2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2012年05月08日(火)

05/07のツイートまとめ 

silly_fish

そう考えると、短期間で一気に勢力を伸ばそうとする政治家は、かれらを取り込むのが最も手っ取り早い、ということになる。既存政党による後ろ盾が弱く、「しがらみのない」イメージを強調する人ほど、かえってかれらへの依存を強めてしまう。という風に、事態は単純じゃなかろうか。絶望的だけど。
05-07 17:22

新自由主義によって不安にさらされた人々を「なだめる」ために、市場の外では保守傾向が強まる、といった大仰な理論を持ち出さなくとも、橋下さんと彼らの野合は説明できる。単純にかれらは、中央政治から「草の根」まで、強い影響力を持った政治勢力なのだ。左派系市民運動が及びもつかないくらい。
05-07 17:19

少年犯罪の「凶悪化」が盛んに喧伝されていたころの「家族軽視のフェミどものせいで若者の心が壊れている」という言説が通用しなくなったから、新しい流行に乗り換えたんだろう。
05-07 17:05

「親学」の中心となっている高橋史朗といえば、かつてはジェンダーフリー・バッシングの理論的(?)支柱の1人だったが、最近は看板をかけかえ、発達障害児の「増加」を理由にして、それを「予防」するという口実を持ち出しているようだ。
05-07 17:04

条例の前文では、かつて代々続いていたとされる「子育て文化」が、核家族化の進行によって伝達を妨げられたという世界観が描かれている。しかしそもそも、親以外の役割は子育てへの参加でなく、直系親族による方法伝達のみだという構図自体が、夫婦と親子を軸とした近代的家族観から一歩も出ていない。
05-07 16:52

さて、ここから筆を滑らせます。
05-07 15:53

そもそも、児童虐待を障害予防の問題としてとらえている時点で、虐待を受ける対象として健常児しか想定していないのがわかる。そして、「日本の伝統的な子育て文化」などと言うものが児童虐待への支援として効果的だとは、私は1ミリも思わない。
05-07 09:57

虐待は、それ自体が苦しいことで、なんとか止めなければいけないのであって、その結果「よくないこと」が起こるからいけないのではないのです。まして、発達障害を「予防」すべき「よくないこと」と見なすのは、明らかな優生思想だと言わざるをえません。
05-07 09:52

私たちがもし、いきなり殴られたら。人格を否定するような言葉を受けたら。性的に搾取されたら。長年続く後遺症を残さない限り、何もなかったことになるのでしょうか。違いますよね。実際に訴え出るのは難しいかもしれないけど、少なくとも理論上は、それらは暴力であり、犯罪です。
05-07 01:13

まして、明確な虐待がみられない家庭でも愛着形成の巧拙が発達障害の有無を規定するなんていう根拠は、一切ありません。そもそも、児童虐待はどうして防がねばならないのでしょうか。それは、間違っても「虐待を受けると発達障害になるから」ではないはずです。
05-07 01:00


【More・・・】

幼児期に虐待を受けた子どもが、その後自閉傾向やADHD様の症状を呈すケースは、確かに報告されています。無論、だからといって発達障害児は被虐待経験があるとか、虐待されれば発達障害を示すとはいえません。因果の向き(あるいは有無)も、まだ充分に証明されてはいないはずです。
05-07 00:45

そして、もう1つ。子どもの発達障害の原因を、保護者との「愛着形成」に求めることの問題は、いろんな方がすでに論じつくしているでしょう。ですから、ここではあえて、重箱の隅をつつかせていただきます。集団でつついては益少なくして労多いですが、誰も触らないなら、埃がつもったままなので。
05-07 00:38

医療・福祉サービスのための手続きに、保護者の手伝いを要する方も、少なくはないでしょう。幼児期・児童期にせよ、成人期にせよ、(母)親への告知は、デリケートな問題です。母原病的な言説は、「不適切」な育児であったと認めたくないがゆえ、子の苦境をも否認することにつながりやすいのです。
05-07 00:34

けど、そんなとき、大阪市条例案のような言説が広まっていたらどうでしょうか。検査過程で保護者への生育歴聞き取りが必要になることがありますが、「発達障害になるのは幼少期の(母)親の育て方が悪い」と言われながら、親御さんに協力を求めることができるでしょうか。
05-07 00:16

具体的にいえば、就労できなくて収入の確保が難しいとか。身の回りのことができないとか。独居する上で必要な各種手続きを管理するのが難しいとか。そんなとき、診断名を得ることで福祉サービスが受けやすくなり、苦しい状況から抜け出せることがあることは、誰も否定できません。
05-07 00:14

成人未診断者は、必ずしも確定診断の必要はないというけれど。診断名がつくことで、今まで「どうしてできないんだろう」と悩み続けていたのが解消されて、楽になれる方もいます。そうでなくとも、日常生活を維持するため必要な、財や労働力を確保するのに苦慮されている方も、診断が転機になりえます。
05-07 00:10

さきほど呟いた大阪市条例案の件だけど、成人診断発達障害者の皆さんや、確定診断に向けて(再)受診や検査をしている・しようと思っている皆さん。他人事じゃないですよ。
05-07 00:06

スポンサーサイト
【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |