2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
2012年09月12日(水)

09/11のツイートまとめ 

silly_fish

@sqop おおう、それ忘れてました。確かに、脂質異常症で食事制限が付いたら二度と食べられなくなってしまうので、普段からコレステロールたっぷりのものを食べていたらタイムリミットが早くなりそうではありますねw
09-11 22:30

@sqop 私自身なけなしの金をロクでもない趣味や娯楽に散々つぎ込んでますから、つぎ込む対象が食材に変わるだけの食道楽さんを責める資格はなさそうです。あんまり普段から美味しいものを食べ過ぎると、金欠や病気で食べられなくなったときに苦しいよ、というのは余計なお世話でしょうし。
09-11 22:19

@bixametica つまり、貧しいのは親も障害があるからだろう、という考えだということですかね。そういうことを言う人が、ここで問題にされるような貧困状態に陥っていない時点で、「知的能力」と社会的経済的地位を直結させる仮説の反証になっていますね、とは言っちゃダメなんでしょうねw
09-11 21:24

@MINORANU 残念ながら、私がとりたてて語学が得意ということはありませんでしたけどねw
09-11 21:13

ちなみに私なんかも、その傾向を示さないバイリンガルだったりする。私の場合は逆に言語性ばかりが高く、VIQ-PIQ=37とかとんでもないことになっているので、それはそれで問題ではあるのだが。
09-11 21:02

念のため言うと、現代のウェクスラー系テストはIQおよび群指数が平均値=100、1SD=15の正規分布に設計されているので、理論上は一般集団中でも約15.9%が、動作性IQが言語性IQよりも有意に高い値を示す。バイリンガル・マルチリンガルはその割合が高いだけで、全員がそうではない。
09-11 21:00

IQおよび群指数のレベルでは項目間で1SD=15以上差が付くと有意だと見なされるらしいが、動作性IQが言語性IQよりも有意に高くなる要因として、バイリンガルである事が挙げられていた。これって、いわゆる「セミリンガル」というか、ダブル・リミテッドになったのを反映してるんですかね…
09-11 20:53

以前WAIS-Ⅲを受検したときに、自分が何を検査されているかくらいは知っておこうかと思い、解釈本を入手して読んだ。IQや下位検査の評点を左右する環境因は結構分析されているらしく、どんな偏りが出たら何の要素を疑え、というところまで標準化されていて、端から見ている分には面白かった。
09-11 20:37

@jinopeniya ハレの食事だと思えば2,500円払えないわけでは決してないんですが、人様に給仕してもらいながら酒飲んで色々おつまみ食べて…とできる値段でえられるのがわずか100gの生肉だというのは、ちょっとためらいますね。
09-11 20:08

というか、どんな美味しい肉でもあたしに焼かせたら不味くなる気がする!
09-11 20:06


【More・・・】

そんな強気のお値段設定に値する味とはどんなんなのか、買って試してやろうかと思いましたが、よく考えたら私は記憶にある限り「サーロインステーキ」というものを食べた覚えがなく、仮に美味しくてもその牛がすごいのかサーロインがすごいのか判断できない事に気づいたのでやめました。
09-11 20:04

スーパーに行ったら、精肉コーナーに「松坂牛サーロインステーキ用 100g2,500円」なるものを発見した。値段を一桁見間違えたわけではないらしい。ごく普通の東京近郊の住宅街に立地する大きいスーパーでも売られるほど、こんな肉を食べている人が沢山いることにショックを受けた。
09-11 20:02

@OkitaI そうですね。身近に成功事例があるかないかは、本当に大きいと思います。悪くすれば、専門学校に行って、そこで習った事を仕事にする、というルートが宇宙飛行士になるのと同じくらい非現実的に感じられてしまったりするわけですから。その生徒さんの成功をお祈りしています。
09-11 18:09

@OkitaI 日本において後期中等教育は、修了する事で他との差異化を図るのではなく、修了しないと主コースから逸脱する事を意味しますので。
09-11 17:40

@OkitaI あ、はい。おっしゃるとおり中等教育修了以降は、日本は学歴に対して比較的柔軟なのではないかと思いますし、まして大学院に至っては、ごく一部を除いてそもそも学歴として機能していませんw ただ、それであっても中等教育を修了できるか否かはライフコースへの影響が大きいです。
09-11 17:37

@OkitaI ・・・なんちゅう誤変換w 頭を冷やしたつもりでしたが、全く冷えていなかったようです。
09-11 17:30

匿名をいいことに放言しちゃいますけど、これって言語によって説明すること自体の限界にぶつかっている気がするのよねえ。「間違えない」ためには、心理は問題とせず、ただ行動のみを対象とするしかないんだろうか。…そもそも、一介の学生はもっと他に考えるべき事があるような気もする。
09-11 17:28

でも、「知る」と「知らない」の間、「信じる」と「信じない」の間が存在する事などジンメルの信頼概念で既に言われているわけで。どのように知りかつ知らないのかを解明しなければ何も進んでいない。社会学は100年間、そのうちの「知っていて、言語化されている」部分の記述に汲々としてきたのか…
09-11 17:24

というような心理が発生している。玄田浩一郎は民間医療の利用に「信じている」と「信じていない」の間の「軽信」と呼ぶべきような心情があると指摘していたが、それと同じようなものが青磁信条にも、規範への知識にも存在する。どちらかの心情が真で他方は偽である、と処理せずに捉えられないものか。
09-11 17:15

そして多くは、そうした価値に何かしらの親近感はあるが、「バカはどうなってもいいんですか?」って直接ことばで訊くとノーと返す人なんだろう。それを自己欺瞞だと片付けてしまうのはたやすいが、少なくともその答えが返ってきた時点では、真に「どこかしら思っているけれどそんなには思っていない」
09-11 17:07

その場にいる全員が考えていて、かつ波風を立てることを嫌えば、誰一人思ってもいない事を、まるで全員が固く信じているのと区別が付かないやり取りが観察されうる。あるいは行動が帰結する価値を知らないまま行動の様式だけ学習してしまう事も、ありえないとは言えない。
09-11 16:59

頭冷やしてきた。先の私の連ツイートは、終わりのほうに少し嘘がある。「バカはどうなってもしょうがない」という価値を持っていれば取るであろう行動を取っているからといって、その人がそういう価値観を持っているとは言えない。極端な話、「私はそうは思わないが、自分以外は思っているだろう」と
09-11 16:56

@OkitaI 沖田さんがされているのは、高等教育が前提となった上での「学校暦」…ぶっちゃけ、出身大学の話ではないですか?私のツイートで想定してたのは、それではなくて元の意味での学歴についてなのですよ。特に、高校の入学・卒業可否とその後の進路が焦点です。
09-11 13:09

@nekotausagi あざーすw
09-11 12:22

「バカはどうなっても仕方ない」なんて価値がまかり通る世の中に私たちは暮らしています、という結論に至ってしまうと、ちょっと現世を離れたくなってくるので、違うと思いたいです。誰か違うって言ってください。
09-11 12:12

という語られざる前提が存在していて、その上に「この子達は頭が悪いのかどうか」=「この子達の苦境は社会的に対策が必要な事柄として問題化するべきなのか」という問いが立てられている可能性である。
09-11 12:10

…と、ひとつひとつ可能性を潰していくと、私の乏しい想像力の及ぶ範囲で残る合理的な説明は、みんながしているのは真/偽ではなく帰責についての議論である、というものくらいしかない。つまり、「頭が悪い子は教育機会に恵まれず困窮しても仕方ない」もしくは「頭が悪い子を困窮から救うのは無理」
09-11 12:06

効果が高いという根拠があって、それに基づいて議論しているわけでは、どうもないようだし。そもそも、生物学的要因の寄与が少ないと想定される低学力事例でも、単に普通教育の内容をさかのぼってやり直す、というのとは質的に異なる補償教育は必要だ。特に、ある程度の年齢に達している場合は。
09-11 12:04

だから私には、低学力と貧困の連鎖はアタマの問題なのか社会の問題なのか、という問いが何ゆえ成立しうるのか、ちょっと分からないのです。そんなの焦点の置き方の違いで、どちらとしても捉えられるに決まってるじゃないですか。貧困対策よりも医療と特別支援教育による介入のほうが、将来の生活改善に
09-11 12:00

つまりその指標を満たす人はその社会において「通常」要求される学業達成に困難をきたす可能性が高いのなら、環境因による困難が最も顕在化する層において軽微な障害を抱えていたり、境界域に属したりする子どもが目立つのは至極当然というか、むしろそうならなかったら現象としてかなり面白いよね。
09-11 11:50

少しの環境差が就学とその後のライフコースに与える影響が最も大きいのはもともと「ギリギリ」のラインにいる子どもであるのは、自明じゃないのか。そしてLearning Disorder(日本語ではなく英語圏の、軽度知的障害等を含んだ方で理解してほしい)の診断指標に妥当性があるなら、
09-11 11:46

学歴によって社会的経済的地位を獲得するシステムは、「出来」に比例してメリットが分配されるわけではなく、入学できるか否か・卒業できるか否かでわずかな成績の差が極大化され、逆にそのラインにかからない差異は打ち消されるようなシステムである。
09-11 11:14

私は最難関お受験の世界に縁がないし、そもそも高校受験を経験していないので、喩えが的はずれだったらごめんなさいだけれど、まあ言いたいことはニュアンスで察していただけるとありがたい。
09-11 10:57

「不自由ない環境で勉強に打ち込めれば筑駒に行けたはずなのに、そうじゃなかったので他所しか受かりませんでした」って言われても知るかヴォケだけど、「不自由ない環境で勉強に打ち込めれば高校に行けたはずなのに、そうじゃなかったので何処にも入れませんでした」だったら大事よねってことでしょ?
09-11 10:53

そういえば、貧困による高校中退や低学力の話をすると、「あまりにも勉強ができなさすぎる、これは軽度知的障害や学習障害の問題だと考えた方がいいんじゃないか」という反応が返ってくることがあるけれど、正誤以前に意味かわからないので誰が解説してほしい。
09-11 10:29

土屋豊・雨宮処凛『PEEP TV SHOW』は、そろそろ3.11バージョンにリメイクされるべきだと思う。
09-11 09:48

はじめてハードウィックの『死ぬ義務』を読んだときは、まさかそれから数年で、アレを「うっわ、昔はこんな開きなおった議論があったのかよ、ひっでーwww」という文脈以外で想記することになるとは、夢にも思わなかった。
09-11 09:46

しかし、国庫負担だの家族負担だのが人を死なせる理由として当然に語られるのを見ると、「安楽」死推進派が批判を交わそうと長年かけて建前を洗練させてきたの、そんな簡単に脱ぎ捨てていいの?ノーガード戦法ってヤツ?鎧着てないどころかあなたもう全裸よ、おまわりさんこの人です、って気分になる。
09-11 09:41

もはや日本で「終末」期医療の行く末を決めるキーが「自己決定」にないのは明らかだから、これはただの嫌味だけど。早めの死を「自主性」によって正当化する方には、毎年約3万人が自主性を貫き、より多くが意思貫徹に失敗して一命を取り止めている本邦の情勢についてコメントいただきたいです。
09-11 08:12

http://t.co/rQW3pgqf 本当は昼に粥餐庁に行くつもりだったけれど、混んでいて入れなかった。本日のおかゆ:海老と小柱の雑炊 ¥724ジョナサン 東久留米店 (東久留米市)
09-11 00:31

「当時のオトコが大阪に就職決まって、お祝いで食事に行ったのよ。これからの人生設計とか、夢の話を笑顔でしてたんだけど、ふと苦しそうな表情になって、『けど、唯一の心残りは、君のことなんだ…』って」「うわ、切ない!ちなみに店はどこですか?」「近くのさくら水産」以後発言を禁じられました。
09-11 00:11

スポンサーサイト
【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |