FC2ブログ
2020年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2005年07月03日(日)

後輩のブログより 

自宅に引きこもりがちな不登校の子どもたちが、電子メールなどのIT(情報技術)やファクスを活用して自宅学習をすれば「出席」扱いにできることが決まった。

 学校の後輩に当たるゆきなちゃんのブログを拝見していて、ちょっと気になったのでトラックバック。
 同じテーマで物を語ると、後輩よりはるかに頭が悪いのが露呈してしまうのですが、つい、口を挟みたくなってしまったので少し書かせていただきます。なんだか、挑戦状を叩きつけているような気分です(そして、あっさり1ラウンドKO)

【More・・・】

 簡単に言ってしまうと、今、通信制サポート校とかが行っているサービスを、普通の学校でも始めようということですね。
 個人的な感想を言ってしまえば、なかなか気の利いた試みなんじゃないかと思います。もちろん、本当はこんなサービスしなくてもみんな仲良く楽しく学校へ、が一番いいんだろうけれど、いまどきそんなのテレビの中でもありませんから。というか、古今東西、そんなのなかったと思うな。今の日本ではいじめや不登校の増加が問題になってますが(一時期騒がれた授業崩壊はあまり触れられなくなりましたね)、私の見た限りではよその国へ行ってもそこにはそこなりの問題があります。教師による差別だとか、多民族国家でいろいろ対立があるとか、そもそも教育環境が整っていないとか、いろいろです。
 どこにも「学校」の理想的な形などはありませんから、その地域、時代にあったやり方で一人でも多くの学生に教育の機会を与えるのが学校(特に義務教育)のあるべき姿ではないでしょうか。そのためには、今ある学校のスタンダードから多少外れてしまっても仕方がないと、私は思います。

 そういうサービスを受けたいなら最初から通信制に行くか、転校すればいいじゃないという意見もあると思いますが、学校側としてもそれはしてほしくないと思うのです。だって、辞められちゃったらお金を払う人が減るじゃない。特に私立校とか、ものすっごい必死ですよ?直接生徒から授業料を受け取らない公立小中も、何も対策せずに生徒や親に不信感を植え付ければ、私立に逃げられてしまいます。児童・生徒が減れば割り当てられる資金も人材も今までどおりには行かなくなりますし、いろいろ困ることになります。
 その上、社会からドロップアウトしてしまう学生が増えれば国も自治体も損をする。頭のいい子が辞めてしまったら、学校の進学実績も下がってしまう。身も蓋もなく言ってしまえばお金と名声の問題なのですが、切実だと思います。そういう問題を考えた上での決断なのではないでしょうか。

「でも、学校は社会生活を体験する場だから行かなきゃ意味がない」
 本当に?学校での人間関係って、かなり特殊なものですけど。そこでの関係がそのまま社会で通用すると思っているほうがよっぽど社会を知らない世間知らずだと思います。第一、社会生活って学校だけでしか体験できないものなんですか?世界が狭すぎやしませんか。

「不登校の人だけが特別扱いされるのはずるい。不公平。」
 あなたたちは、風邪を引いた人が風邪薬を処方されて、健康な自分は処方されないのもずるいとおっしゃるのでしょうか。
 不公平というのは、どっちか片方が圧倒的に有利な扱いになったときに使う言葉です。みんなが授業でやっている内容を独学+通信で追いついていかなければいけないって、有利?逆に普通に卒業するより厳しいと思いますが。今までよりはマシになる、それだけです。
 
「ていうか、ぶっちゃけ迷惑なんだけど」
 なんで?学校が通信で自宅学習の指導を始めても、生徒のあなたたちに何の影響もありませんが。あなたはあなたの学校に夜間部や、定時部や、通信部や特殊学級ができただけで迷惑がるんでしょうか。理解できません。どこがどんな風に迷惑で実害があるのか、馬鹿な私にもわかるように教えてください。

 日本でこういうシステムが上手く根付くのかはわかりませんが、とりあえず静観してみるのが一番いいと思います。もし、問題続出不満だらけなら、すぐに実施する学校がなくなって今の状態に戻るだけでしょうから。

へびあし
 記事を通して読んでみて思ったのは、文部科学省の「不登校」の基準が厳しいなってこと。年間30日以上の欠席で(遅刻・早退は3回で1日扱い)、「不登校」の要件を満たしてしまいます。つまり、月3日休んでたらアウトってことだよね。
 この基準だと、深海魚ももしかしたら・・・いえ、ほぼ確実に1回か2回は入ってしまっているのですが。単位は(何とか)足りてて、試験も(最低限)必要な点数をちゃんと取ってるのに、法律上は「不登校児」になっちゃうのね。
 つまり、教育界のおエラいさんたちが「近年の不登校児の数の推移は・・・」とか小難しい会議をしているとき、手元の分厚い資料の中のどっかには私のデータが入っていることになるんですね。な、なんだか嫌だなあ;
スポンサーサイト



【編集】 |  00:10 |  日常  | TB(1)  | CM(1) | Top↑

Comment

その基準だと僕はもうどうしょーもないくらいの不登校児ですか…!w
音影魚 |  2005.07.03(日) 18:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

不登校児がメールやファクスを使用して自宅学習すると、出席として扱われるようになった。http://www.asahi.com/life/update/0628/003.html全国で約12万超と言われている不登校の児童生徒数だが、そんなに少ないだろうか?ともあれ現在でも膨らみ続ける不登校者の原因の多
2005/07/03(日) 08:11:20 | 不登校社長の日々思うこと
 | HOME |