2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2012年07月20日(金)

07/19のツイートまとめ 

silly_fish

今日考えついたことは昨日の私にわからなかったことだし、目の前の人に今わからないことは明日のその人の常識かもしれない。「あたしでもわかることが何でわかんないの?何食って育ったらそんなんなるの?」としばしば思ってしまうのは、私のほんとうのほんとうに、悪いところだ。
07-19 19:59

RT @paruhara: 村上春樹ファンに「村上春樹ってなにが面白いの?」と言うと、やれやれと首を振りながら「それを説明するにはいくぶん時間がかかるから、食事でもしながら話さない?近所に悪くないスパゲッティハウスがあるんだよ」とかいって昼食おごってくれるからぜひ試して欲しい。
07-19 12:05

例外として、批判者に相手と同じ立場で行動に参加する権限がない場合、対案を構築するのに必要な知識へのアクセスに非対称性がある場合、現行案の弱点がどれほど重要かの価値判断が、指摘した側とされた側で大きく異なる場合…いや、この辺にしとこうキリがない。私はほんっとうに、理屈が好きだな!
07-19 12:00

じゃあ、お前はそこまで批判に筋を通せているのか、と言われれば、まあ全然出来てないっすね。すぐにああだこうだ文句言うくせに腰は重くて、頭で分かっていることの何分の一も行動には移せていないさ。でもあたしは、それはお前の落ち度だって言われたら甘んじて受け止めるよ。だってその通りだもの。
07-19 11:57

というのも、ある抗議や運動の問題意識が「正しい」とするなら、それは既に正義の問題で、それを実現させるのは抗議者に限らない「みんな」の仕事だ。そして「問題意識は分かるけど…」というのは、そこに解決すべき問題があることは認知しました、という表明なのだから。それで、あなたはどうするの?
07-19 11:55

無論それとは独立に、指摘自体には一理あると考えて(あるならね)、次の方針決定に取り入れることは出来るし、そうした姿勢をもてるのはいいことだ。しかし、それはそれとして批判するあんたには落ち度があるよ、というのは言っといた方がいいと思うんですよね。
07-19 11:52

批判者が単独で対案を完成させられなくても、指摘した現行案の弱点の改善策を、批判された側と共に考えるのでもいい。しかし、それには批判者が目標を同じくし共に行動する、いわば仲間である必要がある。行動するのは相手の仕事だと言わんばかりの輩には、「批判するなら対案を出せ」でいいよ、もう。
07-19 11:21

適切な対案を出すことが可能で、更にそれを求めることが議論として有意味である場合、というのはかように限定されているのに、何でもかんでも「批判するなら対案を出せ」って言えばいいとでも思っているような人を見ると(以下暴言に付き自粛
07-19 10:52

むろん、医療やパートナーシップ、相続、意思決定などに対する法的な保障がなきに等しい、というセクマイの現状は、その両者を満たします。
07-19 10:50

あ、追加。おそらく現行案でも、少なくとも何もしないのに比べて状況が大きく悪化するわけではないだろう、という予想ができるか、もしくは状況が深刻で放置するわけにはいかない事が自明か、そのどちらかが成立している事も必要。
07-19 10:47


【More・・・】

というのも、「批判するなら対案を出せ」が有効なのは、1.彼我の間で(少なくとも建前上は)目標が共有されていて、2.現行案で目標達成のための方法が具体的に示されている、という条件が満たされている場合であって、抗議や運動の手法への批判は、それが成立する数少ない状況だからだ。
07-19 10:43

「批判するなら対案を出せ」というのは、「問題意識は分かるけど、もうちょっと抗議のしかたを考えないと多くの人の理解を得られないよ」式の事を言われたときに使うべき言葉なのだと悟る今日この頃。
07-19 10:37

元の問題提起ややまもと氏が問われていることを「ホモは差別語か」の問題にすること自体が見えすいた摩り替えなのに、まんまと乗せられている人たちは頭の中にスポンジでも詰まってんの? / “はてなブックマーク - ホモがサイゾーに抗議している…” http://t.co/jlTCDtAG
07-19 09:30

スポンサーサイト
【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |