2012年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2012年06月20日(水)

06/19のツイートまとめ 

silly_fish

いや…今まで食中毒の危険がそれなりにあることを承知で、獣肉や鳥肉を生・半生で平気で食べていたわけだから、いまさら川魚を恐れることなどないのではないか。これまで中らなかったんだし、次もきっと大丈夫さ(←ギャンブラーの誤謬)
06-19 01:20

@han_org あとで(苦しみながら)親に聞いたところ、井戸水に甘味と色をつけて、そのまま凍らせただけの代物だったそうですw
06-19 01:13

実を言うとこれまでにも、水道が通ってない地域でアイスに中って39度の熱を出したり、歓迎パーティの料理で一家全員食中毒になったり、羊肉の串焼きで出血性の腸炎にかかったりして、数度病院に担ぎ込まれた記憶がある。バックパッカーでもないのに、何で子どものうちから極限体験してるんだろう…
06-19 00:28

中国で刺身というと、最近流行の日本料理かと思うけれど、実は南方では昔から川魚の刺身を食す習慣があるらしい。とくに広西省の「横県魚生」というのは盛り付けも色とりどりの「ツマ」も美しい名物料理らしいので、ぜひ1度食べてみたいのだけど…保険とか、かけてからにしたほうがいいかしら…
06-19 00:23

スポンサーサイト
【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月18日(月)

06/17のツイートまとめ 

silly_fish

好奇心で、高機能PDD者やAS者の長期予後(特に就労)についての調査論文をいくつか手繰ってみた。乾いた笑いしか出てこなくなるような内容ばかりだったので、見なかったことにした。
06-17 23:11

@hrnll たぶんここまでで、あたしたちの間に意見の相違はないと思うのですよ。一応確認しときたいのですが、大丈夫ですよね。
06-17 23:01

@hrnll 時代・地域・宗教によって大きく異なります。日本では単一の文化のみを保護すべき、と私は考えませんので、異なる線引きを持った人々の家族形成を法で妨げるのは賛成できません。第三に民法上の混乱ですが…ことが平等な権利保障の問題である以上、適切に改正してね、としか。
06-17 23:00

@hrnll また予想しやすい、たとえばメンデル遺伝することがわかっている病気の患者・保因者が子どもを作るのは禁止、とかなったら、関係省庁の前で抗議の自殺くらいはやって見せますよ、あたしゃ。次に、社会的要因といわれるものについてですが、ご存知のとおりどこまでが忌避すべき近親婚かは
06-17 22:57

@hrnll 禁止する理由、についてですが、優生学的な理由による婚姻禁止や不妊・中絶手術が少なくとも建前上は撤廃された以上、近親婚にのみそれを残すのは整合性を欠くと考えます。そして、優生学的な保護を法に取り戻す形で整合させることは望みません。近親交配以上に「リスク」が高く、
06-17 22:55

@hrnll 婚姻と同等の権利認定(ないし婚姻制度撤廃)や婚外子への同等相続によって解決されるべきでしょうし、法律婚の拡大とそれらのどちらを支持するかと聞かれれば、もちろん後者です。しかし、それはせずに既存の婚姻制度を温存した場合、という想定でお話していたことをご理解願います。
06-17 22:51

@hrnll 一方で婚姻を禁止する理由として主にあげられるのは生物学的要因(常染色体劣勢遺伝病の増加)、社会的要因(慣習的な近親婚への忌避)、法的要因(相続や戸籍関係など、現在の規制を前提とした法に混乱が生じる)の3者です。本来なら当事者と子どもの保護は婚外カップルの
06-17 22:49

@hrnll ちょっと論点をさかのぼったところから確認しましょうか。まず、新たに婚姻を許容する理由としては、結婚による法的な保護を、3等親以内のカップルおよびその子どもが受けられないことが、かれらにとって不利益であるから、という点につきます。特に子どもは問題です。
06-17 22:46

@hotsuma 日本ではイトコ婚現存してるし二重イトコ婚なんてのもあります、王朝時代には異母きょうだい婚なんてのも…とか言ったらもっとすごい顔芸が見られそうですw 一応、古代中国・朝鮮でも例外的には存在していたようですが、異民族王朝の習慣がほとんどだったみたいですね。
06-17 22:23

@hotsuma 法で明確に禁止されているか否かと、いとこ婚が「そう珍しくもないこと」として社会に存在しているかは、厳密には必ずしも一致しませんけどね。そして、中国でもNG(慣習的にはもっと厳しい)なんですよねえ。自分の中国での知り合いやら、件の留学生さんたちに、
06-17 22:20

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月17日(日)

06/16のツイートまとめ 

silly_fish

Soy Joy葉酸+は、葉酸が「肌をきれいに」する効果があり、また妊娠中に補うと「胎児の障害を予防する」ことが知られているから、「女性のためのSoy Joy」なのだという。すいません、思わず子宮えぐり出したくなるほど気持ち悪いです。
06-16 22:10

@hotsuma なぜ重視されるのか、論理的には良くわからないんですけどね。経験的には、そうだろうと思いますけど。本当に今の日本におけるインセスト・タブーが生物学的に規定されているのなら、法規制を撤廃したところで「逸脱」事例はほとんど増えないだろうから問題ないじゃないですか?
06-16 21:43

ちなみに、原因がわからず終いなのは抗体検査の結果が出る前に症状が自然軽快してきたために、医療費をケチった私が検査結果を聞きにいかなかったせいです。良い子はまねしないように。
06-16 21:41

しかし、先ごろ突然手足に力が入らなくなったのが、ギラン・バレーないし急性の神経脱髄性疾患だったのか結局わからずじまいだったんだけど、もし本当にそうで、かつもっと重症だったら、私だって経管栄養と人口換気のお世話になってもおかしくなかったのよなあ。
06-16 21:40

同じ経管栄養を必要とする状態でも、先天性ないし若年期までに原因となる障害を得た場合と、老年になってからその状況になった場合とで、議論がまったく断絶しているように見える。そして、その間の成人期に障害を得るケースは話題に上りもしない。なんだかもやもやする。
06-16 20:52

となれば、比較対象は「死」である。そのことにぞっとしてしまうのは、私だけだろうか。というか、呼吸器・気管切開の次は胃瘻ですか。その次は何かな、酸素吸入か、それとも人工肛門かしら。
06-16 20:50

胃瘻が奏効して元気になったケースもきちんと記述しているのは評価できる。けど、胃瘻が結果的によくなかったんじゃないか、本人のQOLを下げたり介護者の負担を増したんじゃないか、と考えられているケースで、何と比較しているのか気になる。中心静脈栄養でも、経鼻チューブでもないですよね。
06-16 20:48

RT @koutamunetsugu: 【CBニュース】食べられなくなった時の支え方 #cbnews http://t.co/5MjYB8I5胃瘻をした患者さんをリハビリすることが多いですが、読み応えのある記事でした。
06-16 20:43

@hotsuma そして、仮に文化的とは呼び得ない要因(生得的なサムシングとかでしょうか?)が強く影響していたとしても、「法で保障する必要はない」って結論を変える必要はないかなと。生物学的に望ましくない(って時点で存在と当為の混同ですが)ものを法で禁じるとか冗談でも笑えませんし。
06-16 20:23

@hotsuma 「純粋」かはわかりませんし、そうでない要因が混ざっていても、まあ驚かないなとは思います。しかし、どこまでを「近親」とみなして婚姻を忌避するかに地域・時代・階層によって差異が見られる以上、現存する・したインセスト・タブーは文化的だと考えていいんじゃないでしょうか。
06-16 20:21

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月16日(土)

06/15のツイートまとめ 

silly_fish

@yukilundeberg 女ですから、ねえ。あと、おそらく非モノガミーなところもかな?
06-15 23:05

「ジェンダーとか、エスニシティとか、障害とか。深海魚っていろんなカテゴリに少しずつだけ当事者だから、マイノリティ研究とかしやすいんじゃないの」「やめて。そういうこと言わないで」直接、真正面からテーマにするのは、自分と距離がとれないのでどうにも避けてしまいます。
06-15 21:40

かつて問題なく「科学」だったものが、ある事件をきっかけに新しい判断基準にかけられ、すべて「偏っ」て、時勢に媚びていたことが判明する。あるいは、そう見えるようになってしまう。そうしたことが起こりうるのは、原発事故以降のゴミのような言説の山から、私たちが学ぶべきことのひとつだろう。
06-15 21:30

けれどそれは、当時「科学であるか、ないか」の判断に入っていなかった基準が、後世になって持ち込まれ、後付けの基準をすでに知っている現代の私たちには、容易に「間違い」を指摘できるだけのことかもしれない。だとすれば、「科学」の内部に立ちながら、同時代的にそれに抗うことは、とても難しい。
06-15 21:26

もちろん現代の観点からは、往時の「合理的」で「科学的」であろうとした優生思想は、実は「科学的」でなかった、ということもできる。都合のいい部分が切り出され、科学の手続きからは正当化できないものが紛れ込んでいった過程を、指摘することはたやすいだろう。
06-15 21:24

…ここまで書いといて対象を特定しないのは、逆に嫌味ったらしいかな。http://t.co/7Bz5g4Ng これね。昔の記事なので、今は見解を改められていることを祈る。近親婚どころでない「リスク」を負った人がいかに子どもを持つかを知っていれば、とても書けないことのはずだし。
06-15 21:16

問題は性的虐待の隠れ蓑になることをどう防ぐかだ…とうなずきながら読んでいたら、「でも先天性疾患の多発を考えると、子供を作ることまで許可する必要はない」みたいなこと書いてあって目玉飛び出るかと思ったことがあるんですよ。何でも、親には子への予想できる「リスク」を避ける義務があるとか。
06-15 21:08

言いがかり?うん、そうだったらいいのだけど。以前、その界隈の一人で、私も敬意をもって読んでいたブログの主が、きょうだいなど近親の法的なカップル保障―結婚を禁止する必要はない、というようなことを書いていた。うんうん、そのとおりだね。文化的な抵抗感を法で保障する必要はないし。
06-15 21:06

かつて優生主義の先陣を切ったのは、科学を尊重し、貧困や「精神薄弱」者の苦境に心を痛め、真剣に社会改良を志した、まさに地下猫さん言うところの「科学技術に親和的なリベラル」達であったことを、忘れてはいけないと思う。時代的には、「科学技術」じゃなくて単に「科学」と言うべきだけどね。
06-15 21:00

介入すればそれなりの蓋然性で「予防」できる何らかの因子(昨今の風潮では、胎児・胚芽の遺伝的素因となろう)が発見されて、そこに介入し「不幸な子どもが生まれなくする」ことが奨励されるようになったとき、共に抵抗してくれるのか。あなたたちのどれほどが、合理的な優生主義者にすぎないのか。
06-15 20:55

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月14日(木)

06/13のツイートまとめ 

silly_fish

@acceleration 個人的にああいう方には、不穏な心情を誰にも相談できなくて、とりあえず危なそうなものを目につかないところに押し込んで、波が過ぎ去ってくれるのを独りで待ってるときの気持ちとかを、おすそわけしてさしあげたくなります。うついのうついのとんでゆけ~♪
06-13 01:04

@acceleration 何というか、その首の上の球体は何のためについてるんだというか…自殺相談をやってる方にとっては、相談に来られない人の存在って、常に懸案事項だと思うんですよね。それをあっさりと、来ない方が悪いで片付けるとか、真面目にやってる方にしたらふざけるな、なんでわ。
06-13 01:00

@zhengping おおう、これは面白そう。ありがとうございます。
06-13 00:53

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月13日(水)

06/12のツイートまとめ 

silly_fish

日本から出ていく服がない。
06-12 19:12

しかし、「死刑になりたかった」が「誰でもよかった」の次の、「時世を象徴する動機」として機能しはじめている気がする。こうなると模倣もかなり出そうだ。
06-12 17:17

そりゃ、こんなこと言っちゃう人間がトップを務めてる行政の相談窓口なんか、何の役に立つんだよって思いますわ/死刑制度が時折拡大自殺に使われるのなんて常識でしょ?その程度の覚悟もなく死刑存置派やってんの? / “大阪知事、通り魔に「死にた…” http://t.co/92HYQnJU
06-12 16:49

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月12日(火)

06/11のツイートまとめ 

silly_fish

@CaOlinSRW いえ、その時は単に、ケータイを変えたゴタゴタで気づかなくて。お返事しそこねてごめんなさい。
06-11 23:07

@aidetaocan 結構、同じことを考えられる方はいらっしゃるんですね。しかし、現代日本の慣習も面白いなあ。もう少し日が経ったら、自分でも調べてみたいと思いました。
06-11 23:05

身捨つるほどの祖国はねぇよ。
06-11 19:02

「大げさな女の子が心の傷を自慢してる あんなヤツとは違う、と唾をはいて見て見ないフリさ」(ヘッドフォンチルドレン/THE BACK HORN)
06-11 19:01

久しぶりに、ものすごい勢いで人様に甘えてしまった。あたしなんかただの大袈裟な構ってちゃんかもしれないのに、みんな優しすぎるんだぜ。そんなにされると泣いちゃうぜ。
06-11 18:58

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月11日(月)

06/10のツイートまとめ 

silly_fish

なんちゅうか、君はプロ倫の化身か何かかね。そういう私も、生産と消費、労働と余暇の分離を前提に話をしている時点で、十分に産業資本主義者ではあるのだが。
06-10 00:07

「ゲームなんて暇潰しなのに、暇潰しに金をかけるのはバカだ」とか何とかのたまった中学生がいるらしいが、じゃあ「暇潰し」以外の何にお金を使うんだろう。自己投資?それでより大きなリターンを得られたとして、それを何につぎ込むんです?奉仕ですか、それとも顕示的消費ですか。
06-10 00:04

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月10日(日)

06/09のツイートまとめ 

silly_fish

@hituzinosanpo @r_i_m_y_o_n_g どうもありがとうございます。興味深かったです。…というか、マジで食べてはいけない物だったんですか?今後は間違って口にする人が出ないよう、業者さんにはフール・プルーフをお願いしたいです(時すでに遅かったらしい
06-09 22:42

@r_i_m_y_o_n_g 撒きたくないけど捨てるのも嫌だったので、本当に調理用食塩の容器にまぜこんじゃいましたよ。袋に「非食品」って書いてあったので若干ためらいましたけど、成分が高純度のNaClなら問題ないですよね?まさか、食塩ではない何かの塩化物ってこたないでしょうけど…
06-09 21:51

もし仮にさまよう故人が入ってくるのを防ぐために行うのなら、撒きたくない。愚かなことを言っているのは、わかっている。けど、だって。ありえないって、知ってはいるけど。もし本当に枕元に立ってくれるんなら、どこかにいるのだって確認できるんなら、その方がいいじゃないですか。
06-09 21:36

私は年齢に比するとちょっとどうかってくらい、学校で習わない類いの慣習的知識に疎いので、冠婚葬祭の儀礼とかは全然わかっていない。そして今は調べたくないので、聞くのだが、清めの塩というのは何を祓うために撒くものなのだろうが。黒不浄としての「死」そのものか?
06-09 21:31

こんなに長く眠ったのは初めて、というくらい長時間寝てしまった。その間、とても果てしなくて、恐ろしい夢を見ていた気がする。どうせならば、ここ数日に起きたこともぜんぶ、悪い夢で終わってしまえばよかったのに。
06-09 21:27

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月06日(水)

06/05のツイートまとめ 

silly_fish

道端に赤いリボン型のピアスが落ちていたので、あらかわいい、と思って拾った。ひっくり返したらこんなんだった。病んでるのは私だけじゃないんだなって思った。 http://t.co/fXI2tuqp
06-05 13:23

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012年06月05日(火)

06/04のツイートまとめ 

silly_fish

自宅のPCがいい加減寿命だったので、人様にお下がりをいただいたのだが、スペックに大差ないことに気づいたので結局買い直しました。しかし、安くなったもんだなあ。
06-04 20:17

【編集】 |  00:00 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |