2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2005年12月25日(日)

ニート共和国、何処へ行く? 

アホウドリの糞でできた国―ナウル共和国物語

働いたら負けかなと思っている ――ナウル共和国国民一同――

地中から取れる燐酸石のおかげで、国民が誰も働かなくても良いほど豊かになった国、ナウル。
食糧は海外から輸入し、しかもそれを自分たちで料理さえしない(代わりに外国人労働者がやってます)という、素敵国家でした。
ところが資源が底を尽きてしまったからさあ大変。唯一働いている16人の国会議員が、国民が働かなくても生きていけるように金策に右往左往します。

事実は小説よりも奇なり。日本じゃあニートが社会問題になっているのに、この国じゃニートが国家の基盤ですから。
ナウルにはぜひ、上手いこと国家を建て直して「地上の楽園・再び」を体現していただきたいです。

【More・・・】

オススメ度:★★★★☆
スポンサーサイト

テーマ : 絵本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:28 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |