FC2ブログ
2020年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2006年07月31日(月)

酔って朝起きたら部屋に上げた覚えのない女がいるって恐怖? 

■サークルの会合のあとの宴会で、夜中になってしまいました。翌日バイトだったので終電を狙って帰るつもりだったんですが、「そろそろ抜けどきかなー」と、携帯の時計を見ると。

(深海魚が目の前の事実を受け入れるのを拒否しています。しばらくお待ちください。)

・・・えっと。
アウトー!
そんな訳で今週3回目のオールが決定しました。

【More・・・】

■結局明け方まで開いている店に移動してみんなで飲み直したんですが、同輩の男のコが飲みすぎて潰れてしまいまして、先輩たちが彼を家まで引きずっていくことになりました。半分心配、半分野次馬根性で後ろからついていく一同。ほとんどの人は外で待っていたのですが、私はまだ始発まで時間があったのと、少し休まないと仕事などできそうになかったので様子を見にきたと称して上がりこませてもらいました。もちろん無断で。だって、許可を取ろうにも家の主は意識がブラックアウトしていらっしゃるんだもの。
ベッドに倒れこんでいる同輩となぜか玄関先で寝てしまったその友人を生暖かい目で眺めながら先輩と「うちらこれからどうしましょう・・・人生とか」とかそんなノリで非道い話をしていると、だんだんうつらうつらとしてきました。見かねた先輩に寝かしつけられ、朝になってから自分がどこで何をしているのか認識してあまりのずうずうしさに軽く死にたくなりました。何勝手に上がりこんで勝手に泊まって勝手に寝てるんですか自分。

同輩2人は何も見ていなかっただろうからいいとして(あなたはだんだん私が一晩中起きて看病していた気がしてくーる♪)、先輩の中で私は「後輩」の「女子」であるという枠を大きくはみ出してしまった気がします。むしろ、まだちゃんと人類ヒト科と思われてるのかしら。そろそろ無生物とかじゃないかしら。

あ、これらは全てお酒の上のことです。たとえその日私がどう見てもまだピンピンしていようが、酔ったせいだといったらせいなのです。決して、普段からこんなおおらかを通り越して大雑把すぎる性格をしているではないのです。お願い、信じて。

■翌朝、帰ろうと外に出ると様子を見についてきた組がまだ全員残っていてちょっと笑えました。間違って室内に荷物を置いたまま締め出されてしまったらしいのですが・・・呼んでくれればよかったのに。熟睡してたわけじゃないんで、普通に起きて鍵くらい開けますってば。

■ギリギリの電車で帰って、手早くシャワーを浴びて着替え、朝食をとってそのままバイトへ。近所の大型スーパーでアクセサリーを売ってきました。そんな倒したり落としたりしちゃいけない物だらけの職場によりによって深海魚を派遣するなんて、なんてうちの派遣会社は勇気があるんでしょう。まあ私がその昔友人をして「運動失調とかかもしれないから一遍病院で調べてもらったほうがいいよ」と言わしめたほどの病的なぶきっちょさんであることなど、もちろん会社は知らないんですけどね。
生来の不器用さにくわえて寝不足で、大方の予想通り仕事ぶりはメタメタでした。よく怒られなかったなと自分でも思いますが、それは私の使えなさ加減が腹が立つのを通り越して「かわいそうなコだからいたわってあげなきゃ!」というレベルに達していたためと思われます。もう死にたい。

■今日のひとこと中国語
アクセサリー→「手飾(シュオシュー)」
向こうの露店で丁々発止の値引き交渉をするのが好きです。最も私はその辺押しが弱いので(ネイティブじゃなくてもできる人はいる。多分才能)人がするのを見ているほうが楽しいのですが。

↓オールなんて日常茶飯事のあなたはコチラ
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : ダメ人間日記 - ジャンル : 日記

【編集】 |  23:59 |  日常  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●No Subject
いいな~俺も行きたかったな~レポートさえなければ・・・深海魚の体力に感服いたします(笑)
Ganan |  2006.08.01(火) 17:16 | URL |  【編集】
●特に飲み直し後は
ぐだぐだの混沌状態だったので来なかったほうがよかったと思いますよ(笑)
体力は・・・そろそろ限界です;
深海魚 |  2006.08.05(土) 01:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |