FC2ブログ
2019年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2019年12月16日(月)

12/15のツイートまとめ 

silly_fish

玉子焼きのたまごサンドいろいろ1つきじ丸武 玉子焼サンド \680込 at つきじ丸武玉子焼スイーツ https://t.co/Tzn7BS6kQY #miil
12-15 14:41

RT @mariiknst: さらに言えば、My Body My Choiceという、リプロダクティブヘルスライツを語る上でフェミニズムにとってめちゃ重要なスローガンも、適用される人とされない人に分けられる、と思うフェミニズムがあるとしたら、超怖いよね。
12-15 05:04

スポンサーサイト



【編集】 |  04:19 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2019年12月14日(土)

12/13のツイートまとめ 

silly_fish

@AdCuius After her story was aired, Annet found out that she'd been no longer able to go home. If she does, she would be killed. Now she is a refugee who lives in a shelter which set up in Germany.
12-13 21:51

@AdCuius After seven years of silence while struggling with side effects, a feminist adovocate - the same one who supported both Dutee Chand and Caster Semenya - finally found her. She took Annet to Germany for testimony, and for raising awareness.
12-13 21:39

@AdCuius Annet Negesa's story tells alot. She is a Ugandan former mid-d runner. Before 2012olympic games in London, she was diagnosed with hyperandrogenism and underwent "correctional" surgery under the guide of IAAF. Which she felt was obligated, and no adequate explanation was given.
12-13 21:30

@AdCuius This is extremely serious when those women are from certain areas which persecute sexual minorities. Because intersex/DSD conditions are very likely to be one of the things they persecute.
12-13 21:15

@AdCuius While constantly being forgotten, the societal effects are also serious. History tells what happens to women who are revealed to have intersex/DSD conditions, are devastating. Being dumped by their boyfriends, kicked out from girls' schools, scholarships fortified, etc.
12-13 21:10

@AdCuius I do not go further into those medically-induced health complications, since I'm sure you already know. The bodies we treat are the same bodies they live with all theis lives, not only in sports. So this can be serious.
12-13 21:02

@AdCuius @EDM17503975 @Woodywing @DeNovoNovelty @NeutralZoo @chiguisi I meant "harm" as health complications due to those "treatments" and social disadvantages they get, not the effects to their performance. These are not contributing to fairness, so the less is the better, right?
12-13 20:57

@alekshintarou それだけでなく「女装した男性」は「変態」で、単なる男性より危険な存在であると、どストレートなトランスフォビア発動してんじゃないかと。これによって、性差別から最も利益を受ける「普通」の男性は免責され、抑圧されたグループ間だけで叩き合う構図に陥るわけですよ。ブルース加速しまくりです。
12-13 20:33

@alekshintarou 「そのままの男性」が入ることには思い至らないというのは、とても示唆的に思えます。もちろん変化によるリスクを過大に、現にあるリスクを過小にとらえる、人間にありがちなバイアスのせいはあるでしょうけど。
12-13 20:26

@alekshintarou そして「女装した男性」が入りやすくなる(シス女性のフリは元からできるし、一定数はそもそも「バレ」て怖がらせること自体を楽しんでいるであろうと考えると、トランス女性の進出で「ハードルが下がる」男性の数なんて無視できるレベルなんじゃないかと思うわけですが)ことを警戒しながら
12-13 20:15

【編集】 |  04:20 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2019年12月13日(金)

12/12のツイートまとめ 

silly_fish

ロボットへの押印を許可するための決済書面が新たに用意されて、そっちには結局人の手で押印している未来まで見えた / 他952件のコメント https://t.co/NMOUcF5VYu “ロボットが契約書をめくって自動で押印 手作業の負担を軽減 デンソーと日立が開発 - ITmedia NEWS” https://t.co/qKhNlf1BHK
12-12 07:46

【編集】 |  04:19 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2019年12月10日(火)

12/09のツイートまとめ 

silly_fish

@nexdsdJAPAN 一方で、サペルトさんによれば、ドーピング検査の副産物で「可能性がある」ことが発覚した選手は、北米西欧含め幅広く存在するそうです。精密検査が要請される時点でか、それが人口に膾炙する時点でかはわかりませんが「黒人」女性が「女性らしくない」とのバイアスが働いていることは否めないかと。
12-09 21:01

@nexdsdJAPAN そして、地域比率おかしいですよね…全数検査廃止以降、インドの2例(いずれも国内競技団体による検査結果流出)を別にすると、陸上で「性別疑惑」が大っぴらに取沙汰されたのはサブ・サハラの「黒人」女性のみです。たとえば5ARDには極端な好発地域が知られていますが、知る限り一致しないはずです。
12-09 20:52

@nexdsdJAPAN 元より規制に適合する「治療」手段は限られていますが、その中の選択においてもIAAFは影響力を持っているわけですね。それにも関わらず、直接施術しないことで、不都合が起きれば外部の医師ひいてはその医師を選んだ本人の責任だと、責任転嫁できる体制を意図的に築いているようにしか見えません。
12-09 20:35

@nexdsdJAPAN 今回も当初は「ベルモンは彼女と会ったこともない」と言い張っていました。そして虚偽とわかると「彼女と面会したのは検査のためで特定の治療法を推奨していない、治療の相談は外部の医師にしたはずだ」と。しかし彼女が退院時に受け取った書類には「HRT開始についてベルモンと相談中」とありました。
12-09 20:23

@nexdsdJAPAN お久しです。ネゲサさんについて書きかけたまま中断していたので(研究者の要請を受けて名乗り出たばかりに、帰国できなくなってしまったと説明するのがしんどかったのです…)、フォローアップ助かります。IAAFはチャンドさんに敗訴してから「治療」を外部化して責任回避するふるまいが目立ちますね。
12-09 20:15

【編集】 |  04:18 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2019年12月08日(日)

12/07のツイートまとめ 

silly_fish

@nexdsdJAPAN @TelegraphSport 申請は認められたそうです。https://t.co/KkxwRWh6Lc ホッとしたのが半分と、払った犠牲の大きさに暗澹とするのが半分です。現在は国際大会の特定種目以外出場でき当時より選手に優しいとIAAFは言うでしょうが、不自然な大会・種目選択で周りに知られ、迫害されるリスクで結局機能しないんですよね。
12-07 15:08

【編集】 |  04:18 |  ファイル倉庫  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT