットカフェと比べて、ユーザーの使える機能に制限が多いのが気になりました。IEのアドレスバーを書き換えようとしたり、Web上でログインをしようとしたりするとエラーで落ちるし。おかげでメールチェックできなかったじゃねぇかコンチキショウ。
それから、特に内容に問題があるとも思えない一部ページが「サーバーが見つかりません」となって表示されないのが気になりました。削除されたわけでも、サーバーエラーがでていたわけでもないのだけれど。
例:保坂展人のどこどこ日記
これがウワサの情報統制ってやつでしょうか。フィルタリング自体はそう珍しいものでもありませんが、情報がブロックされたことを通知せず、まるで表示しようとした情報が存在しなかったかのように振舞うのははじめて見ました。

値段は1時間4元(約60円)でドリンク別。基本的な物価が日本の数分の1で、ちょっとしたおもてなしに使う料理屋さんでライスを頼んで1元なのを考えると、少し高めです。
天津の菜館のメニュー
日用品に比べて値段が高いのは娯楽全般に言えることで、映画のチケットなどは70元(約1000円)~100元もして、日本で観るのと変わらない値段になってしまっているそうです。最初から生活に余裕がある層だけを対象にしているんでしょうね。

■のどが渇いたので飲み物を買ってみる。
あま~い!
ミネラルウォーターは以前からありましたが、ペットボトル入りのお茶を見かけるようになったのは最近です。それまでは冷たいお茶を飲むという習慣がなかったんだよね。

それじゃ、いただきまs・・・ブフッ

な、なにこれ。緑茶なのに甘ったるい。パッケージをよく見ると「低糖緑茶 蜂蜜入り」と書かれています。ちょっと待って、緑茶に砂糖や蜂蜜入れるのって普通なの?低糖ってことは通常はもっと入ってんの?!
アイスティーのような味わいで、不味くはないです。不味くはないのですが・・・なんというか、新しい。

■今日のひとこと中国
ネットカフェ→「网吧(ワンバー)」
网站、网点なども同意です。本来ならそれぞれインターネットバー、インタネットステーションなどと訳した方がいいのでしょうが。

↓蜂蜜入り緑茶が飲みたいあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 中国旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 中国 旅行 天津

【編集】 |  14:06 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |