FC2ブログ
2018年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
2018年05月07日(月)

05/06のツイートまとめ 

silly_fish

なので、この問題への関心には若干郷愁が含まれる。社会のさまざまな場面で何が「フェア」とされるかへの興味と、競技自体への関心が上回るが。ただし私自身は全く走れません。母は走らせたかったが、クラス対抗リレーの補欠にも入れない娘を見て「これじゃ肝心のスパートができない」と諦めたそうだ。
05-06 22:28

公平のため言うと、私は800-3000m専門の、たぶん高アンドロゲンではない元女子中距離選手(当時の中国では長距離扱いだが)の娘である。最も本人は、現代日本の有名種目に喩えると、県3位で惜しくも全国ならず、弱小校の主力か中堅校のつなぎ要員で箱根を走ってます、くらいの立ち位置だったそうだが。
05-06 22:20

しまった。ブログ記事にしようと思っていたのに、考えていたことの半分くらい呟いてしまった。残るは「競技スポーツとは優れた身体と能力を競うものであり、一律のルールに沿うことで信頼性が担保される」という信仰の是非を棚上げしても言える、新規定の不整合・不徹底さだけど…それつまんないよね。
05-06 21:58

@sunaoh 現に起こった動きは、可能性と限界の両面から評価されるべきで、管見の限り競技スポーツそのものも、陸上界で新規定に抵抗する動きも、両面を兼ね備えているように見えます。その意味で、両義的だと申し上げました。以上です、長々と演説して恐縮です。ウザければブロックいただいて構わないので!w
05-06 21:51

@sunaoh けど…ちょっとズルい喩えですが、Black is Beautifulを「ナショナリズムに根差している、却下」では勿体ないとは思われませんか?既存の差別への抵抗に、別の差別的なくくりが利用されることはよくあり、それは批判されるべきだけれど、同時にその成果が後に続く者に財産となるのもよくあることです。
05-06 21:44

@sunaoh おっしゃる通りです。抵抗の動きにすら、たとえば南ア陸連がキャスター・セメンヤを守るために動くと報道されていますが、支持の呼び掛けには「彼女は彼女だけでなく南アフリカの代表だ」とナショナリズムに訴えるものが散見されます。全種目対象ホルモン規制に抗ったデュティ・チャンドも同様です。
05-06 21:39

@sunaoh 高アンドロゲン女性を初めとする「異形」の選手たちの活躍を「フリークス・ショー」だと揶揄する向きもありますが、フリークスで何が悪い、アンタたちのカビが生えたペディグリー・コンテストの方がよっぽど見たくないわ、ということは、何度でも言っていこうかと。
05-06 21:32

@sunaoh ならば、競技スポーツによる身体規範の相対化を楽しみ、それを揺り戻す動きにはノーを表明し、競技に内包された新たな規範が「あるべき姿」として標準化されればそれにもノーと言うのが、優生思想にも能力主義にも反対で、でもうっかりスポーツファンになった人間にできることなのかな、と思います。
05-06 21:30

@sunaoh 勝つべきとされる人と勝つ人の差異が、外部の目に明らかなほど大きくなると「異形の」勝者を排斥ないし制御して、「優れた」身体をもつ人が努力と自己犠牲によって栄冠を掴む、という物語が破綻しないところまで引き戻そうとするせめぎあいが起こる。今起きているのは、そういうことなのだと思います。
05-06 21:14

@sunaoh たぶん私たちは「優れた」身体をもつ「優れた」能力が存在すると思いたがっていて、スポーツにもその証明を求めています。市民参加型ではないスポーツイベントも注目と富を得られるのは、その幻想に支えられているところがあるのだと思います。けれどその注目と富が「都合の悪い」勝者を招いてしまい
05-06 21:10

スポンサーサイト



【編集】 |  04:17 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |