FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2006年08月01日(火)

♪ミッキマウス ミッキマウス ミッキミッキマウス 

■サークルの愉快な仲間たちと東京ディズニーシーに行ってきました。シーは初めてだったのですが、ランドに比べてアトラクションが少ない代わりに町の造形や世界観が凝ってる感じでした。私はこっちのほうが好きです(少数派)

一番家からディズニーに近いはずの先輩が大寝坊して夜7時くらいになってから現れたりとか、いろいろ波乱万丈でしたが楽しかったです。

【More・・・】

■ディズニーといえばミッキーやミニーの被り物ですが、誰かの提案により(私だったかも)全員が被り物をして歩かなければいけないというルールになりました。
アラビアの魔術師風の帽子だとか、ニモの被り物だとか、ウサ耳+ティアラ(注:男)だとかが歩き回る中、ティガーの耳カチューシャという無難アイテムで逃げを打った自分を心より恥じます。個人的には最初この世の終わりのように嫌がって逃げ回っていた同輩ラッシー君(あだ名)にウエディングハットつきのミッキー耳を被せられたので、満足していますが。

■そんなご一行ですから、当然悪目立ちします。お祭り気分で浮かれているディズニーの中の人たちに混ざっていても、目立ちます。
道行く子どもやカップルが振り返るなんて毎度のこと。「すごいね」という言葉とともに噴出す声が聞こえてきても気にしない。そんな感じで練り歩いていたら、先頭の特に目立つ人たちがイベント進行係のお姉さんに呼び止められました。

 お姉さん:「皆さん、私と勝負して勝ったらプレゼントをあげますよ~」

みんなで相談してじゃんけんで同じ手を出して、それがお姉さんに勝ったら何かくださるとのこと。さっそくみんなで丸く輪になります。ところが前述のラッシー君が逃げようとするのね。「ラッシー、戻っておいでー」と連れ戻すと、お姉さんが何かを察知したご様子です。
もちろんこういう勝負で客側が「負ける」ことなどないのでありまして。

 お姉さん:「賞品は5周年記念のステッカーでーす。男の子はミッキー、女の子はミニーちゃんね」
 一同:「わーい」

あれ、なぜかラッシーだけステッカーを貰えずに取り残されてるぞ?

 お姉さん:「あ、ゴメンナサイちょっと間違いがあって1枚だけ模様が違うんです~」
 ラッシー:「・・・?あ、いや、そんなこともあります」
 お姉さん:「プルートっていうワンちゃんなんですけど~。1人だけワンしか言えないんですよね~。じゃあ、ワンって言ったらこれプレゼントします!
 ラッシー:「~~~~!!」
 お姉さん:「プルート!って呼んだらワンって返事してくださいね~。ほら、『プルート!』」
 ラッシー:「・・・・・・ワン!」

あだ名が「ラッシー」というだけでここまでアドリブが利くとは、これがプロのなせる技か!あの、すいませんお腹がよじれて息が出来ません・・・

■オマケ
分煙徹底中
私だけ禁煙?ピンポイント?!

■今日のひとこと中国語
ディズニーリゾート→「迪斯尼楽園(ディーズニーローユァン)」
楽園です。ファンタジーです。

↓夢と魔法の王国の住人はコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : ありのまま日記 - ジャンル : 日記

【編集】 |  23:55 |  日常  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

●No Subject
わんわんわんわんわん!(必死)
雲銀 |  2006.08.04(金) 00:20 | URL |  【編集】
●No Subject
はいはいすてっかーすてっかー
お土産にティガー耳あげましょうか?(笑)
深海魚 |  2006.08.05(土) 01:27 | URL |  【編集】
●No Subject
ティガーよりはやっぱりミッキーのがえぇ~!
ってかよく考えたら一回俺溝口をサンタ帽かぶって
徘徊したことがあった(泣)
今思うと人生の汚点や. . .消し去りてぇ~!!
雲銀 |  2006.08.05(土) 01:34 | URL |  【編集】
●No Subject
>溝口をサンタ帽かぶって徘徊
夢の国内部でもないのに・・・勇者ですな。
と思いましたが、この間どこかに私のティガー耳を被ったままお外でサッカーしてたつわものがいました(笑)
深海魚 |  2006.08.05(土) 14:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |