2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--年--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010年04月26日(月)

かわいい思い出 

クリスマスが近くなると、いろんなお店が混む。そりゃもう、どっから湧いてきたんだってくらいに、混む。
レストランや、アクセサリーやお菓子のお店が混むのは理解できるけれど、ドンキホーテのたぐいまで、初々しいカップルたちで埋め尽くされている。お前ら、いったい何が目的なんだ。ひょっとして、人様には言えないアレか。
不思議に思って傍らのひとにきくと、みんなアクセサリーコーナーで、ペアのリングやネックレスを買おうとしているのだという。
説明しながら、ああいうの、なんかいいよね、と彼は目を細めた。
スポンサーサイト

テーマ : 過去を振り返る - ジャンル : 恋愛

タグ : ファッション エッセイ

【編集】 |  11:34 |  日常  | TB(1)  | CM(2) | Top↑
2010年03月29日(月)

続・広告に載らない合格体験記 

■また更新が滞っていたので、そろそろ安否を心配されそうですが、生きています。お久しぶりです。
以前も書いたとおり、中の人が受験期に差し掛かっていたため、時間的にというよりは精神的に、ブログを書く余裕がありませんでした。これから、徐々にペースを戻していこうと思います。

これまでの流れ
今からさかのぼること、約一年半。
同級生たちが就職活動に向けて動き出すのを横目に、深海魚は二の足を踏んでいました。リクルートスーツを買ったり、髪(当時は金髪)を黒くしたりしなければいけないなんて、めんどくさいじゃないですか。そうこうするうちに、だんだんと出遅れ感が強まってきました。
そのとき、脳裏に悪魔のささやきがよぎったのです。

「モラトリアムを延長しちゃえばいいじゃん」

長らく学生をやってきたけれど、まだまだ、学び足りないことはあります。というか、「学んだ」と言えることなんて、何一つありません。よし、もう少しくらい何かを身につけてから、社会に出よう。そうしよう。これまで幾人かの先生方に勧められながらも生返事で受け流していた「進学」という選択肢を、初めて現実的に意識した瞬間でした。
とはいえ、これまで身につけてしまった怠け癖はそう簡単に抜けるものではありません。最終学年に進級し、取らなければならない単位もほとんどなくなった私は、「学生」とは名ばかりのだらけきった生活をしていました。それでも何かの間違いで、「滑り止め」となる学校に合格してしまったのが、9月のこと。
今夜の焼きザカナ 広告に載らない合格体験記

テーマ : 進路 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 御バカ日記 受験 ジェンダー

【編集】 |  16:59 |  日常  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2010年01月19日(火)

本当に鶏一羽まるごと使った天津のパーティメニュー「焼鶏」を適当に解体して食べてみた 

皆さま、大変お久しぶりです。一身上の都合により、しばらく中の人が缶詰になっておりましたが、やっと復活いたしました。1月近くたってしまいましたが、クリスマスの出来事を今さらアップデートしたいと思います。

鶏一羽まるごと使ったケンタッキーフライドチキンのクリスマス限定メニュー「プレミアムローストチキン」を各部位に解体して食べてみた - GIGAZINE

クリスマスといえば、鳥の丸焼き。鳥の丸焼きといえば、クリスマス。たまにはお祭り気分を味わうのもいいかと思い、今年は私も友人とクリスマスパーティを開いて、鳥の丸焼きを供することにしました。
そこで上の記事を、期待に胸を膨らませて開いてみたはいいものの…

なんだよこれ!!

これのどこが、「鶏一羽まるごと使っ」てるんだよ。頭は?足は?!看板に偽りがありすぎます。JAROに訴えるぞ!
いえね、ローストチキンだって、それはそれで美味しそうだとは思いますよ。先を切り取られた脚に、紙でできた飾りをかぶせられた姿など、「美しい」とすら感じます。しかしその美しさとは、言うなれば三浦悦子の人形のようなもの。不完全な身体がゆえにいっそう人をひきつけるべく意図的に作られた、「奇形」へのフェティシズムなのです。って、何をデタラメ言ってるんだ私は。まあいいや。とにかく、聖なる夜に、そのような軟弱なものを食すなどまかりならんわ!
というわけで、ケンタッキー案は却下して、独自ルートで丸焼きを用意してみました。

テーマ : 鳥料理 - ジャンル : グルメ

タグ : 御バカ日記 おうちごはん 文化 中国 クリスマス

【編集】 |  05:47 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009年12月12日(土)

自衛してみよう! 

なんど怒っても、抗議しても、悲しい事件のたびに曽野綾子のようなセカンドレイプが繰り返されているのを見ると、もうマジメに考えるのがバカらしくなってきます。

はいはい、女子高生のミニスカ制服けしからんですよね犯罪をさそってますよね。ですよねー。この際、むやみに脚を見せないように長くしちゃいましょう。いっそ足首くらいまで。
あとですね、いくら自衛しろったって、万一ってもんがあるでしょう。そのとき、体格に勝る相手に素手でできることなんて限られてますよ。だから武器も持たせないとですね。といっても、さすがに銃や刃物はまずいんで、木刀あたりでいかがでしょうか。それなりに威力もありますし、足りないリーチも補えます。
それから、「きれいな顔してるから襲いたくなるんだよ」なんてよく言われますので、顔も隠さないとですね。テレビに映った女性専用車両の乗客の映像をキャプって、「誰もお前なんかに手ぇださねえよブスwww」とか哂ってる人たちが言ってるのって、つまりそういうことですよね?というわけで、マスクもしていただきましょう。ちょうど新型インフルエンザも流行ってるし、一石二鳥です。熱でフラフラじゃ、抵抗できるもんもできませんからね。

…おや、ずいぶん昔懐かしい姿になりましたね。昭和ノスタルジーにとりつかれた曽野大先生にも、これでご満足いただけることでしょう。

↓満足できないあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : ネタ 曽野綾子 制服

【編集】 |  01:24 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009年12月10日(木)

物語論のつかいみち(12.16訂正&追記) 

「レイプはセックスではない」と言い切るのは、あたしは少し怖い。性暴力を受け、それでも加害者との関係をつづけた/つづけている被害者が現在の時点からそれを物語るとき、関係自体が暴力ですべて間違いであったと切り捨てるか、あるいは暴力性をなかったことにしてしまうかの二者択一でしか「筋の通った語り」を構成できないようなことばしか与えられないのは、望ましいことではないと思う。
かといって「レイプもセックスだ」とは、口が裂けても言ってはいけない。それは、性暴力の問題を当事者(もちろん加害者も特に被害者)の「下半身の問題」に還元させ、暴力を告発しようとする被害者を「貞操を守れなかった落伍者」と、「公的な場所で性のことを口にしない」というタブーを侵す者、という二重の二次加害的なまなざしにさらすことになる。
たぶん、あたしたちは「セックスも時にレイプである」と、言うしかないのだ。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : 物語 ジェンダー 性暴力

【編集】 |  00:37 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。