FC2ブログ
2020年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
2005年01月02日(日)

ハル嬢にグーで殴られそうな日記 

 オールしてきました。初詣の場所は学業の神様湯島天神。似合わないけど一応ガクセイだし。
 メンバーはまたもやP13(以下P)とハル(同ハ)、帰省中で参加できない音影魚の代わりに麻婆マン(仮名、以下麻)、それに私。めずらしく、♂2♀2のバランスの取れた(?)組み合わせです。ちなみに普段はP13がハーレム状態。

 都内やその近くにお住まいの方はわかると思いますが、大晦日、首都圏は朝から大雪でした。都心ではそれほど積もらなかったようですが、深海魚の棲家はやや郊外よりなので道路を歩くのもままならない状態。歩道なんて完全に雪まみれの氷漬けです。
 こんな中オールをするなんて正気の沙汰じゃあないわけで。メールで相談していた私とP13はすでにあきらめモードに入っていました。
 
 私:「大雪で初詣無理っぽいよ、どうする?」
 ハ:「いいじゃん雪!銀世界で初日の出とか素敵じゃん!」
 
はい?外、吹雪なんですが…
 そうしている間に何とか雪はやみ、外を歩ける状態になりました。オール計画はハルの根拠皆無な熱意に引きずられる形で決行に。

 P:「付き合わされる方の身にもなれよ。」

ははは。まったくだ(笑)

【More・・・】

 そんなわけで積もった雪の中を湯島駅に向かいました。ヒールが高ければ靴がぬれて足が冷えることもないだろうと期待してピンヒールブーツで出発したのですが、その淡い期待は5分で後悔に変わりました。歩きにくい…

 そして先に集まっていた二人とご飯を食べて夜10時半ごろハル嬢と合流。ふと見ると彼女の胸元にきらりと光るものが。

 私:「そのネックレス可愛いねー。」
 ハ:「これ姉貴の。姉貴ファンシーだから(笑)」
 私:「へー、あたしもファンシーになろうかな。」

 一同:「………(笑)」

 私:「何だよ、何とか言えよ!!!」

友人一同の正直すぎる反応に思わず吼える私。ご近所の皆様、本当にスイマセンでした。

 時間は夜中。外は非常に寒いです。
 
 私:「ぶっちゃけ神社いくのめんどくさくなってきたんだけど。」
 P:「俺もそう思う。あとはカラオケに朝まで入ってりゃいいんじゃね?」
 麻:「いや、それはあんまりお正月っぽくないような…」
 ハ:「うちら騒ぎにきただけじゃん。」
 P:「俺と深海魚は特にな。」

一緒にしないでおくんなまし。

 カラオケのフリータイムを「身分証がないから」という理由で断られ、仕方なく当初どおり初詣に行くことに。湯島天神の入り口は受験生たちでものすごい行列です。みんな目が真剣です。神頼みするくらいなら帰って勉強すりゃいいのに。深海魚にだけは言われたくないかもしれませんが。
 お参り自体は非常にササッと終わりました。そして、ここに来たからにはこれを引かなきゃ帰れない、湯島名物恋みくじに挑戦。200円投げ込んでくじを引くのですが、あたりが暗かったのと深海魚の手が寒さでかじかんでいたため、間違えて日本円じゃないものを入れてしまいました。しめて25セント。まあ新年だし、許せ。
 結果は「末吉 ほんとうにやるせないけれど 新しい人を探しなさい」………はい、頑張ります(泣)

 それからみんなで入れるカラオケを探しに御茶ノ水方面に歩くことになりました。道案内はそのあたりを歩きなれているハルにお任せです。
 
 ハ:「任せといて、この辺のことは全部わかるから!」

数十分後。

 ハ:「HAHAHA、ここでイージーナビウォークの出番だよP13君。」

 P:「HAHAHA、お前の頭を信じた俺がバカだったよ。」

 地図の読めない男と女が頭を寄せ合ってナビを解読した結果、どうも逆方面に来ていたらしいことが判明しました。
 結局もと来た道を数キロも戻ることに。ええ、文句を言わず歩きましたよ。ピンヒールで。雪が凍りついてでこぼこする道路の上をピンヒールで。歩くのが速い男性陣をときどき小走りで追いかけたりしながらピンヒールで。ピンヒールで。かなり泣きそうでした。

 後半疲れてしまいしゃべらなくなった深海魚を、みんながなんとなく気遣ってくれます。

 麻:「荷物もとうか?」
 私:「それより酒が飲みたい。」

深海魚のエネルギー源はアルコールです。ただし燃料用アルコールはいけません。

 P&麻:「俺らはやめとくわ。起きられなくなりそうだし。」
 私&ハ:「えーーーーー!!」

こういうことには女のほうが積極的なようです。
 結局通りがかったコンビニでサワーやチューハイなんかの軽いお酒を買って、私とハルだけでカンパイしました。
 ハルはおいしそうにカルピスサワーに口をつけ…突然、イッキ。

 P:「おい、大丈夫かよ。」
 ハ:「平気平気。ああ星がきれいーオリオン座が見えるー♪
 P:「星出てねえよ!」

あんたお酒に弱すぎだよ。
 ハル嬢は完全に据わった目で「酔ってないもんー!」と明後日の方向に向かって叫んでるし、P13は素面なのに何かキメていらっしゃるとしか思えない動きをしはじめてどうやら限界のようなので、正気に戻っていただくためファミレスに入って休憩することにしました。
 そしてそのまま明け方まで、屋根と暖房の有るありがたさを満喫しました。

 ハ:「あ、あたしカイロたくさん持ってきてたんだった。」
 一同:「おせーよ!!」

 ドリンクとデザートだけで数時間粘り、結局レストランを出たのは午前6時過ぎでした。今度こそ御茶ノ水にたどり着き、駅の前の歩道橋で初日の出を見たときは何とも言えない感動を覚えました。
 そしてみんなで朝ご飯を食べて解散。実はこの後私とハルで原宿まで行き、ラフォーレの初売りに並ぼうという話もあったのですが、金銭的にも体力的にも余力がなかったので断念。来年、頑張ろうぜハルちゃん。

 04年のバカ納めと05年のバカ初めを一遍にやったような企画でしたが、楽しかったです。家に帰ってから見た初夢は悪夢でしたが、今年はきっといい年になることでしょう。
 余談ですが、後で家族といった近所の氷川神社でもおみくじを引いたのですが、そっちの結果も「恋愛・縁談 思い切って新しい所を探すが吉」でした。あんたらに言われなくたって頑張ってるっつーの!
スポンサーサイト



【編集】 |  15:24 |  日常  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

何処行っても同じこと言われるんですね君は。
_の人 |  2005.01.05(水) 12:56 | URL |  【編集】
>_の人
おみくじのことかな?
本人もびっくりしてます。
当たりそうでいやだ(笑)
深海魚 |  2005.01.06(木) 21:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |