FC2ブログ
2007年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
2007年04月07日(土)

脳内がビジー状態です しばらくお待ちください 

■帰り道に突然ロシア料理が食べたくなって、途中の駅で降りて独りでお店に入ってきた深海魚です。こんばんわ。
キッシュを突っつきながら某大学病院の「入院のご案内」をながめていたら、同情したのかウェイターさんがサラダをサービスしてくださいました。人の優しさが身にしみます。余分なカロリーも身に浸透してます。

■何でそんなものをながめていたのか、というところからお話しますね。

先日右腕にできた粉瘤の手術をしたと書きましたが、手術痕の経過がよろしくなかったので地元の病院を訪ねました。直後からちょっと腕が動かしにくかったり、傷の部分とは少し離れた皮膚が触れると電気が走ったように痛んだりはしていたのですが、まだ炎症が残っているからだろう、とか、テープかぶれで肌が過敏になってるのかな、くらいに思っていたんですね。ところが1週間後に抜糸をしたあたりから傷口のすぐ横に別のしこりが盛り上がってきてしまい、その周囲を障ると神経の筋のようなものが触れるし、無意識に腕をかばっているせいか肩が凝ってきたり肘や指先がしびれてきたりするので、「これはヤバイ」と思って最初に粉瘤を見てもらった皮膚科に駆け込んだのでした。

医者:「多分、手術したところと繋がった小さい粉瘤がもともとあって、それが大きくなっちゃったんだと思います」
私:「この、筋みたいなのが触れてるのは?」
医者:「神経のそばにできて圧迫しちゃってるんじゃないですかね?ちょっとよくわからないので、手術した病院に行ってください」

年度初めでバタバタしているのですが、なんとか時間を取って一昨日大学病院に行ってきました。最初のとき(全く無症状だった)と余りにも症状が違うので「同じもの」という説明にやや釈然としないものを感じたのですが、この時点では「あ~、またスッピンで病院行って再手術かよー」くらいに考えていました。
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

【編集】 |  23:42 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |