2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--年--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006年06月29日(木)

語学シュミ。 

■中国語コーナーなんてやっているからか、語学が好きなの、と訊かれることがよくあります。とんでもない、嫌いも嫌い、大嫌いさ。
いや、ただ「嫌い」と言い切ってしまうと語弊があるかもしれない。言葉の成り立ちやジェスチャーの表し方なんかが言語によって違うのは面白いと思うし、言語の小ネタを集めるのも楽しいのです。

たとえば・・・
・英語の"News"が中国語では直訳で「新聞」なのに日本語で新聞というとNewspaperになってしまうのはなぜだろう、とか

・英語なら"I'm Coming!"なのに日本語なら「イク」なのはどうしてだろう、とかね!
これに関してはもともとは「死ぬゥ」といっていたのが縁起が悪いからという理由で「生く」になったという説があります。「ナシ」が「ありの実」と呼ばれいていたのとおんなじ原理ですね。

あ、何ですかその目は。そんな目で私を見ないでください。

【More・・・】

■こんな小ネタを集めるために語学を勉強するのは嫌いじゃありません。あるいは、どうしても読みたい洋書があってそのためのツールとして言語を覚えるのもありだと思う。更にいうなら、言語を研究するような学問は一度本気で専攻しようかと思ったほど魅力を感じます。

じゃあなにが嫌いかっていうと、特に目的もなしにただ話せるようになることだけを目指すような「ためにする」語学(端的にいえば最近の英会話ブームとか)がどうしても楽しいと思えないんですね。
もちろん話せないよりは話せるほうがいいだろうし、それが好きな人はどんどんやればいい。ただ個人的に好きか嫌いかといわれると、深海魚はそういうのはちっとも好きません。

ましてや「国際人になるために英語を覚える」とか何とかいわれると、鼻で笑っちゃう(笑)
・・・いや、実際いるんですよ。国際社会で活躍するための道具としての英語、じゃなくて英語教育=国際教育だと思っているような方がね。しかも英語だけ。まずはご自分の教育をどうにかされたほうがいいと思いますが。

■今日のひとこと中国語
新聞→「報紙(バオズー)」
Newspaper→報道の紙ということですね。

↓お前I'm comingって言いたかっただけちゃうんかと思ったあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 語学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

【編集】 |  13:32 |  日常  | TB(0)  | CM(7) | Top↑

Comment

●No Subject
そうだねー、確かに言語によるニュアンスとかジェスチャーの違いとか、単語や文法の違いとかをみてみるのはとても面白いと思う。
ただ、やっぱり面倒くさがりだから、マスターしようとまでは思わずに、語学の初級編を般教としてとっているワタシ。
さて、来年は朝鮮語の初級編でも履修しますか。。。
yagamo |  2006.06.29(木) 18:02 | URL |  【編集】
●No Subject
そんな目ってどんな目だよ(笑)
相変わらず辛口だね(^_^;)
ganan |  2006.06.29(木) 18:51 | URL |  【編集】
●No Subject
へぇ~イクってそんな由来があったのか. . .
おもろ♪
でもだと「イッちゃう」って間違ってるねww
いや、でも「逝っちゃう」だからいいのか?
. . .ん?(´・ω・`;)
まぁいいか♪
雲銀 |  2006.06.29(木) 19:03 | URL |  【編集】
●No Subject
言語の成り立ちなんかを調べるのは面白いですよね.
言語関係の研究で
  △   ○
 ↑こういう感じの二つの図形を見せて
どちらが[ブーヴァー]でどちらが[シパッシュ]か
というような質問を,いろんな国の人にしたとかいうのがあります.
不定形の図形を ブーヴァー
角の多い図形を シパッシュ
という選択が殆どだったということで,
語感と口の動きの関係か何かを調べた研究だったと思います.

死ぬだのイクだのいうのも感覚的な言葉だから
割と世界共通かと思ったら,文化的な理由で結構変るもんですな.
玉響 |  2006.06.29(木) 19:36 | URL |  【編集】
●ぶっちゃけ書いた動機は母親に英会話教室通いを強制されて腹が立ったことだったっていう・・・
下ネタ吐くためだけにでっち上げた記事にこれだけコメントをいただけで管理人冥利に尽きます・・・

>yagamoサマ
その辺の好みは人それぞれですからねー
私も面倒くさがりなんで日本語すらマスターできているか怪しいですし(笑)
朝鮮語ですか。ハングルは確かに楽しそうだ・・・

>gananサマ
どんな目かは・・・ご想像にお任せします。
私が甘口になったら個性なくなっちゃいますから(笑)

>雲銀サマ
逝っちゃえ★
・・・じゃなかった。書名忘れちゃったんですけど何かの本で読んで「おぉぉ!」と思いましたよー

>玉響サマ
確かに私がその質問をされても○が[ブーヴァー]で△が[シパッシュ]と答えますね。
なんだか「シパッ」というのが角を表しているようで。

「いく」と「come」もそうなんですけど、同じ意味を表すのに正反対の語を使っている例が多くて面白いです。例えばボケたことをいう人を「ねじが緩んでる」といいますが、英語だと逆にその人に「ねじを緩めろ」というらしいとか。この辺雲銀さんに訊いたほうがいいかもですが。
逆に「ママ」なんかは割と世界共通ですよね。赤ん坊が最初に発する喃語が「マ」に近い音だと聞いたことがあります。
深海魚 |  2006.06.30(金) 13:54 | URL |  【編集】
●逝っちゃいます
なんだかみんな真面目なコメントを入れてる中
俺だけ下ネタに走って自己嫌悪に苛まれている雲銀です(泣)
ねじを緩めろということがあるとは. . .知りませんでした(ぇ
でもあっても不思議じゃないでんなw
あそこ無駄にたくさんいろんな言い回しがあるから♪
 確かによく考えると日本語も英語も中国語も
母親のこと「ママ」で通じる. . .またひとつ雲銀は賢くなった. . .
雲銀 |  2006.07.01(土) 03:56 | URL |  【編集】
●いやぁ
>雲銀サマ
私も正直下ネタ以外に反応が来たのが意外で意外で(笑)
「ねじを緩めろ」ご存じないですか~。日本語訳が間違ってるかもしれないので、原文調べてみようかな。
母親を表す単語に「マ」の音がつくのは子供の言葉(ママ)だけじゃなくてマザーもマーチ(ロシア語)もそうなんですが、父親はバラバラですね。「パパ」と中国語の「爸爸(バーバ)」なんかは割と近い発音ですが。
深海魚 |  2006.07.02(日) 00:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。