2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2012年06月17日(日)

06/16のツイートまとめ 

silly_fish

Soy Joy葉酸+は、葉酸が「肌をきれいに」する効果があり、また妊娠中に補うと「胎児の障害を予防する」ことが知られているから、「女性のためのSoy Joy」なのだという。すいません、思わず子宮えぐり出したくなるほど気持ち悪いです。
06-16 22:10

@hotsuma なぜ重視されるのか、論理的には良くわからないんですけどね。経験的には、そうだろうと思いますけど。本当に今の日本におけるインセスト・タブーが生物学的に規定されているのなら、法規制を撤廃したところで「逸脱」事例はほとんど増えないだろうから問題ないじゃないですか?
06-16 21:43

ちなみに、原因がわからず終いなのは抗体検査の結果が出る前に症状が自然軽快してきたために、医療費をケチった私が検査結果を聞きにいかなかったせいです。良い子はまねしないように。
06-16 21:41

しかし、先ごろ突然手足に力が入らなくなったのが、ギラン・バレーないし急性の神経脱髄性疾患だったのか結局わからずじまいだったんだけど、もし本当にそうで、かつもっと重症だったら、私だって経管栄養と人口換気のお世話になってもおかしくなかったのよなあ。
06-16 21:40

同じ経管栄養を必要とする状態でも、先天性ないし若年期までに原因となる障害を得た場合と、老年になってからその状況になった場合とで、議論がまったく断絶しているように見える。そして、その間の成人期に障害を得るケースは話題に上りもしない。なんだかもやもやする。
06-16 20:52

となれば、比較対象は「死」である。そのことにぞっとしてしまうのは、私だけだろうか。というか、呼吸器・気管切開の次は胃瘻ですか。その次は何かな、酸素吸入か、それとも人工肛門かしら。
06-16 20:50

胃瘻が奏効して元気になったケースもきちんと記述しているのは評価できる。けど、胃瘻が結果的によくなかったんじゃないか、本人のQOLを下げたり介護者の負担を増したんじゃないか、と考えられているケースで、何と比較しているのか気になる。中心静脈栄養でも、経鼻チューブでもないですよね。
06-16 20:48

RT @koutamunetsugu: 【CBニュース】食べられなくなった時の支え方 #cbnews http://t.co/5MjYB8I5胃瘻をした患者さんをリハビリすることが多いですが、読み応えのある記事でした。
06-16 20:43

@hotsuma そして、仮に文化的とは呼び得ない要因(生得的なサムシングとかでしょうか?)が強く影響していたとしても、「法で保障する必要はない」って結論を変える必要はないかなと。生物学的に望ましくない(って時点で存在と当為の混同ですが)ものを法で禁じるとか冗談でも笑えませんし。
06-16 20:23

@hotsuma 「純粋」かはわかりませんし、そうでない要因が混ざっていても、まあ驚かないなとは思います。しかし、どこまでを「近親」とみなして婚姻を忌避するかに地域・時代・階層によって差異が見られる以上、現存する・したインセスト・タブーは文化的だと考えていいんじゃないでしょうか。
06-16 20:21


【More・・・】

@izsat 健康増進法は当然ヤバいですよ。何せ、健康になる義務!を個人に課すわけですから。労働力を生み出す身体は国家の財産であって、それを管理する個人は財産権者のためにその品質を保つ義務がある、とかそういうアレですかね。無論、人口の量・質への介入と優勢主義は切っても切れません。
06-16 20:18

@izsat 未成年者の飲酒禁止は、線引きに悩みますが、少なくともかつてある程度破られることが前提で法が維持されてきたものが、近年恣意的に厳格適用されるようになり、リンチにまで使われるようになってきたのは、気持ち悪いと思っています。
06-16 20:15

@mercysluck いやもうホント、理解できないけどそうみたいですね…反論したり介入する余地があるだけ、ダイレクトに自分に向けられる悪意の方がマシだとか思ってしまいます。
06-16 19:29

病院行く日に生活保護バッシングの記事なんか読むんじゃなかった。「どうしてみんな、見も知らぬ人を追い込もうとできるんですか?人の悪意を見ると、怖くて…その、危なっかしいことを考えてしまいます」とか医者に口走ってしまって、診察日と薬を増やされましたorz
06-16 19:19

スポンサーサイト
【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |