2009年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--年--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009年07月31日(金)

×××イデオロギー 

京都教育大学の集団強姦事件|LPCウィークリー 北原みのりのコラム
 一月以上前の記事だけど、何度読んでも大事なことを言っていると思うので、紹介しておきます。

性に少しでもからむ女が被害者になる事件で女が言われることは、あまりにも似通っている。そのことだけが、事件が変わっても、変わらない。加害者が違っても、変わらない。加害者の社会的地位や年収や通う大学や家族構成によって加害者の報道のされ方が変わっても、被害者の女性は変わらない。
「あなたも、わかっていたんでしょう」

たとえ「わかって」行っていたとして、何が悪いというのだろう。
セックスが好きで、コンパで会った男の子とセックスしてもいいな、むしろそうなりたいな、という思いでコンパに行く女の子の気持ちそのものが罰せられることなんて、どういう思想だと思う。早稲田の男の子と知り合いたいな、恋愛できたらきっと楽しいだろうな、そういう思いでコンパに行く女の子を責めるって、どういう正義だと不思議に思う。
そんな女の子の「期待」と、実際に力づくで強姦される「現実」を結ぶ線なんて、一切、一切、断じてない。ない、ない、ない。ないのに。
(中略)
車に乗っていて、わざと幅寄せされ車を傷つけられた被害者が、次の日車に乗ったからといって責められるだろうか。銀行強盗にあいピストルをつきつけられた銀行職員が、次の日も通常通り働きに行ったら責められるのだろうか。大学に行けないほど傷つき、一生、男と一緒の席でお酒を飲めない被害者が「正しい」被害者の姿だとでもいうんだろうか。たとえば強姦された日に、もし他の男と、自分がしたいと思った男とセックスしたとしたら、彼女が受けた被害は”なかったこと”になるのだろうか。

女の欲望。性犯罪の裏で、まるでないことにされる、女の欲望。都合よく語られ利用される、女の欲望。
こわすぎニッポン。女は、自分のその欲望を注意深く注意深く潜めなくてはいけない。そんなの、もう、うんざりだと、女は絶望しきっているというのに。

えー、なお、これ以降私のしょーもない意見がつらつらと続くのですが、非常にお下品になってしまったことをあらかじめお知らせしておきます。読んで気分悪くなっても自己責任だから。ね!
スポンサーサイト

テーマ : ペニスとヴァギナ - ジャンル : 恋愛

タグ : 差別 性暴力 ジェンダー 北原みのり 小飼弾

【編集】 |  02:47 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009年07月27日(月)

きょうは雨ふり 

このところ、妙な活動期を迎えている。どのくらいかというと、週のうち3、4日は家に帰っていない。活動期といっても、やる気にあふれて動き回らずにいられない、というわけではもちろんない。重い腰をあげて何とか出かけると、そのまま帰る気力がなくなってしまって、終電も何もかもどうでもよくなるというだけの話だ。家から出られないのと、家に寄り付かないのと。一見すると正反対の現象は、こと深海魚というひとりの駄目人間の身においては、全く同じ理由で生起する。
今日も、雨になるのをわかっているのに出しっぱなしの洗濯物を取り込みに家に戻る気にもなれず、昨夜転がり込んだ同級生の家からそのまま学校に行って、シャツやスカートが惜しみなく天からのシャワーを浴びているさまをぼんやりと思い描きながらバイトまでの時間をつぶしている。

外にいれば食費や交通費がかさむ。郵便物やメールのチェックが遅れ、生活に必要なさまざまの手続きがどんどん後回しになってしまう。

テーマ : ダメ人間日記 - ジャンル : 日記

タグ : 御バカ日記 家事 脳トレ テスト・ザ・ネイション

【編集】 |  17:10 |  うだうだ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009年07月20日(月)

ロマンチックあげるよ 

もう何ヶ月も前になりますが、サークルの仲間達とレンタカーを借りて、温泉旅行に行ったことがあります。私たちの車にはY先輩、同期のTちゃん、後輩のFくんとCちゃんが同乗。私とTは前日に徹夜するという暴挙に出ていたので、みんなの命を守るべく運転は辞退させていただいて、免許のないCと3人で後部座席に並んでいました。
たわいもない話に花を咲かせつつ、どこまで来たかなとカーナビを覗き込むと、そこにはロマンチック街道の文字が。

C:「やばいですよロマンチックですってよ。どうしよう何か女子力の高い会話しないと!」
私:「よし、じゃあ…手料理で!T、得意料理はなんだ!」
T:「えっとね、ソースごはん!

…そーすごはん?

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

タグ : 御バカ日記 料理 ロマンチック

【編集】 |  17:59 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009年07月17日(金)

お返しします。 

前回記事に予想外なほど反響をいただいて、ちょっとびっくりしている深海魚です。こんにちわ。えっと、私のつたない文章に言及してくださるのはとても嬉しいのですが、お嫌でなければトラックバックを飛ばしていただけると助かります。追っかけきれないよう。
飛ばしたはずなのに、ブログサービス間の相性が悪くて通ってない、とかだったら申し訳ありません。

いただいたコメントやブックマーク、記事等に目を通しつつ自分のエントリを読み返してみたら、自分と「反日上等!」の距離がかなり混乱していることに気づきました。そのあたりを少し補足しつつ、皆さまからの反応にお返事をしたいと思います。

今夜の焼きザカナ 軽くて重いことば

さて、お気づきかと思いますが、私は「反日」と「反日上等!」を区別して使っています。というよりは、他称としてのそれと他称を受けて自ら名乗りなおすそれとを。なお、「反日武装戦線」みたいにもともと自称するタイプの使い方は、今回は省かせてください。
本来の意味はともかく、現在では「反日」は相手を「善良な日本国民」からはじき出すためのレッテルとして使用されています。在特会がそうしているように、「日本人」の代表を名乗りつつそれを「外国人」に向かってあてがえば、それは「外国人」を「反日」か否かで線引きし、該当する人を排除せよ、と言っていることになります。誰をいかなる理由で「反日」と名指すか、はかれらの手の中です。つまり、マイノリティを一方的に名づけ、分類することができるマジョリティ、という構造的差別に乗っかり、積極的にその特権を利用して差別行為をおこなっているわけですね。「外国人」たちは実際に強制退去の危険にさらされていたり、そうでなくともいろいろな理由をつけて「日本人」には保障されているさまざまな制度上の権利を制限されているのに、です。構造的・制度的差別に乗っかって差別行為を行い、それによって大元の差別を正当化し強化する。なされているのは、そうしたふるまいです。

テーマ : 在日特権を許さない市民の会 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 反日上等! 差別 共生 在特会 お返事

【編集】 |  17:50 |  ファイル倉庫  | TB(2)  | CM(0) | Top↑
2009年07月13日(月)

樋口と野口 

バイトの後、最近目をかけてくれているお客さんと一緒に帰途についた。たまたま、帰る方向が途中まで一緒だったのだ。そこ、変な目で見ないの。
職場は家よりも学校に近い場所にある。おかげで横浜の片隅からはるばる都内まで通勤するはめになっているあたしは、普段は終電に乗るため誰よりも早く帰ってしまう。だがこの日は、閉店まで残っていたためにいつもよりだいぶ遅くなってしまった。どう見ても、電車はアウトだ。

客:「電車、大丈夫?」
私:「途中までは行けるんで…そこでタクシー拾います」
客:「じゃあ、これ。足りなかったら今度言って」

押しつけられた手のひらに、5千円札がいちまい。
丁重に断ろうとするが、いいからとっておけ、それよりちゃんと帰ってね、と聞かない。個人的に店の目の届く範囲以外で金銭のやりとりはしたくないのだけれど、そんなあたしの心情を別にすれば、客と一緒にいて終電を逃した女の子が車代をもらうのは普通、というかむしろ当然のことだ。変に拒否するわけにもいかず、ありがたくいただいて彼と別れた。正直、タクシー利用が決定した瞬間から頭の中でものすごい勢いで料金メーターが回っていたので、助かるといえば助かる。

テーマ : お水な夜仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 御バカ日記 アルバイト センチメンタルごっこ

【編集】 |  00:10 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009年07月10日(金)

軽くて重いことば 

いくつか書きかけの記事がたまっていますが、この件だけ急いで先に書きます。後ほど下書き状態になっているエントリを優先順位をつけて完成させていくつもりなので、もっと前の日付の記事がいきなりアップロードされることになるでしょうが、ご理解願います。
といっても、すでにだいぶ出遅れてますが。

「在特会許すな!ファシスト倒せー、おー!」 - はにかみ草
自由帳で数学とか物理とか | 「反日上等!」と外国人差別反対デモで掲げるのがなぜいけなかったのか
この件ね。論争に加わっていらした「いしけりあそび」さんをはじめ、国籍法改正のときにネット中を駆け巡ったデマの火消しに尽力してくださった方々に水をぶっ掛けたくなかったので静観していたのですが、やっぱりどうにも違和感がぬぐえないので。

先に私の立ち位置を提示しておきます。*1ニューカマーの中国系2世で、現在は永住権を持っています。国籍をどうするかは考え中。在日特権を許さない市民の会のような人たちが敵視している「外国人」に私は該当しますが、明日にでも強制送還されかねない「最前線の外国人」のうちには、おそらく入りません。今回のカウンター・デモには参加していませんが、遠くから「がんばれー」と応援していたうちの1人です。
だから、「外国人」と「排外主義に反対する人」という二つの立場から語ります。私に「当事者」の資格がないと思う人は後者の見解として、「日本人」ぶるのが気に入らない人は前者として、どうぞお読みください。私は、自分の位置を測りかねています。

テーマ : 在日特権を許さない市民の会 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 外国人 レイシズム 在特会 反日上等! 共生

【編集】 |  17:43 |  ファイル倉庫  | TB(1)  | CM(11) | Top↑
2009年07月05日(日)

夜にはぽっかり穴が空く 

バイト先で一番古株の、チャイニーズのお姉さんが「飛んで」しまった。
古株といっても、決してボスぶるようなタイプではない。気の利かない新米ども(特にあたし)がやり忘れた分まで酒を作ったり灰皿を取り替えたりと、黙ってフォローしてくれる人だった。いつも、その手の作業が一番多くなる席に、率先して座っていた。タバコを吸わない同僚がほとんどの中、唯一のあたしの喫煙仲間でもある。その人が「腰がいたい」と言って一度欠勤して、それきり連絡が取れなくなった。なじみのお客さんのところにも、何も言ってきていないという。

「捕まっちゃったのかもね」

ママがぽつりと言ったひとことで、あたしは思わず「うっ」と声を出した。それに気づいてかどうか、彼女は何事もなかったかのように話題を変える。
就職や結婚が決まって円満に辞めていくコも、いつの間にか出勤が少なくなって消えたコも、ある日突然行方知れずになったコも、彼女はたくさん見てきたのだろう。もちろん心配はしているのだろうが、いちいち暗くなっていたら仕事にならない。その雰囲気を察して、みんな自然に、いなくなったその人の話題を出さなくなっていく。

テーマ : お水な夜仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

タグ : 御バカ日記 アルバイト 失踪 エッセイ

【編集】 |  16:35 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。